News

2007年3月10日(土)

秋葉原パニック寸前!?コスプレイヤーたちが「劇場版CLANNAD」をアピール!

 フロンティアワークスは、2007年初秋に公開予定の映画「劇場版CLANNAD-クラナド-」のキャンペーンを、本日3月10日に東京・秋葉原で開催した。

 『CLANNAD-クラナド-』は、『Kanon』、『AIR』を手掛けたゲームブランドのKeyから2004年4月に発売されたPC用恋愛アドベンチャー。感動的なシナリオが大きな話題を呼び、2006年2月にはインターチャネルからPS2版の移植作が発売されたほか、現在、月刊コミックラッシュ(ジャイブ社)にて「CLANNAD オフィシャルコミック」が好評連載中。

 2007年初秋公開予定の「劇場版CLANNAD-クラナド-」は、『CLANNAD-クラナド-』初の映像化作品。監督を務めるのは、「劇場版AIR」に続いてと起用となった出﨑統氏で、シナリオも「劇場版AIR」の中村誠氏が担当する。キャラクターデザイン担当は『うた∽かた』、『キディ・グレイド』などを手掛けた門之園恵美さんだ。ストーリーやキャストについては、現段階では未発表。今後のリリースが待たれるところだ。

 本日行われたキャンペーンは、「劇場版CLANNAD-クラナド-」の公開決定を記念したもの。秋葉原各地の巨大ビジョンにて特報映像第1弾が上映されたのを皮切りに、窓側にくまなく大型モニターを設置した特設バスの運行と、『CLANNAD-クラナド-』の制服に身を包んだコスプレイヤー6名による告知物の配布が行われた。とくにコスプレイヤーの人気は絶大で、最初に配布を行ったJR秋葉原駅前では、彼女たちが登場するやいなや、あっというまに黒山の人だかりができてしまったほどだ。手渡された告知物を見ながら熱心に質問を投げかける人の姿も目立ち、『CLANNAD-クラナド-』人気の高さがあらためて印象づけられた。

 なお、明日3月11日には、アニメイト池袋本店にて、コスプレイヤーによる告知物の配布が行われる。キャンペーンの性質上、配布時間の告知は行われていないので、興味のあるファンは辛抱強く彼女たちの登場を待ってみてはいかがだろうか。

この日秋葉原を運行した特設バス。窓側に設置されたモニターでは、大型ビジョンでも上映された特報映像が繰り返し流されていた。



この日告知物の配布を行ったのは、秋葉原駅前、アニメイト秋葉原店頭、ゲーマーズ店頭、アソビットシティ店頭などなど。まず最初に秋葉原駅で配布を開始したところ……。

ご覧の通り一瞬で撮影会状態に。「秋葉原駅前ではサンプリングをされる方が多いので心配していたんですが、問題なかったですね」とスタッフは胸をなでおろしていた。



場所をアニメイト秋葉原店に移して配布スタート。こちらも大変なにぎわいとなった。

忙しいスケジュールの合間をぬって、記念撮影をお願いした。明日はアニメイト池袋本店に登場するとのことだが、秋葉原店に負けず劣らずの人だかりができることだろう。

待望の初映像化となる「劇場版CLANNAD-クラナド-」。高い評価を得た「劇場版AIR」に続いて、出﨑氏と中村氏のタッグが実現した。

原作 株式会社ビジュアルアーツ/Key
(C)VisualArt's/Key/東映アニメーション/フロンティアワークス

データ

■「劇場版CLANNAD-クラナド-」
【上映開始日】2007年初秋

●スタッフ(敬称略)
 監督:出﨑統
 シナリオ:中村誠
 キャラクターデザイン:門之園恵美

■関連サイト
「劇場版CLANNAD-クラナド-」公式サイト
Key
フロンティアワークス


注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 09月14日~09月20日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。