News

2007年3月17日(土)

直感&体感アドベンチャー!ひらめきで謎を解いていく『宝島Z(仮)』内容公開!

 カプコンは、2007年に発売予定のWii用アドベンチャーゲーム『宝島Z(仮)』のゲーム内容を公開した。

 本作の舞台は、ロマンと一攫千金を求める海賊たちが、未知の秘境や古代遺跡に繰り出し、お宝探しに精を出している世界。プレイヤーは海賊見習いの少年“ザック”を操作し、「宝島」を目指して数々の冒険を繰り広げることになる。

~ あらすじ ~
遠い昔。世界の財宝を独り占めにした“バルバロス”という大海賊がいた。彼は、とある島に集めた財宝のすべてを隠したという。その島は誰にも見つかることなく、いつしか宝島と呼ばれる、すべての海賊が憧れる島となっていた。
  主人公の少年“ザック”も、宝島をめざす海賊(見習い)の1人。彼は、初めての宝探しの途中、言葉をしゃべるドクロと出会う。自分の名前は“バルバロス”だと名乗るドクロは、「私にかけられた呪いを解き、元の姿に戻してくれれば、お前を宝島に案内してやろう」と“ザック”に語りかけた。こうして、“ザック”の波乱に満ちた大冒険が始まる!
主人公の少年 “ザック”
海賊「シーラビット」に所属する海賊の見習い。どんなときもマイペースで脳天気な性格。大好物はチョコレートバー。ひょんなことから大海賊“バルバロス”と名乗るドクロと遭遇し、「宝島」を目指すことになる。

■ ゲームシステム ■

 ゲームの目的は、世界各地に散らばった「バルバロス パーツ」を集めること。パーツは、ジャングル、マグマの洞くつ、謎の神殿などのさまざまなステージに隠されているという。ステージ中に登場する危険な敵や罠を突破してパーツを入手すればステージクリアとなり、次のステージに進めるようになる。

 “ザック”の操作は、Wiiリモコンのポインタを使う「チェック」で行う。「チェック」とは、移動、または調べたい場所にポインタをあわせて、Aボタンを押すこと。「チェック」をすると、指定した場所に“ザック”が移動したり、さまざまなアクションを行う。たとえば、落ちているアイテムを「チェック」すると、“ザック”はそのアイテムの場所まで近づいて行き、アイテムを拾いあげるという具合だ。

床にアイテムが落ちているようだが……。さっそくポインタを合わせて「チェック」! 「ヘビマジックハンド」を入手! “ザック”の手では届かない場所も「チェック」できそう。

■ 謎解き ■

 本作の最大の魅力は、Wiiリモコンを直感的に使用しての謎解き。“ザック”が手に入れたアイテムや、ステージ中に設置されたハンドルやレバーなどは、すべてWiiリモコンを使って操作ができる。たたく、回す、押す、引っ張る、斬る、など、アイテムをどのように使えばいいのかは、プレイヤーが自力で見つけなければならないのだ。

回す
奏でる
汲む
壁に埋まった歯車のような装置に、ハンドルを差し込んだところ。ハンドルを回せば歯車も一緒に動きそうだ。 正面の石版の模様に注目。笛をどのように演奏すればよいのか、ヒントになっているのでは……? 空きビンを手に、流れ落ちる水の前に立つ“ザック”。うまくビンを傾ければ、水を汲むことができるだろう。

ノーヒントクリアを目指せ!
 本作には、『宝島Z(仮)』の各ステージに挑戦したプレイヤーのなかで、どれだけの人がヒントなしでクリアできたかを示す「ノーヒントクリア率」が収録されている。ほとんどの人がクリアできなかったような、低い「ノーヒントクリア率」のステージでは、プレイヤーの挑戦意欲もかき立てられることだろう。逆に、難しいステージでも“ヒント神さま”にヒントを教えてもらえるので、途中で行き詰まってしまうことはないはず。
用意された「ノーヒントクリア率」は、10代、20代、30代の3種類。クリア状況の平均値が表示される。
(※)数値は仮のもの。

 直感操作とひらめきで謎をクリアしていく『宝島Z(仮)』。「謎解き」が大好きというプレイヤーは、要注目の作品といえそうだ。詳しい発売日は残念ながら未定なので、続報を楽しみに待とう!



(C)CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『宝島Z(仮)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Wii
■ジャンル:AVG
■発売日:2007年発売予定
■価格:未定

■関連サイト
『宝島Z(仮)』ティザーサイト
カプコン


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。