News

2007年4月7日(土)

弾丸の雨を浴びせてゾンビをなぎ倒せ!『バイオハザードアンブレラ・クロニクルズ』

 カプコンは、Wii用ソフト『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』のゲーム内容を公開した。

 本作で描かれるストーリーは、1998年7月の「アンブレラの黄道特急および幹部養成所跡地調査」(『biohazard 0』)から、2003年の「アンブレラ社崩壊」(『biohazard4』)にいたるまでの経緯。これまでのシリーズで主役を務めた“クリス”や“レベッカ”などを操作して、1作目の『BIOHAZARD』から続く一連の事件を新たな視点から体験できるようだ。巨大組織アンブレラがなぜ崩壊したのか、すべての真相が明らかになる……?

~『バイオハザード』シリーズの流れ~
1998年
5月11日
表向きはアンブレラの保養施設となっている、アークレイ研究所でバイオハザードが発生。
7月9日
アークレイ山地で猟奇事件がひんぱんに発生するようになる。この事件を捜査するため、特殊部隊S.T.A.R.S.の投入が決定される。
7月21日
S.T.A.R.S.出動を前に、“ウィリアム・バーキン”博士らはアークレイ研究所からの退去を決定。ラクーンシティ地下研究施設へ拠点を移す。
7月23日
S.T.A.R.S.のブラヴォーチームがアークレイ山地へ出動。しかし、ヘリのエンジントラブルにより、アークレイ山中へ不時着してしまう。その後、元アンブレラ幹部養成所跡地にて、t-ウィルスによるバイオハザードに遭遇する。(『biohazard 0』)
7月24日
消息を絶ったブラヴォーチームを捜索するため、アルファチーム出動。ブラヴォーチームのヘリを発見するも、ケルベロスに追い詰められて洋館へ避難する。(『BIO HAZARD』)
8月24日
新型ウィルスなどの情報を掴んだ“クリス”は、単身でアンブレラ本社のあるヨーロッパへ出発。“ジル”はアンブレラの秘密施設の調査のためにラクーンシティに残る。
9月24日
US特殊部隊、“バーキン”博士の救出に失敗。“ハンク”らアンブレラ特殊部隊のG-ウィルス奪取作戦で博士は致命傷を負う。ラクーンシティ全域にバイオハザードが拡大し、ラクーンシティは軍によって封鎖される。
9月28日
ラクーンシティに潜伏していた“ジル”が、ゾンビの巣窟と化した市内からの脱出を決意する。(『BIOHAZARD3 LAST ESCAPE』)
9月29日
“レオン・S・ケネディ”、R.P.D.(ラクーン市警)に着任。同日、兄の“クリス”を探すため、“クレア・レッドフィールド”もラクーンシティに到着。(『BIOHAZARD 2』)
9月30日
“レオン”と“クレア”、G生物を倒して“シェリー・バーキン”と共にラクーンシティを脱出。
10月2日
“ジル”と“カルロス”、ヘリでラクーンシティを脱出。その直後に実施された「減菌作戦」で、ラクーンシティは地上から消滅する。
12月27日
アンブレラパリ研究所にて“クレア”が捕らえられ、ロックフォート塔へ送られる。(『BIOHAZARD -CODE:Veronica- 完全版』)
12月28日
“クリス”と“クレア”、南極研究所を爆破して脱出。
2003年
アンブレラ社崩壊。(『biohazard4』)
※上記は編集部調べによるもの

『BIO HAZARD』の舞台となった洋館の内部。“ジル”や“クリス”たちは、ここでゾンビやケルベロス、そしてタイラントなどのクリーチャーと死闘を繰り広げた。

 ゲームシステムは、群れをなして襲い来るゾンビや生物兵器たちを、各種の銃器を駆使して倒していくという1人称視点のガンシューティング。ゲームコンセプトは「撃ちまくることの気持ちよさを追求」とのことで、敵だけでなく、扉や装飾品にいたるまで、あらゆる物を破壊することが可能だ。 また、ゲーム中、さまざまなタイミングで画面上にコマンドが表示されることがある。そのコマンドを正確に入力することで、銃で撃つだけではない、さまざまなアクションが発動するという。銃撃戦のなかでもとっさにコマンド入力に対応できる、瞬時の判断力が重要となりそうだ。

“クリス”らの行く手を阻むべく、次々とあらわれるゾンビたち。すかさず銃口をあわせて撃破しよう!

コマンド入力に成功すると、各キャラクターに固有のアクションが繰り出される。“クリス”はキックで敵を蹴散らす?

扉などの障害物は、銃撃を加えることで木っ端微塵に! これまでのシリーズにない爽快感が味わえそう。

■ 登場キャラクター ■

“クリス・レッドフィールド”
登場作品
S.T.A.R.S.のアルファチームに所属し、優れた観察力と洞察力でエースとして活躍する。チームNo.1の射撃技術を持つうえに、持ち前の柔軟性で格闘戦も難なくこなす。
『1』、『ベロニカ』

“ジル・バレンタイン”
登場作品
S.T.A.R.S.のブラヴォーチームに所属する、爆発物などのトラップ処理の専門家。快活で正義感の強い性格で、強い意志と優れた判断力も備えている。
『1』、『3』

“レベッカ・チェンバース”
登場作品
18歳で大学を卒業した才女で、若くしてS.T.A.R.S.のブラヴォーチームに抜擢された。普段は緻密で計算高いが、周囲の状況にとらわれずに行動する、大胆な一面も持ち合わせている。
『0』、『1』

“ビリー・コーエン”
登場作品
「23人虐殺」の罪で死刑判決を受けた元海兵隊少尉。鋭い洞察力と、どんな武器でも使いこなせる高い戦闘技術を持つ。口数は少ないが、正義感は人一倍強い。
『0』

“アルバート・ウェスカー”
登場作品
秘めた野望のもとに動く、元S.T.A.R.S.隊長。威厳と風格に満ちたその容姿は冷徹そのもので、トレードマークの真っ黒なサングラスが近寄りがたい印象を与えている。
『0』、『1』、『ベロニカ』


(C)CAPCOM CO.,LTD.ALL RIGHTS RESERVED.
※画面は開発中のものです。

データ

▼『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Wii
■ジャンル:STG
■発売日:未定
■価格:未定
■関連記事
2007年4月7日
Wiiリモコンを使って悪夢から生還せよ! 『バイオハザード4 Wii edition』5月31日発売

■関連サイト
『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』公式プレサイト
『バイオハザード』シリーズ公式サイト
カプコン


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。