News

2007年2月23日(金)

『ガンダム無双』完成試遊会開催!あの伝説のガンダムも姿をあらわした!

 バンダイナムコゲームスとコーエーは、3月1日に発売するPS3用ソフト『ガンダム無双』の完成を記念して、東京・帝国ホテルにて完成試遊会を開催した。

 『ガンダム無双』は、群がる敵を蹴散らし、一騎当千の爽快感を味わえる『無双シリーズ』と、説明不要の人気作品「機動戦士ガンダム」との夢のコラボレート作品。「ガンダム」、「Zガンダム」、「ガンダムZZ」という、いわゆる宇宙世紀ガンダムに加え、「Gガンダム」、「ガンダムW」、「∀ガンダム」といった新世代のガンダムも登場し、お祭り感をより強く演出している。

 今回開催された試遊会には、バンダイナムコホールディングスの高須武男社長、バンダイナムコゲームスの鵜之澤伸副社長、コーエーから襟川恵子取締役名誉会長、そしてSCEから久夛良木健代表取締役会長兼グループCEOと、そうそうたるメンバーが出席し、本作にかける意気込みと期待の大きさを感じさせた。

 まず最初に登壇した高須氏は「本作は2005年の秋ごろ、コーエーさんから話を持ちかけられて開発がスタートしました。当時のコードネームは『ガンダム無双』でしたが、それがそのままタイトルになりましたね。PS3のスペックをフルには活用できていないとは思いますが、相当活かせたゲームだと思います。これから、PS3の機能をなるべく多くのユーザーに知ってもらい、楽しんでもらえるソフトをたくさん作っていきたいと思います」とコメント。

 続いて襟川氏は「バンダイの山科さん、角川書店の角川さんたちと旅行したときに、ガンダムの話で盛り上がりまして。私はガンダムをぜんぜん知らなくて、“アムロ”って名前だけなんとなく知ってるくらいなんですけど、みんな熱く語ってるんですよね。それでふと、コーエーの経営会議上で「ガンダムってどう?」と聞いたら、会議のメンバーが色めき立ちまして。ガンダムをやるならこれがいいあれがいい、って、みんなファンなんですよね。それで鵜之澤さんに「ガンダムをやりたい」と話をしたら、これがぜんぜんのってこない。高須さんに直談判してようやくOKをもらいました」と、開発にいたるまでの秘話を明らかにした。

 これに対して鵜之澤氏は、「最初に話を聞いたときはドン引きしました(笑)。開発がスタートしてからは、コーエーさんのスタッフにはガンダムとはなんぞやという説明もいらず、いい仕事をしていただきました。実際に触ってもらえればわかると思いますが、クオリティの高さ、スムーズさ、『無双』っぽさを感じてもらえると思います。バンダイナムコゲームスとしては本作が5作目のPS3タイトルとなるので、PS3のスペック、ハイデフのクオリティをいろんなバリエーションで楽しんでください」と語った。

 久夛良木氏もこのタイトルには驚いたようで「ガンダムと『無双』がタッグを組むなんてありえない、でも実現したらすごいぞ、というのが第一印象でした。こんなビッグなプレゼントをいただけて、ガンダムファン、『無双』ファン、PSユーザーを代表してお礼を言いたい。第2世代のソフト開発には1年から2年かかるのが普通のところ、半年でこれだけのタイトルが出てきておどろきました。SCEでも、2、3年後に発売するソフトを見て、検討する機会がありますが、ものすごい勢いで進化していますね。これからいよいよPS3が盛り上がる春にマスターアップというのは最高のタイミング。すでにPS3を100万台出荷しているヨーロッパで見本市もありますし、どれだけすごいビッグバンが起こるか楽しみです。ガンダムは全世界にファンがいる作品ですから、早く海外に移植をしてほしい。我々も最大限のサポートをさせてもらいます」と、このビッグタイトルを大歓迎しているようだ。

 このあと、本作のチーフプロデューサーを務めるバンダイナムコゲームスの堀内美康氏、同じくチーフプロデューサーを務めるコーエーの鯉沼久史の2人から、実機を使ったプレイ画面が披露された。本作の開発にあたっては、ガンダムと『無双』シリーズのテイストをどう両立させるかに苦労したようで、堀内氏は「ガンダムをリアルロボットアニメとして扱いながらゲームにしたとき、どうすれば一番面白くなるかを話し合いました。1年戦争中にMS-06Fザクは3,000機作られたらしいんですが、『無双』の世界では5面くらいでそのくらいの数を倒せてしまう(笑)。ザクは3,000機以上出さないとか、ガンダムは全高18メートルあって、巨大感、重量感を出すとか、そういったルールに縛られるよりも、コーエーでつちかった『無双』キャラのいきいきした動きをガンダムにあてはめて、爽快な動きができるようにしようと」と、ガンダムの世界観にとらわれず、ゲーム性を重視したことを語る。鯉沼氏は「逆に、こんなに『無双』っぽくしていいんですかと(笑)。基本的には『無双』ユーザーなら誰でもわかるようなゲームシステム。あまりアクションゲームをプレイしないような人でも、ボタンを連打するだけでも楽しめるように工夫しました。また、せっかくガンダムという素材を扱うので、いままでの『無双』ではジャンプに使っていた×ボタンをダッシュボタンに変えています。爽快で、スピード感あふれるアクションがウリのひとつです」と、『無双』のシステムを継承しつつ、さらにアクション性を高めていることをアピールしていた。

 そして、ゲームの舞台は宇宙へ。「ガンダムといえば宇宙ステージがつきものですが、これがすごく大変でいろいろありました(堀内氏)」。「開発の途中で、宇宙を入れるか入れないか、だいぶ議論がありました。360度動けるようなシステムを作ってみたり、試行錯誤を繰り返したんですが、アクションが楽しいというのが大前提だろうということで、最終的に平面で戦うスタイルになりました(鯉沼氏)」と、宇宙ステージには非常に苦心したようだ。

 デモ終了後は、来場者から抽選で参加者を決め、トーナメント形式で争うゲーム大会が開催された。この大会のルールは、対戦相手より先にボスを倒したほうが勝利というもの。そのボスとは、「SDガンダム」シリーズに登場した、日本の甲冑に身を包んだ「武者ガンダム」! 堀内さんのリクエストによって本作に登場することが決まったこの異色中の異色のガンダムのデザインは、メカニックデザイナーのカトキハジメ氏が手がけている。堀内氏によれば、ゲーム中最強のガンダムに位置づけられているとのことで、ナギナタを使った強烈な連続攻撃を繰り出して大会参加者を苦しめていた。

 また、会場には多数のPS3が設置されており、来場者は思い思いの機体で「一機当千」の爽快感を楽しんでいた。誰もが驚いたガンダムと『無双』が共演する本作、3月1日の発売までもう少しの辛抱だ!
ガンダム無双
高須氏、襟川氏、久夛良木氏という豪華な3ショットも実現。久夛良木氏は「スピーチするとき、モビルスーツを着こむのかと思ってた。もしそうなら、必ず衣装を持ち帰ろうと思っていた」と自身もガンダムファンであることを明かしていた。
ガンダム無双
ゲームを実演しながらプロモーションを行うチーフプロデューサーの2人。お互いが、「ガンダムっぽくなくて大丈夫なのか」、「『無双』っぽくなくて大丈夫なのか」と危惧しあっていたようだ。
ガンダム無双
発売直前になって、ついに登場が明らかになった武者ガンダム! 出展が「SDガンダム」なだけに、これまでゲームなどで登場したときはすべてSD等身だった。リアル等身で描かれるのは本作が初めてとなる。
ガンダム無双
40インチ液晶テレビやPS3本体など、超豪華賞品をかけて行われたゲーム大会。力のこもった戦いが繰り広げられた。
ガンダム無双
多くの来場者がプレイを楽しんだ試遊台。ダッシュボタンを使った、これまでの『無双』シリーズを上回る軽快さ、スピード感が印象的だった。

(C)創通エージェンシー・サンライズ

データ

▼『ガンダム無双』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3
■ジャンル:ACT
■発売日:2007年3月1日
■価格:7,800円(税込)
※プレイステーション・ドットコム・ジャパンの販売価格:7,800円(税込)
※Amazonの販売価格:6,630円(税込)
※TSUTAYA onlineの販売価格:7,020円(税込)

■『ガンダム無双』の予約・購入はこちら
プレイステーション・ドットコム・ジャパン
Amazon
TSUTAYA online

▼「ガンダム無双 with PLAYSTATION3(HDD 60GB)」
■販売元:コーエーネット
■発売日:2007年3月1日
■価格:オープン
※プレイステーション・ドットコム・ジャパンの販売価格:72,000円(税込)
※Amazonの販売価格:72,000円(税込)
※TSUTAYA onlineの販売価格:69,801円(税込)

■「ガンダム無双 with PLAYSTATION3(HDD 60GB)」の予約・購入はこちら
プレイステーション・ドットコム・ジャパン
Amazon
TSUTAYA online
■関連記事
2007年2月22日
あの最強の師匠も参戦! 『ガンダム無双』新情報に、レディゴーッ!!
2007年2月9日
PS3『ガンダム無双』に、新たなる3機のガンダムが参戦!そして新モードも判明!
2007年1月26日
さまざまな宿命の対決が実現!? PS3『ガンダム無双』新たなプレイヤー機公開!
2007年1月9日
『ガンダム無双』ゲーム画像公開! ストーリーモードにはファースト、Z、ZZを収録

■関連サイト
『ガンダム無双』公式サイト
GAME CITY
コーエー
バンダイナムコゲームス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。