News

2007年9月13日(木)

【AMショー】ケイブが贈るゴスロリっ娘×ホラーSTG『デススマイルズ』を見よ!

 本日9月13日~15日にかけて、千葉・幕張メッセにて開催されているアーケード用ゲームのイベント「第45回アミューズメントマシンショー(以下、AMショー)」。ケイブ/AMIブースでは、目玉タイトルである新作STG『デススマイルズ』にユーザーの興味が集中した。

 『デススマイルズ』は、2007年秋より稼動を予定している最新作で、ケイブ初となる横スクロールタイプのシューティングゲーム。画面に出てくる大量の弾をかい潜って敵を倒していく、いわゆる「弾幕系」のシューティングだ。
 ブースで流されていたデモ映像を見る限り、異世界のとある街へと飛ばされて魔法の力に目覚めた少女たちにまつわるストーリーが展開していくらしい。

 ディレクションおよび少女たちのキャラクターデザインを手がけているのは、業務用STG『怒首領蜂大往生』のスーパーアドバイザーにして、コミック「おとぎ奉り」(ワニブックス刊)の作者としても知られる井上淳哉氏。またサウンドを担当するのは、ケイブが2004年に発表したAC用STG『虫姫さま』にも楽曲を提供している並木学氏となっている。

 なお、本日13日は招待入場者および関係者、プレスのみの入場となっていたが、『デススマイルズ』は開会後すぐに行列が発生していた。一般公開日となる15日には相当の混雑が予想されるので、プレイしたいという人はそのことを頭の片隅にでも覚えておくといいだろう。

 また『デススマイルズ』の他には、体感系の乗馬シミュレーション『イクリップスGrandPrix』や、メダル麻雀ゲーム『もうかり番長』などが出展されていた。15日に「AMショー」を訪れるという人は、『デススマイルズ』と一緒にこちらもチェックしてみては?











こちらがブースの模様。『デススマイルズ』の筐体の周りでは「デススマイルズ、デススマイルズ~♪」と、耳触りのいいアップテンポなBGMが流されていた。






ブースで流されていたデモ映像の一部をピックアップしてお届け。2枚目の写真に写っている少女が“ウィンディア”で、3枚目の写真の少女が“キャスパー”という名前になっている。




“ウィンディア”に扮したコンパニオンさんが持っている『デススマイルズ』グッズを読者プレゼントとして提供していただいた! 欲しいという人は、9月19日更新のプレゼントページをチェックしてもらいたい

(C)2007 CAVE CO., LTD.

■関連サイト
ケイブ
「第45回AMショー」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。