News

2007年4月27日(金)

『ロックマンゼクスアドベント』新フォルスロイド発覚!そして世界の三賢人とは?

 カプコンから2007年7月12日に発売されるDS用ソフト『ロックマンゼクス アドベント』に登場する、新たなフォルスロイドの正体が明らかになった。

 本作に登場する8体の「フォルスロイド」とは、さまざまな特性と能力を持つ「擬似ロックマン」のこと。その能力はザコとは比べものにならないが、倒すことができれば、「トランスオン(ボスの能力をコピーできるロックマンの能力)」することで戦闘と探索を有利に進めることが可能となる。今回正体が判明したのは以下の2体だ。

■ フォルスロイド ■

全部で8体存在しているという「フォルスロイド」 。そのうちの半分の正体が明らかになったことになる。



ローズパーク・ザ・フラワロイド

 自ら発する電磁波により、電子頭脳が安定していない。特定の対象、とくに男性を前にしたときにのみ、異常な興奮状態となる。

攻撃の
特徴

ツタを利用して足場のない場所にからみつき、体を固定できる。からみつくものがない場所では、体内にツルを格納してコンパクトな形態となる。電撃による遠距離攻撃が得意。
「トランスオン」したときの能力
ワイヤーを伝って進むことができるようになる。上下方向への移動が便利になりそうだ。

 

アーゴイル・ザ・シーサロイド
ウーゴイル・ザ・シーサロイド

 2体1組の高速戦闘用フォルスロイド。脚にはダッシュローラーを装備し、球状の武器「エギーユグローブ」を用いた立体的な攻撃を得意とする。

攻撃の
特徴

2体が連携して行うエギーユグローブのパス、シュートから繰り出される攻撃は多彩かつ正確。すばやく動く、2体の連携を崩すことが攻略のカギになるだろう。
「トランスオン」したときの能力
分身のウーゴイルは、柱をすり抜ける能力を持っている。

■ 三賢人 ■

 世界の頂点に立つといわれる「三賢人」とは、世界のすべてを統制する連合政府「レギオンズ」を統べる“マスター・トーマス”、“マスター・アルバート”、“マスター・ミハイル”のこと。世界に関わる重大な情報がおさめられているという「ライブメタル」に賞金をかけ、その収集をハンターギルドに依頼している。

“マスター・アルバート”
科学技術の扱いに秀でる。理知的で、優しい物腰が印象的。
“マスター・トーマス”
「三賢人」のリーダー的存在。自分にも他人にも厳しい、厳格な性格。
“マスター・ミハイル”
主に歴史、地理などの情報管理を担当。イヤミっぽいしゃべりかたをする。

■ ストーリー紹介 ■

<“グレイ”編>

 とある研究所で、コールドスリープ状態にある少年。戦闘による衝撃で目を覚ました彼には、一切の記憶がなかった。そこへ、少年のことを“グレイ”と呼ぶ少女“パンドラ”が登場。“グレイ”を処分しようと、戦闘マシーン「メカニロイド」をけしかける。
  間一髪難を逃れた“グレイ”は、ハンターギルドに所属するハンター達と行動をともにすることで、記憶を取り戻そうと決意した。しかし、“プロメテ”と“パンドラ”が再度“グレイ”に襲いかかる。追いつめられた“グレイ”は、「力を貸してやる」と語りかけてきた謎の声に導かれ、ロックマンに変身する。

<“アッシュ”編>

 ハンターギルドに所属する“アッシュ”は、違法ハンターに奪われたライブメタルを追いかけていた。“アッシュ”は違法ハンターの飛行挺にたどりつくが、そこで“プロメテ”、“パンドラ”の攻撃を受け、深手を負ってしまう。追いつめられた“アッシュ”に、謎の声が語りかける。声に従って「ロックオン」と叫んだ“アッシュ”は、光の柱に包まれると、ロックマンに変身した。



『ロックマンゼクス アドベント』
■メーカー:カプコン
■対応機種:DS
■ジャンル:ACT
■発売日:2007年7月12日
■価格:5,040円(税込)


(C)CAPCOM CO.,LTD.2007 ALL RIGHTS RESERVED.

■関連記事
2007年3月30日
「ロックマン・モデルA」の能力は、敵ボスの能力をコピーする「トランスオン」!
2007年2月28日
『ロックマン ゼクス』から数年の時を経て『ロックマンゼクス アドベント』が降臨!

■関連サイト
『ロックマンゼクス アドベント』公式サイト
カプコン


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。