News

2007年9月13日(木)

パチスロ「ガンダムII~哀・戦士編~」のシミュレーター、今冬Wiiで行きます!

 バンダイナムコゲームスは、パチスロシミュレーター『アニメスロットレボリューション パチスロ「機動戦士ガンダムII ~哀・戦士編~」(仮)(以下、パチスロ「ガンダムII」)』をWiiで今冬に発売する。価格は未定。

 Wii版『パチスロ「ガンダムII」』は、山佐から12月に発売される予定のパチスロ「機動戦士ガンダムII ~哀・戦士編~」をシミュレーションできるソフト。実機の挙動を忠実に再現しており、ホールでの興奮を自宅に居ながらにして味わえるという。また、劇場版映画「機動戦士ガンダムII ~哀・戦士編~」の名場面を多数収録しており、15.4インチの大型液晶を搭載した実機に負けず劣らずの迫力ある映像を見ることができる。


 この発表に先立ち、山佐が本日9月13日に東京・六本木でパチスロ「機動戦士ガンダムII ~哀・戦士編~」の記者発表会を行った。発表会では、機種の特徴や開発コンセプトなどが語られた他、バンダイナムコゲームスの堀内美康氏が登場して『パチシミュ「ガンダムII」』の概要を説明。実際に動いているところがはじめて公開された。
 堀内氏は、実機がコクピット風になっているなど「いつも(のパチスロ)とはちょっと違うな」と感じたということで、シミュレーターについても「ランプの光り方など(の細かい点)まで忠実に再現」することを目標に開発中と発言した。
 その他、記者発表会では「ガンダム」の“アムロ・レイ”役でおなじみの声優・古谷徹氏も参加。司会者との軽妙なトークで、会場を笑いの渦に巻き込んでいた。

バンダイナムコゲームスの堀内氏(左下写真)が実際にシミュレーターを動かしてみせた。リールが回転するところは見られなかったが、外観は実機そっくり。筐体を上下左右に回転したり、ズームアップしたりと、いかに再現性が高いかを熱弁していた。
ゲストの古谷徹氏によるトーク。今回の開発では音声をすべて再録したため「僕1人で(録音に)3日間かかって大変でした」と告白。「レバーを引く時には「アムロ、行きます!」と叫べば当たる仕組みですので……冗談ですが!」といったノリノリのトークを展開した。


(C)創通・サンライズ

データ

▼『アニメスロットレボリューション パチスロ「機動戦士ガンダムII ~哀・戦士編~」(仮)』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:Wii
■ジャンル:SLG
■発売日:今冬
■価格:未定

■関連サイト
パチスロ「機動戦士ガンダムII ~哀・戦士編~」公式サイト
バンダイナムコゲームス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。