News

2007年8月30日(木)

今度の主役は魔界一の優等生!?人気S・RPG『ディスガイア3』の最新情報をお届け!

 日本一ソフトウェアは、PS3用ソフト『魔界戦記ディスガイア3』を今冬に発売する。価格は、通常版が7,140円(税込)、初回限定版が未定。

 『魔界戦記ディスガイア3』は、やりこみ系シミュレーションRPG『魔界戦記ディスガイア』シリーズの最新作。対応機種がPS3に変わり、グラフィックのみならず「やりこみ要素」も大きくパワーアップしたという。

 『3』では、舞台は魔界の「魔立邪悪学園」、主人公は学園一の優等生(?)と、「学園モノ」の要素をふんだんに取り入れている点が特徴。主人公が魔王である父を倒すために奮闘するという、『ディスガイア』らしいハチャメチャなストーリーが展開していく。

 世界観、ストーリー、主要キャラクター、ゲームシステムなどの詳細情報は、以下を参照してほしい。

ストーリー
 主人公の“マオ”は、魔王の息子にして魔立邪悪学園きっての「優等生」。邪悪学園では、一般的に悪いとされていることが「よいこと」にあたる。つまり優等生ということは、それだけ多くの悪事をしているということだ。“マオ”は入学以来一度も授業に出ておらず、その優等生ぶりは全校に知れ渡っていた。そんな“マオ”の目標は、父親の魔王を倒すこと。ゲームやマンガから「魔王は勇者が倒すもの」という知識を得た“マオ”は、勇者を捕獲して自分が勇者に成り代わろうと画策する。
 その頃、学園一の不良少女“ラズベリル”は、“マオ”が勇者になろうとしている情報を聞きつけ慌てふためく。彼女は“マオ”が勇者になってしまったら「学園一の不良」というカッコイイ地位が危うくなる、と考えたのだ。そのため“ラズベリル”は取り巻きの少女2人を従えて、“マオ”の目的を阻止しようとするのだが……。

キャラクター
【マオ】
父親である魔王を倒そうとしている、魔界一の「優等生」。他人の迷惑を省みず、強引に悪の覇道をいく性格だ。人間や勇者のことは嫌いだが、魔王を倒すためには自分が勇者になる必要があると考えている。ゲームやマンガが大好き。
【ラズベリル】
“マオ”とは正反対で、無遅刻無欠席の「不良少女」。魔界一の不良を自負している。他の悪魔と一緒になるのを嫌い、オンリーワンの付加価値を追い求めた結果、不良になった。時には良識や美談で悪魔たちを脅すことも。
【アルマース】
自称「勇者」にして勇者オタクの人間。魔王を倒しに魔界へやってきたものの、魔王を討伐できる力はまったくない。不幸にも“マオ”に勇者の称号を奪われ、無理矢理「コブン」にさせられてしまう。勇者に関する知識は豊富だ。
【じいや】
“マオ”に仕えている悪魔の老紳士。“マオ”への忠誠心は異常なほど高く、時に過保護すぎる行動を取ることもある。“マオ”が一人前の悪魔になるための努力を惜しまない。「こんなこともあろうかと……」が口グセ。

システム
 ゲームパートは、大きく分けて「イベント」、「拠点」、「戦闘」の3つ。イベントは、各話の導入部などに挿入される会話形式のパート。『ディスガイア』らしいおバカな掛け合いも、もちろん用意されている。
 拠点は、魔立邪悪学園の中に設置される。アイテムの購入や体力回復などを行って、戦闘の準備を整えることになる。戦闘は、その名の通り戦闘マップでタクティカルシミュレーションバトルを行うもので、拠点からいつでも移動できる。一度クリアした戦闘マップは何度でも挑戦することが可能だ。
拠点となっている魔立邪悪学園には便利な施設が満載。戦闘はもちろん、本編とは外れたやりこみ要素への移動も、拠点を経由することになる。学園には悪魔の生屠(せいと)や凶師(きょうし)がいて、彼らとの会話も可能だ。
基本的な戦闘システムはターン制でタクティカル型と、旧作を踏襲している。連携やコンボによる攻撃ももちろん可能だ。
人間タワーを構築できるシステムは健在。タワー攻撃のパターンが複数の種類に増えているという。おもしろい見た目の攻撃も増える?
タワーの中間にいるキャラの「二段投げ」や、投げられたキャラを弾いてさらに移動させる「投げレシーブ」など、細かな部分でさらなる改良が施されている。
キャラクターごとに「魔ビリティー」と呼ばれる特殊スキルを付加できる枠が用意されている。「魔ビリティー」には、各キャラクターが最初から所持している固定のものと、特定条件下で取得して任意で付け替えができる汎用のものがあるという。
「魔チェンジ」システムにより、モンスター型キャラを武器に変身させて人型キャラに装備させることができる。武器になったモンスターの固定スキルも利用できるうえ、ステータスもアップ!


(C)2008 NIPPON ICHI SOFTWARE INC.

データ

▼『魔界戦記ディスガイア3』
■メーカー:日本一ソフトウェア
■対応機種:PS3
■ジャンル:S・RPG
■発売日:冬予定
■価格:通常版 7,140円(税込)/初回限定版 未定

■関連サイト
『ディスガイア』公式サイト
日本一ソフトウェア


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。