News

2007年4月30日(月)

「ROファン感謝祭~RJC2007~」開催!カンファレンスでは『ROII』の新情報も

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは、4月29日に東京の「有明コロシアム」にて、人気PC用MMORPG『ラグナロクオンライン(以下、RO)』のユーザー参加型イベント「ラグナロクオンライン ファン感謝祭 ~RJC2007~(以下、ROファン感謝祭)」を開催した。

 「ROファン感謝祭」では、日本最強ギルドを決定するバトル大会「RAGNAROK ONLINE Japan Championship 2007」をはじめ、さまざまなステージイベントが実施。また、『RO』のアップデートや現在開発中の『ラグナロクオンラインII(以下、RO II)』の最新情報が明らかになったカンファレンスも行われた。以下に、その模様を紹介していく。

■ 「ラグナロクオンライン GAMES」 ■

 6月4日より、iモード向け携帯電話用サイト「ラグナロクオンライン GAMES(以下、RO GAMES)」がオープン。「RO GAMES」はPC版『RO』と連動しており、「RO GAMES」のミニゲームなどをクリアして獲得したオリジナルアイテムをPC版で使うことができる。また、人気NPC“カプラ職員”を題材にしたRPG『カプラクエスト』や『コモドカジノ』、『ラグナロクオンライン麻雀』、『モンスターバキューン!』など、多種多様なアプリコンテンツが用意されている。

 なお、サイトの正式オープンに先駆けて、現在「RO GAMES」プレサイトが公開中。サイト内コンテンツの紹介のほかに、『RO』公式イラストレーター・雄一郎氏の描き下ろし待受画像が手に入るので、気になる人は早速アクセスしてみよう。

▲6月4日から公開となるiモード専用『RO』公式モバイルサイト「RO GAMES」。今後、EZwebやYahoo!ケータイ向けサイトもオープンするとのこと。


▲「RO GAMES」でしか手に入らないアイテムの一部を公開。『カプラクエスト』をクリアすると、「プリンセスナイフ」&「カプラリング」が手に入る。このほか、「羊帽子」や「セール掲示板」、「カプラのヘアバンド」、「タイガーマスク」、「カプラの月給明細」などユニークなアイテムが目白押しだ。



■ 『RO』ラヘルアップデート ■

 カンファレンスでは、7月3日に実施される『RO』大型アップデート「UPDATE PROJECT Episode6.0 Beginnings and Upheavals(通称:ラヘルアップデート)」の詳細が公開された。
 『RO』の舞台となる「ミッドガルド大陸」には3つの大国が存在する。プロンテラを首都とする「ルーンミッドガッツ王国」、ジュノーを首都とする「シュバルツバルド共和国」、そしてラヘルを首都とする「アルナベルツ教国」だ。「ラヘルアップデート」では、宗教国家「アルナベルツ教国」に関係する「ラヘルフィールド」、「アルナベルツ教国首都 ラヘル」、「フレイヤ大神殿」、「氷の洞窟」、「新装備」の5つが実装される。


●「ラヘルフィールド」
 プレイヤーがラヘルに行くには、2つの行路が用意されている。1つはイズルード、ジュノー、ラヘルを結ぶ「シュバルツバルド国外線」を使った飛行船航路。もう1つは、「シュバルツバルド共和国」の商業都市・リヒタルゼンを経由した陸路だ。リヒタルゼンから北上した後に南西に移動すると、ラヘルに到着することができる。しかし、途中には強力なモンスターが多数出現するので、陸路を選ぶ人は十分用心する必要がある。

 ラヘルフィールドはいたるところの木々が枯れ、建物が崩れているため、荒廃している印象を受ける。出現モンスターも、強力で先制攻撃特性を持ったモンスターが多いらしい。ただ、癒し系の愛らしいモンスターももちろん用意されており、“ポリン”が石になったような外見の“スタポ”は、攻撃力も控えめとのこと。近接物理攻撃よりも魔法攻撃のほうが有効なので、マジシャン系キャラクターの育成に役立ちそうだ。

▲ラヘルフィールドでは、驚異的な力で攻めてくる“アトロス”をはじめ、さまざまな高レベルモンスターがプレイヤーに襲いかかってくる。



●「アルナベルツ教国首都 ラヘル」
 ラヘルは、建物や町並みなどが「ルーンミッドガッツ王国」の砂漠都市・モロクに似た街となっている。この街では多数のクエストが用意されており、さまざまな冒険を楽しめるとのことだ。

▲どこかで見たことのあるような男性キャラクターが。どうやら、彼にまつわるクエストが用意されているらしい。彼は、リヒタルゼンのホテルの一室にいるとのことだが……?



●「フレイヤ大神殿」
 ラヘルの街の北に位置する「フレイヤ大神殿」。神殿内はどの場所もきちんと整備されおり、そびえ立つ女神像も美しく飾られている。また、神しか入ることができない「聖域」というマップが用意されているとのこと。プレイヤーがこの「聖域」マップに入るためには、一定数のクエストを行うか神殿に献金を行わなければならない。

▲献金は、プレイヤー単位ではなくワールド単位での計算となる。より多くの献金をしたワールドから順に、聖域マップに進入可能となるようだ。



●「氷の洞窟」
 ラヘルの北方面にあるダンジョン「氷の洞窟」。3階層からなるこのダンジョンでは、ヒット数が少なめの“シロマ”から、アタック力に長けた“スノウアー”、パーティ狩り推奨の“アイスタンタン”&“ゲイズティ”など、さまざまなレベルのモンスターが存在する。このほか、氷の中に閉じこめられた男性マジシャンにまつわるクエストなども用意されている。

▲「氷の洞窟」の主“クトルラナックス”は、あるクエストをクリアしないと出現しないモンスター。ボスモンスターのなかでもかなり強力な部類に入るとのことなので、パーティ仲間と協力しながら倒すことになりそうだ。



●「新装備」
 今回追加される装備アイテムは、頭装備9種。「グリーンベレー」や剣士職用のヘルムといったおしゃれなものから、お面や目隠しなど一風変わったアイテムまで種類はさまざま。

▲発表の最後には、開発スタッフが実際に新モンスターと戦ったシーンの画像が披露された。“スタポ”は、レベル26のマジシャンが「ファイアーボルト(レベル4)」を使ってほぼ一撃で倒せたとのこと。一方“アトロス”は、レベル98のウィザードを瞬殺してしまうほどの、破壊力の持ち主らしい。



■ 『ラグナロクオンラインII』 ■

 『RO』の後継作にあたる『RO II』は、韓国企業・グラビティが開発を進めている多人数同時参加型のPC用オンラインRPG。『RO』のキャラクタービジュアルが2Dグラフィックだったのに対し、『RO II』では3Dポリゴングラフィックが採用されている。またアクション性も追加されており、3Dのキャラクターが街中を走りながら飛び跳ねたりすることもできる。
 カンファレンスでは、『RO II』の世界観、グラフィック、モンスター、プレイキャラクターの種族および職業、育成システムについて明かされた。

 本作の舞台となるのは「ミッドガルド大陸」で、『RO』ユーザーにはおなじみの街・プロンテラなども登場する。しかし、『RO』と同一世界というわけではなく、『RO』と『RO II』はパラレルワールドという位置づけになるという。また、昼、夜、天候などの概念があり、プロンテラの夜の街に雨が降るということもあるようだ。



 大陸に存在する種族は、好奇心旺盛な「ノーマン」、ノーマンとエルフのハーフ「エル」、謎に包まれた存在「ディマーゴ」の3種類。ノーマンには「ノービス」、「ソードマン」、「エンチャンター」、「リクルート」、「シーフ」、「クラウン」といった6種の職業が存在する。一方、エルには職業という概念はなく、「先祖石」という魔法の力を宿した石を使って戦闘を行うことになる。「ディマーゴ」の戦闘スタイルに関しては、明らかにされなかった。



 モンスターで発表されたのは、“ポリン”と“スポア”、“キャットギャング”の3種類。このほか、一部のNPCのビジュアルと名前も明らかになった。精錬に失敗した際「クホホホホ……」と謎の言葉を発する“ホルグレン”や、なぜか右手に銃を持った“カプラ”など、『RO』でおなじみのNPCも多数登場するようだ。



 また、本作ではユニークな育成システムが採用されている。キャラクターレベルはそのままで職業の変更が可能な「コンプレックスジョブチェンジシステム」、転職の際に前職業から持ち越すスキルを登録できる「スペシャリティシステム」、武器に経験値が設けられていてキャラクターとともに武器も育てることができる「武器成長システム」など、特徴的なシステムが満載だ。
 ほかにも、プレイキャラクターを作成する際、髪型28種、髪の色32色、目の色17種から選べるようになっており、感情を表すエモーションが63種あることも明らかになった。



 最後に、2007年夏より『RO II』が始動するとの発表が行われ、カンファレンスは終了した。なお「ROファン感謝祭」の会場には、『RO II』の試遊台が設けられており、多くのユーザーが3Dになった「ラグナロク」の世界を楽しんでいた。

『ラグナロクオンライン』
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応機種:PC(対応OS:Windows2000/XP)
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■正式サービス開始日:2002年12月1日
■プレイ料金:1,500円(税込)/30日

『ラグナロクオンラインII』
■メーカー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント
■対応機種:PC
■ジャンル:RPG(オンライン専用)
■正式サービス開始日:未定
■プレイ料金:未定


(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
(C)G-mode

■関連記事
2007年4月30日
『RO』最強ギルドの称号を手にしたのは……!? 「RJC2007」決勝戦レポート
2007年4月30日
最強にバランスの取れた3人です! 「らぐな☆がーるず」の「RJC2007」奮闘記!

■関連サイト
「ラグナロクオンライン ファン感謝祭 ~RJC2007~」特設サイト
『ラグナロクオンライン』公式サイト
ガンホー・オンライン・エンターテイメント


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。