News

2007年2月26日(月)

SCEヨーロッパ、欧州版PS3の仕様変更を発表。PS2ソフト互換性低下の可能性も

 SCEヨーロッパは現地時間2月23日、3月23日に発売予定の欧州版PS3について仕様を変更することを明らかにした。

 発表文によると、欧州版PS3はすでに発売されている日本版、および北米版に比べてPS2用ソフトに対する互換性が低下している可能性があるとのこと。これは日本版に搭載されている「エモーションエンジン+グラフィックス・シンセサイザ」のチップが欧州版PS3では省かれており、代わりに「グラフィックス・シンセサイザ」相当のグラフィックス用ハードウェアが搭載されているため。これまで「エモーションエンジン+グラフィックス」を使用してきたPS2用ソフトの互換処理は、ソフトウェアエミュレーションで行われるという。
 この仕様変更に関しSCEヨーロッパは、「PS2用ソフトに対する後方互換性より、新たなPS3用ソフトの開発、エンターテインメント機能の強化に集中していく」としている。

仕様の変更が発表された欧州版PS3。ソフトウェアエミュレーションは、発売後もバージョンアップを行っていくとのことなので、互換性の拡張も行われる可能性がある。

(C)2002-2007 Sony Computer Entertainment Inc., All Rights Reserved.

■関連記事
2007年1月26日
PS3、ヨーロッパで3月23日に発売! 価格は約94,000円

■関連サイト
SCEヨーロッパ ニュースリリース(英語のサイトです)
SCE


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。