News

2007年4月19日(木)

PS3&PSPのシステムソフトウェアが本日アップデート

 SCEは本日4月19日に、PS3システムソフトウェアを最新バージョン1.70へ、PSPシステムソフトウェアを最新バージョン3.40へ、それぞれアップデートを開始した。

 まず、PS3のアップデートでは、PS用ソフトとしてリリースされたタイトルをダウンロードして遊べる機能を追加した。対応ソフトのダウンロードサービスは、4月26日より開始する。なお、PS用タイトルのセーブデータは、PS3とPSPの両方で使用可能だ。また今回のアップデートによって、「電車でGO!コントローラ TYPE2」、「電車でGO!新幹線専用コントローラ」、「フライトスティック2」、「GT-FORCE Pro」など、PS2用周辺機器の振動機能が使えるようになっている。

 PSPのアップデートは、上記でも触れたPS用タイトルのセーブデータ共有機能に関するもの。PSPとPS3の間でセーブデータをやり取りする場合には、事前にこのアップデートを行っておく必要がある。また、システムソフトウェアのバージョンが3.30以前の状態で作成されたセーブデータをPS3で表示するためには、データ形式の変換が必要になる。詳しくはPSPシステムソフトウェア バージョン3.40で更新される主な機能を参照のこと。


■関連サイト
PS3システムソフトウェアアップデートリリース
PSPシステムソフトウェアアップデートリリース
PlayStation.com(Japan)
SCE


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。