News

2007年2月1日(木)

新キャラも多数登場でますますボリュームアップ!アニメ「なのはSS」アフレコレポ

 2007年4月より放映開始予定のTVアニメ「魔法少女リリカルなのはStrikerS(ストライカーズ)」のアフレコ収録が都内のスタジオで行われた。

 「魔法少女リリカルなのはStrikerS」は、シリアスなストーリーと派手なアクションで人気を博したTVアニメ「魔法少女リリカルなのは」の第3期シリーズ。今作でも友情や成長をテーマに、「訪れる自分の意思で立ち向かう、強く優しい少女たち」を描いていく。
魔法少女リリカルなのはStrikerS
今回アフレコに参加した声優陣。前列左より中原麻衣さん、植田佳奈さん、田村ゆかりさん、水樹奈々さん、斉藤千和さん。中列左より千々和竜策氏、高橋美佳子さん、井上麻里奈さん、ゆかなさん。後列左より柿原徹也氏、柚木涼香さん、真田アサミさん、清水香里さん、一条和矢氏、木川絵理子さん。収録現場は前作からのブランクを感じさせないほど和気あいあいとしており、終始笑いが絶えなかった。


データ

田村ゆかりさん(“高町なのは”役)
「いきなり10歳も大人になってしまったということで、先生としての立場のときなどには、少し大人めに演じるよう意識はしています。逆に“フェイト”ちゃんや“はやて”ちゃんとお話しするときには普段の通りに砕けた感じでお話できたらいいなと思って演じさせていただいています。今回は若い世代の子たちがたくさん入ってきて、年はそんなに離れてはいないはずなんですが、教官とかお姉さんというよりも、母のような気持ちでアフレコに参加している自分がいるので、「熟女」といわれないようがんばっていきたいと思います(笑)。」

水樹奈々さん(“フェイト・T・ハラオウン”役)
「無事に養子に入りまして、苗字が増えました。3期では19歳の“フェイト”ということで、執務官として後輩たちを指導していく立場になります。“フェイト”は9歳の頃からわりと精神年齢がずっと高くて大人びた子だったので、気持ちを少し大人めに意識するという程度で、声をがらりと変えようということは考えずに演じています。私も「お仕事モード」と「プライベートモード」でオンオフを切り替えて、かわいらしい“フェイト”とかっこいい“フェイト”、2つの表情を感じてもらえるようがんばります!」

植田佳奈さん(“八神はやて”役)
「2期の“はやて”は足も悪いし体も弱いというキャラクターだったのですが、3期になったら誰よりも強くなっています(笑)。しかもちゃっかり一番出世してしまって部隊長になってました。2期のときはリリカルヴォルケンっていう素敵なファミリーがいたんですけど、第3期ではそれがもっと大きくなって機動六課という新しいファミリーも増えました。“なのは”と“フェイト”がお母さんなら、“はやて”はお父さんとしてみんなを引っ張っていきたいと思います(笑)。」

斎藤千和さん(“スバル・ナカジマ”役)
「1話から叫びまくって、“ティア”役の麻衣ちゃんと2人で魂とのどを削りながらがんばりますので(笑)、ぜひたくさんの人に見ていただきたいと思います。早く物語の中に入っていけるようにがんばりたいと思います。」

中原麻衣さん(“ティアナ・ランスター”役)
「“ティアナ”役として今回からの参加になります。3期は、1期、2期とはぜんぜん違う世界観ということなので、これからがんばっていきたいと思います。」

井上麻里奈さん(“エリオ・モンディアル”役)
「“エリオ”は男の子キャラクターで、「魔法少女」ではなく「少年」なのですが(笑)、がんばっていきたいと思います。今回は“キャロ”とパートナーということで、美佳子さんとかわいくがんばっていくので、よろしくお願いします。」

高橋美佳子さん(“キャロ・ル・ルシエ”役)
「1期、2期は“クロノ・ハラオウン”という男の子をやらせていただいたんですが、彼も成長いたしまして別の方が声を担当されることになり(一同爆笑)、今回は“キャロ・ル・ルシエ”という役をいただきました。“クロノ”とは正反対というか、すごくかわいらしい女の子なので張り切って演じたいと思います。」

清水香里さん(“シグナム”役)
「前回の「A's」からの参加でヴォルケンリッターとして戦っていたのですが、前回の最後で主である“はやて”が歩けるようになり、大人になったところで終わったので、「StrikerS」では出番がないかなと思っていました(笑)。今回は、新たに設立される機動六課の一員として参加できるということなので、がんばっていきたいと思います。ヴォルケンリッターは永久不滅です!(笑)。」

真田アサミさん(“ヴィータ”役)
「“シグナム”と同じく前作からヴォルケンリッターとして参加させていただいています。今回も出れてよかったなぁというのが一番の感想です(笑)。ヴォルケンリッターとして目指すところは「なのは」ののっとりなので(一同爆笑)、今回もその目標を掲げてがんばっていきたいと思います。」

柚木涼香さん(“シャマル”役)
「“シャマル”はとても好きな役なので、また演じることができて非常にうれしく思っています。ヴォルケンリッターの団結力はとても堅いので、一丸となって新キャラつぶしを目指したいと思います!(笑)」

一条和矢氏(“ザフィーラ”役)
「2期に引き続いて、3期でもヴォルケンリッターの“ザフィーラ”をやっております。第3シーズンということで楽しみにしておりました。今回の作品において、どういった役どころになるのか我々も知りませんので、1つ1つ確実にアフレコをこなしていって、作品の中にのめりこんでいきたいと思います。」

ゆかなさん(“リーンフォースII”役)
「今回から“リーンフォースII”として参加させていただきます。長くやっているシリーズに途中から参加するにあたって世界観などいろいろ教えていただき、早くみんなの一員になれるようにがんばりたいと思います。」

木川絵理子さん(“ギンガ・ナカジマ”役)
「“ギンガ”は「母のような姉」ということなので、間違って母になって“ゲンヤ”さんの妻にならないように、お姉さんとしてがんばっていきたいと思います(笑)。」

柿原徹也氏(“グラーフアイゼン”、“レヴァンティン”、“ストラーダ”、“ランディ”役)
「第3期になってキャストの方がどんどん増えるということで、「出番があるのかな?」と思っていたら、新キャラクターのアームドデバイスの声でも参加させていただけることになりました。第3期は、よりパワフルなアームドデバイスの声を担当したいと思いますので、よろしくお願いいたします。」

都築真紀氏
「シリーズの第3期目ということで、ずっと付き合ってくださっているキャストのみなさん、今回から新たに参加してくださるキャストのみなさんの活躍を調整室の方から眺めながら、この作品がもっともっと皆様に愛される作品になってくれるように、と思っております。」

■TVアニメ「魔法少女リリカルなのはStrikerS」
■スタッフ(敬称略)
 原作・脚本:都築真紀
 監督:草川啓造
 キャラクターデザイン:奥田泰弘
 美術監督・美術設定:片平真司
 色彩設定:田崎智子
 音楽:佐野広明
 音響監督:亀山俊樹
 アニメーション制作:セブン・アークス
■キャスト(敬称略)
 “高町なのは”役:田村ゆかり
 “フェイト・T・ハラオウン”役:水樹奈々
 “八神はやて”役:植田佳奈
 “スバル・ナカジマ”役:斉藤千和
 “ティアナ・ランスター”役:中原麻衣
 “エリオ・モンディアル”役:井上麻里奈
 “キャロ・ル・ルシエ”役:高橋美佳子
 “シグナム”役:清水香里
 “ヴィータ”役:真田アサミ
 “シャマル”役:柚木涼香
 “ザフィーラ”役:一条和矢
 “リーンフォースII”役:ゆかな
 “ギンガ・ナカジマ”役:木川絵理子
 “ゲンヤ・ナカジマ”役:大川透
 “グラーフアイゼン”、“レヴァンティン”、“ストラーダ”、“ランディ”役:柿原徹也
 ほか

■美少女ゲーム・アニメの情報ページ「G-net」
■関連記事
2007年2月1日
今回の物語は前作の10年後! TVアニメ「なのはSS」4月より第3期シリーズスタート

■関連サイト
「魔法少女リリカルなのはStrikerS」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。