News

2007年4月4日(水)

SCEA、4月3日から北米圏でのPSP通常版の価格を30ドル値下げして169.99ドルに

 SCEAは、現地時間4月3日に、北米圏におけるPSPの本体価格をこれまでの199.99ドルから30ドル値下げして169.99ドルで販売開始した。

 今回の値下げは、2006年10~12月期の全世界におけるPSP生産出荷台数が、前年同期比に比べ72%マイナスになったことなどを背景にしたものと思われる。
 また、今後の日本でのPSPの値下げについて、SCEの広報担当者は「現時点で日本国内におけるPSP本体の値下げは予定していない」とコメントしている。

2006年末の時点で、北米圏で累計958万台を出荷しているPSP(日本国内では累計623万台を出荷)。今回の値下げによってユーザー層を拡大できるか、今後の北米圏での動向に注目したい。

(C)2004 Sony Computer Entertainment Inc. All rights reserved.

■関連記事
2007年1月31日
ソニーの2006年度第3四半期連結業績発表。PS3発売するも利益減

■関連サイト
SCEAニュースリリース(リンク先は英文サイト)
SCEA(リンク先は英文サイト)
SCE


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。