News

2007年8月12日(日)

お台場に響く「課長オーン!」「ゲームセンターCX」イベントに500人ものファン殺到

 本日8月12日、東京・お台場のフジテレビ本社屋にて、「ファミコン冒険王 有野課長に挑戦!」が開催された。

 このイベントは、CS「フジテレビ721」で放映中のバラエティ番組「ゲームセンターCX」を題材としたDS用ソフト『ゲームセンターCX 有野の挑戦状(以下、有野の挑戦状)』の発売を記念したもので、7月14日から9月2日にかけて開催される「ありがとう!お台場10周年ザ・冒険王2007」内の1コーナーとして行われた。番組スタッフによれば、500枚用意された整理券が配布開始から10分でなくなってしまったということで、課長人気と本作への注目度の高さがあらためて印象づけられた。

 大歓声に迎えられて登場した有野課長は、会場を埋め尽くしたファンの数に一瞬驚いた様子。しかしすぐにいつものペースを取り戻し、観客や司会の女性をいじりながら、独特のゆるーい雰囲気のトークを展開していく。

おなじみの制服に身を包み、有野課長登場! ちなみに司会を務める女性は「たまゲー」のナレーションを担当しているのだが、番組本編を見たことはないということが判明。さっそく有野課長にツッこまれていた。

 まず最初に行われたのは、『有野の挑戦状』の商品紹介。本作には80年代をイメージさせる、レトロな雰囲気のゲームが多数収録されているという。スクリーンに映し出されたゲーム映像は、ファミコン世代のユーザーにとっては過去の名作を連想させるものとなっており、ゲームが切り替わるたび、会場からは「ああー」という懐かしげな声が聞こえてきた。ゲームのジャンルは、RPG、シューティングゲーム、横スクロールアクションゲーム、レースゲームなど。

 ゲームの主人公は、突然80年代の世界に飛ばされてしまったプレイヤー自身。その世界には、有野課長の「もっとゲームが上手かったらなぁ……」という願望がゲーム機に宿った存在“ゲーム魔王アリーノー”が実体化していた。プレイヤーは少年時代の有野課長と協力して“ゲーム魔王アリーノー
”が提示してくる挑戦をクリアし、現代に戻ることを目指すことになる。

敵は“ゲーム魔王アリーノー”、味方は少年時代の有野課長と、有野氏づくしの本作。“魔王・有野”からは、「特定の敵を制限時間内に倒せ」、「ボーナスステージでパーフェクトを獲得しろ」などの挑戦状がたたきつけられるという。

 実際のゲームはDSの上画面で行い、下画面では少年時代の有野課長のツッコミ、ボケ、応援が表示されるという。すでに有野課長の音声収録は終了しているとのことで、一番楽しかったセリフの収録は「なんでもいいんで適当にしゃべってください」という注文だったとか。「ここでは言えへんようなことをいっぱいしゃべりましたね。どれが採用されるか楽しみですね」と、番組中にハイスコア入力画面で「SE(以下略)」と入力しようとする、有野課長ならではのコメントも飛び出した。ちなみに、番組屈指の名セリフ「パターン入った!」は収録したかどうか忘れたとのこと。

 本作のもう1つの魅力は、収録されたゲームの攻略記事が掲載される「ゲーム内ゲーム雑誌」の存在。この雑誌には、これまで番組中で有野課長をサポートしてきた歴代のアシスタントディレクター(AD)陣(有野課長いわく「スター」)が総登場するという。この日は3代目ADの浦川瞬氏がステージ上に登場し、有野課長にもひけをとらない大歓声を浴びていた。

ゲーム映像をスクリーンで紹介。収録されたゲームをクリアしていくと、そのゲームの続編が登場することも判明した。

■ スクリーンショット ■

【挑戦状】
【コズミックゲート】
【からくり忍者 ハグルマン】

 ゲーム紹介終了後は、有野課長と観客代表との間で、番組オリジナルグッズを賭けたゲーム対決が行われた。使用されたゲームはSFC用格闘ゲーム『ストリートファイターII』。有野課長が選択したキャラは、「有野の挑戦」でも使用した“ダルシム”。観客代表は必殺のヨガファイヤーをかいくぐり、みごとに“ダルシム”を倒すことができたのだろうか? そして、最後に登場した意外な挑戦者とは……!?

会場からゲーム対決の希望者を募る有野課長。「自分が勝てそうな相手」ということで、まずは女性と子どもを指名する課長。

有野課長対ニセ課長の対決も! なお、ニセ課長は全国大会の出場経験もある強者。有野課長は接待プレイを要求するが……? 「ベタでーす!」でおなじみの、あの人が緊急参戦!! 楽屋に遊びに来ていたことから、急きょ参加することになったようだ。


(C)FUJI TELEVISION (C)2007 NBGI

データ

■「ありがとう!お台場10周年ザ・冒険王2007」概要
【日時】2007年7月14日~9月2日10:00~18:00
【会場】フジテレビ本社屋及びお台場周辺地区
【料金】1DAY パスポート:一般1,200円、小中学生1,000円
※25F球体展望室、22Fフォーラム、冒険ランド、シュッとした金のオブジェの先ランド他、の入場料金は別途必要となる。

▼『ゲームセンターCX 有野の挑戦状』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:DS
■ジャンル:ETC
■発売日:2007年11月15日
■価格:5,040円(税込)

■関連サイト
「ありがとう!お台場10周年ザ・冒険王2007」公式サイト
「ゲームセンターCX」
バンダイナムコゲームス
「よゐこ有野のゆるゆるゲーム空想部」


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。