News

2007年8月19日(日)

【キャラホビ】もう1つの新たな「G」の鼓動――「ガンダムUC」トークショーレポ!

 8月18日、千葉・幕張メッセにて日本最大級のキャラクター&ホビーイベント「C3×HOBBY キャラホビ2007(以下、キャラホビ2007)」にて、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」のトークショーが行われた。

 「機動戦士ガンダムUC」は、角川書店より発行されている「月刊ガンダムエース」にて現在連載中の、福井晴敏原作の小説で、「キャラホビ」会場では、アニメーション映像が初公開となっていた。
 この日のトークショーには作者である福井氏に加えて、TVアニメ「機動戦士ガンダム」で主人公“アムロ・レイ”役を演じた古谷徹氏と、“アムロ”のライバル役“シャア・アズナブル”役を演じた池田秀一氏が参加。「機動戦士ガンダムUC」がどういった作品なのか、そして今後どう展開していくのかについて和やかにトークを交わした。

 福井氏によると、本作は劇場映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の3年後(宇宙世紀96年)を舞台にしたストーリーで、TVアニメ「機動戦士ガンダム」を見て育った40歳前後の人間にも楽しんでもらえるような作品になるとのこと。また福井氏は、「50歳を超えていて、「機動戦士ガンダム」とほかのロボットアニメの区別がつかないような世代の人に、ぜひとも「ガンダム」シリーズを認知していただけるような作品になるとうれしいですね」と意欲を見せた。
 さらに、古谷氏が「なんで“アムロ”と“シャア”が出てこないんですか?」と質問すると、福井氏は「昨日から、お2人にその質問をされるだろうと覚悟していましたが、やっぱり来ましたか(笑)。出ないとは限らないですよ?」と、意味深な発言が飛び出した。
 その後は、昨日完成したばかりだという「機動戦士ガンダムUC」のプロモーションムービーを上映。ムービーの中には、主人公“バナージ・リンクス”や、ヒロイン“オードリー・バーン”らのビジュアルや、「宇宙世紀の呪い」や「ラプラスの箱」といった気になる単語などが確認できた。

 ムービーやテストモデルが存在していることから、今後アニメ化などの展開もあるのでは? と予想される「機動戦士ガンダムUC」。「ガンダム」シリーズ直撃世代だという人はもちろんのこと、最近の新しいシリーズで「ガンダム」を知ったという人も、今後を楽しみにしていてもらいたい。



写真左から福井氏、古谷氏、池田氏。ステージに登場した古谷氏と池田氏は、ファンにはおなじみの“アムロ”と“シャア”の声で挨拶。生でそれぞれのセリフを聴いた瞬間、ギャラリーからは拍手が。


















こちらは会場で流されていた「機動戦士ガンダムUC」プロモーションムービーのショット。スラリとした純白の姿から一転、機体のいたるところから赤い光が漏れ出し「ガンダム」らしいシルエットへと変貌を遂げていた。本PVは、9月26日より全国の書店などで放映されるとのことなので、興味のある人はチェックしておくといいだろう。






「バンダイ」グループブースには、「ガンダムUC」のテストモデルと思しきキットが設置されており、たくさんの人の注目を集めていた。

(C)創通・サンライズ

■関連記事
2007年8月19日
【速報】「機動戦士ガンダム00」の出演キャストが「C3×HOBBY 2007」にて明らかに!

■関連サイト
「機動戦士ガンダムUC」公式サイト
GUNDAM.INFO
角川書店
「C3×HOBBY キャラホビ2007」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。