News

2007年7月11日(水)

DirectX10に対応したPC版『ロストプラネット』が明日発売

 カプコンは、PC用オンラインアクションゲーム『ロスト プラネット エクストリーム コンディション(以下、ロスト プラネット)』を、明日7月12日に発売する。価格は7,340円(税込)。

 『ロスト プラネット』は、Xbox 360用ソフトとして日本で2006年12月、欧米で2007年1月に発売されたアクションゲーム。全世界累計出荷本数が100万本を達成した人気タイトルだ。主人公“ウェイン”のモデルに、韓国トップスターのイ・ビョンホン氏を起用したことでも話題となった。

 本作は、ほかのユーザーと対戦ができる「オンラインバトル(マルチプレイ)」と、1人でじっくり楽しむことができる「キャンペーンモード(シングルプレイ)」が用意されている。「キャンペーンモード」では、“ウェイン”を操作しながら極寒の星「EDN-3rd」を舞台に、現住生物“AK(エイクリッド)”や敵対する“雪賊”との死闘を描いた作品となっている。
 一方の「オンラインバトル」では、さまざまなマップを使い、ネットワーク上にいるほかのユーザーと対戦が可能。こちらでは、「キャンペーンモード」では、敵だった“雪賊”や“兵士”以外にも“ゲイル兵”や“紅賊”、“頂賊”を操作することができる。またこのモードには“ヒーロー”や“ストレンジャー”、“猟兵”という専用キャラクターも存在する。

 今回のPC移植にともない、DirectX 10に対応して美麗だったグラフィックがさらに進化。新たな表現技術「アンビエントオクリュージョン」が導入され、吹雪や爆風のエフェクトだけでなく、背景や建物などのオブジェクト、弾痕、キャラクターの影など、これまでのPCソフトでは考えられないほどのハイクオリティ表現が堪能できるようになっている。『ロスト プラネット』をまだ未プレイという人はもちろん、Xbox 360版を遊んだ人もPC版の美麗なグラフィックで迫力の雪中戦を楽しんでみてはいかがだろうか。





「キャンペーンモード」では、記憶を失った“ウェイン”を操作する。氷漬けの“ウェイン”を救出した“ルカ”と“ユーリ”は、星のAKを駆逐するために回っている。





「キャンペーンモード」では敵だった“雪賊”や“兵士”を操作できる「オンラインバトル」。本モード専用のキャラクターも登場する。





主人公“ウェイン”のモデルとなったのは、韓国が誇る人気俳優イ・ビョンホン氏。なお、PC版の発売日である7月12日は、同氏の誕生日ということだ。

Character Wayne by (C)Lee Byung Hun/BH Entertainment CO., LTD,
(C)CAPCOM CO., LTD. 2006, 2007 ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PC(対応OS:Windows XP/Vista)
■ジャンル:STG
■発売日:2007年7月12日
■価格:7,340円(税込)

■『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』の予約・購入はこちら
Amazon
※Amazonの販売価格:6,990円(税込)
■関連記事
2007年7月6日
7月12日に発売されるPC版『ロスト プラネット』の最新デモムービーが到着!

■関連サイト
『ロスト プラネット エクストリーム コンディション』公式サイト
カプコン


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。