News

2007年3月24日(土)

放送コードギリギリの執事コメディ!?TVアニメ「ハヤテのごとく!」試写会&舞台挨拶

 本日3月24日に東京秋葉原の「東京アニメセンター」にて、4月1日よりテレビ東京系で放送がスタートするTVアニメ「ハヤテのごとく!」の、第1話試写会および舞台挨拶が行われた。

 「ハヤテのごとく!」は、「週刊少年サンデー」(小学館刊)で連載されている畑健二郎氏原作の同名コミックをアニメ化した作品。莫大な借金を背負った薄幸の少年“綾崎ハヤテ”が、勝ち気なお嬢様“三千院ナギ”の執事として働きながら借金を返していくというストーリーが展開する。

 本日行われた試写会では、最初にテレビ東京・編成局アニメ放送部長 朝賀定夫氏、小学館プロダクション・プロデューサー 古市直彦氏、小学館「週刊少年サンデー」編集長 林正人氏が登壇し、挨拶を行った。
 朝賀氏は、「日曜日の午前中というのは、アニメ番組の大激戦区です。「ハヤテのごとく!」で、この激戦区を勝ち抜いていきたいと思っております。みなさま、応援よろしくお願いします」と力強く挨拶。また古市氏は、「このアニメには、僕たちを育ててくれた名作と呼ばれるマンガやアニメ、ゲーム作品に対するオマージュがたくさん詰まっています。間違いなくおもしろい作品になっていますので、ぜひご覧になってください」と本作の見どころをアピールしていた。

 続いてアニメ第1話「運命は、英語で言うとデスティニー」の試写会がスタート。第1話では、原作コミックの1~2話にあたる、主人公“綾崎ハヤテ”とヒロイン“三千院ナギ”が出会うまでのエピソードがテンポよく描かれていた。
 また、物語のいたるところにパロディ要素がちりばめられており、客席からは終始笑い声が。さらに、本編終了後の次週予告で「次回も、はっきしいっておもしろかっこいいぜ!」という台詞が流れると、笑い声とともにどよめきが上がっていた。

 上映後は、原作者の畑健二郎氏、監督の川口敬一郎氏、“綾崎ハヤテ”役の白石涼子さん、“三千院ナギ”役の釘宮理恵さん、“マリア”役の田中理恵さんが登場。制作時やアフレコ収録時のエピソードや、本作の見どころについて語ってくれたので、以下に紹介していく。

●白石涼子さん(“綾崎ハヤテ”役)
「私が演じる“ハヤテくん”は、すごくいい奴でかっこいい子だと思うので、そういう部分をきちんと演じていきたいと思っています。
 注目ポイントは、アイキャッチですね。実は、CMに入る前と終わったあとに1つずつアイキャッチが入るんですが、シリトリになっていまして(笑)。これがずーっと続いていきます。毎回録るのは結構大変なんですが、こういった細かい部分にもこだわりが詰まっているので、ぜひご期待ください。」

●釘宮理恵さん(“三千院ナギ”役)
「“ナギ”は台詞の量が多く、しかも早口なので収録のときはつねに必死です。でも、“天の声(ナレーション)”をやっていらっしゃる若本規夫さんが、いつも場を和やかにしてくださって、非常に楽しい現場でお仕事をさせていただいます。
 本作には、いろんな作品のパロディネタがたくさん出てきますので、元ネタを知っている人は本当にすごく楽しんでいただけると思います。ぜひ応援よろしくお願いします。」

●田中理恵さん(“マリア”役)
「“マリアさん”は、三千院家に仕えるメイドさんということで、癒し系でがんばっていきたいです。ただ、彼女は一見おっとりしているようで、結構言うことは言うキャラクターなので、そういう部分もおもしろく演じていきたいなと思っております。
 日曜の朝10:00からの放送ということで、小さいお子さんから年配の方まで、幅広い年齢層の人々に笑っていただけるアニメになるよう、がんばってまいります。」

●川口敬一郎監督
「本日上映された第1話の最後で、“自主規制くん”なるキャラクターが出ていましたが、これからも放送コードギリギリの作品づくりをしていこうと思っております。ちなみに、“自主規制くん”商品化の予定はまだございません(笑)。
 しかし、1話が完成してしまったということは、これから毎週2話3話と納品していかなければならないわけでして(笑)。現在、スケジュールが若干遅れ気味なので回復させつつ、読者の方の期待と、畑先生の期待に応えられるような作品を作っていきたいです。」

●原作者・畑健二郎氏
「原作よりもおもしろいと言われるような、アニメを作っていただきたいですね。個人的には、オープニングアニメの絵が一番好きなんです。だから、スタッフの方は大変だと思いますが、あのクオリティの絵で本編のほうもがんばっていただければなと思っております。期待してますよ(笑)。
 現在連載中のマンガのほうもよろしくお願いします。そして、アニメのほうはもっとよろしくお願いします!」

ハヤテのごとく!

ハヤテのごとく!
本日行われた舞台挨拶の出席者。左から、原作者の畑健二郎氏、川口敬一郎監督、白石涼子さん(“綾崎ハヤテ”役)、釘宮理恵さん(“三千院ナギ”役)、田中理恵さん(“マリア”役)。
ハヤテのごとく!

ハヤテのごとく!
アフレコの収録は、スケジュールに追われつつも、和やかな雰囲気のなか進められているとのこと。川口敬一郎監督によると、「“天の声”役の若本さんがうなり声(?)などを出したりして、他の出演者をリラックスさせている」らしい。

(C)畑健二郎/小学館・テレビ東京・小学館プロダクション

データ

■TVアニメ「ハヤテのごとく!」
【放送局】テレビ東京系
【放送開始日】2007年4月1日10:00~

【スタッフ】(敬称略)
 原作:畑健二郎「ハヤテのごとく!」(小学館刊「週刊少年サンデー」にて連載中)
 監督:川口敬一郎
 シリーズ構成:猪爪慎一・武上純希
 メインキャラクターデザイン:堀内修
 音楽:中川幸太郎
 音響監督:渡辺淳
 アニメーション制作:SynergySP
 制作:テレビ東京・小学館プロダクション

【キャスト】(敬称略)
 “綾崎ハヤテ”役:白石涼子
 “三千院ナギ”役:釘宮理恵
 “マリア”役:田中理恵
 “桂ヒナギク”役:伊藤静
 “鷺ノ宮伊澄”役:松来未祐
 “愛沢咲夜”役:植田佳奈
 “橘ワタル”役:井上麻里奈
 “貴嶋サキ”役:中島沙樹
 “天の声”役:若本規夫
 ほか

■関連サイト
TVアニメ「ハヤテのごとく!」公式サイト
小学館
小学館プロダクション
テレビ東京


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。