News

2007年8月9日(木)

『ドラクエIX』の曲を披露!?クラシックコンサート「ドラゴンクエストの世界」開催

 東京・池袋にある「東京芸術劇場 大ホール」にて、本日8月9日に「第21回 ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」が開催された。

 「ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」は、スクウェア・エニックスの人気RPG『ドラゴンクエスト(以下、ドラクエ)』シリーズの音楽を手がけるすぎやまこういち氏が指揮を、東京都交響楽団が演奏を行うフルオーケストラのクラシックコンサート。今回で21回目となる本公演の演奏プログラムは、「交響組曲『ドラゴンクエストVI』幻の大地」となっている。

 開演前に行われた恒例のプレス向けインタビューの冒頭で、すぎやま氏は「今回演奏する『ドラクエVI』の組曲を東京で演奏するのは、なんと11年ぶりとなります。僕自身、『VI』の楽曲は好きなものが多いんですよ」と感慨深げに挨拶。続けて、「『VI』の楽曲を作る時に試みたことが、2小節のフレーズ「悪のモチーフ」です。このモチーフを積み重ねていって、曲を構成していきました。ゲーム中で悪の象徴が出てくる戦闘やダンジョン、塔などはこのモチーフを多用しています。こういった楽曲を本日演奏できることは、非常にうれしいし、楽しみです」とコンサートへの意気込みを語った。

 次いで、すぎやま氏は『ドラクエIV』、『V』、『VI』がDS用ソフトとしてリメイクされることにふれ、「いろいろな方の話を聞くと、どうも『VI』は『IV』や『V』に比べて印象が薄いみたいなんですね。『IV』には“アリーナ”や“トルネコ”といったキャラが登場するし、『V』は“フローラ”や“ビアンカ”と結婚できる!(笑) 『VI』は、そういったことがあまりなくて。でも、いきなり小屋を建てるのを手伝ったりと、僕自身は好きだったんですけどね」と、『VI』に対する思い入れを語った。

 また、『IV』~『VI』の音楽については、「DSはの音は、よく「しょぼい」と言われたりしますが、とんでもない! たしかに、もっといろいろできるハードも他にあるけど、音楽はどう表現するかの方が大切なんです。だいたい、『IV』までの曲はファミコンの3トラックで表現できていたんですから、それに比べるとDSの方が性能が高く、いろいろとできるわけです。僕としてはとても頑張り甲斐があると思っています」と話した。
 さらに、『IV』の音調整をすでに行ったことを明かし、「DSの内蔵音源で、これだけのことができるのかと驚きました。DSで初めてと言えるくらい、素晴らしい音ができると信じています」と、楽曲の出来に自信を見せていた。

 記者から、現在開発中の『ドラクエIX』の制作状況について聞かれたすぎやま氏は、「宣伝用の曲素材などはできてますが、なにせゲームの全体像が見えていないので。現在、堀井雄二さんには、ねじりはちまきで頑張ってもらっていますけどね(笑)」と苦笑い。「『IX』は今、天才・堀井さんのひらめき待ちかな」とコメントするにとどまった。

 私生活では、去年の年末からはまっているDS用ソフト『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』を、現在もやり込んでいるとのこと。先日、「Wi-Fiステーションに繋いでみた」と話すすぎやま氏は、「全国で10,000位前後です。これ以上は無理! 100位までに入るには、今の仕事を辞めなきゃいけませんよ。世の中には本当にすごい人たちがいるもんですね(笑)」。なお、氏が1番いい順位を出したのは限定戦で、最高で800位くらいまでいったという。「次の限定戦を楽しみにしています」と、笑顔で語っていた。

 インタビュー後は公演が行われ、東京都交響楽団が奏でる美しい音色が、会場を訪れた多くの観客を魅了。おなじみの「序曲のマーチ」をはじめ、「エーゲ海に船出して」や「空飛ぶベッド」、「時の子守唄」など名曲が次々と演奏され、会場からはすぎやま氏と東京都交響楽団のメンバーに盛大な拍手が贈られていた。
 また、演奏終了後のアンコールでは思いがけないサプライズが! なんと、まだ雛形という『IX』の「序曲のテーマ」が披露されたのだ。冒頭部分をブラスアンサンブルのみで演奏するという、新たな「序曲のテーマ」が演奏されると、会場は割れんばかりの拍手に包まれた。その後、『I』のエンディング曲「フィナーレ」と、『V』の「結婚ワルツ」が演奏。こうして「第21回 ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」は、大盛況のまま終了した。

 なお、すぎやま氏は今後も多数の公演を予定している。8月23日には名古屋で「夏休みファミリーコンサート ドラゴンクエスト・スペシャル」、9月23日には札幌で「すぎやまこういちがやってきた! 東京都交響楽団札幌公演」、10月14日には伊東で「東京メトロポリタン・ブラス・クインテット~バッハからドラゴンクエストまで~」が開催。これらの公演の詳細は、下記を参照していただきたい。
すぎやまこういちの世界

すぎやまこういちの世界

すぎやまこういちの世界

すぎやまこういちの世界

すぎやまこういちの世界
本日の公演は、東京都交響楽団が演奏を行った。コンサートマスターは、山本友重氏が担当。


データ

■「第21回 ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」演奏プログラム
<第一部>
 ・序曲のマーチ
 ・王宮にて
 ・木洩れ日の中で~ハッピーハミング~ぬくもりの里に~フォークダンス~木洩れ日の中で
 ・さすらいのテーマ~静寂に漂う~もう一つの世界
 ・迷いの塔
 ・ペガサス~精霊の冠
 ・悪のモチーフ~ムドーの城~戦慄のとき~ムドーの城
 ・勇気ある戦い~敢然と立ち向かう

<第二部>
 ・哀しみのとき
 ・奇蹟のオカリナ~神に祈りを~奇蹟のオカリナ
 ・エーゲ海に船出して
 ・空飛ぶベッド
 ・暗闇にひびく足音~ラストダンジョン~暗闇にひびく足音
 ・魔物出現
 ・魔王との対決
 ・時の子守唄

<アンコール>
 ・『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』より「序曲のマーチ(雛形)」
 ・『ドラゴンクエスト』より「フィナーレ」
 ・『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』より「結婚ワルツ」

■「夏休みファミリーコンサート ドラゴンクエスト・スペシャル(名古屋)」
【開催日時】2007年8月23日18:30~
【開催会場】愛知県芸術劇場コンサートホール
【演奏】セントラル愛知交響楽団
【指揮とお話】すぎやまこういち氏
【入場料金】S席:5,000円/A席:4,000円/B席:3,000円(すべて税込)

■「すぎやまこういちがやってきた! 東京都交響楽団札幌公演」
【開催日時】2007年9月23日14:00~
【開催会場】札幌コンサートホールKitara大ホール
【演奏】東京都交響楽団
【指揮とお話】すぎやまこういち氏
【入場料金】S席:5,000円/A席:4,000円/B席:3,000円(すべて税込)

■「東京メトロポリタン・ブラス・クインテット~バッハからドラゴンクエストまで~」
【開催日時】2007年10月14日14:00~
【開催会場】伊東市観光会館ホール
【演奏】東京メトロポリタン・ブラス・クインテット
【お話】すぎやまこういち氏
【入場料金】一般:2,500円/高校生以下:1,000円(すべて税込)※全席自由席

■関連サイト
「すぎやまこういちの世界」
『ドラゴンクエスト』公式サイト
スクウェア・エニックス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。