News

2007年9月19日(水)

日本コンテンツを髄まで楽しむための「コ・フェスタ」9月19日より開催!

 本日9月19日、東京・丸の内の「東京国際フォーラム」にて、世界最大規模の総合コンテンツイベント「JAPAN国際コンテンツフェスティバル(以下、コ・フェスタ)」のグランドオープニングセレモニーが開催された。

 「コ・フェスタ」とは、明日9月20日より開催される「東京ゲームショウ 2007」を皮切りに、「ジャパンアニメーションコンテンツミーティング 2007」や「CEDEC 2007」など、9月19日~10月28日にかけて開催されるゲーム、音楽、アニメ、コミック、映画、TVプログラム、キャラクターなどのイベントをジョイントし、相互に盛り上げていくためのポータルイベントだ。
 タレントの草野仁氏と「2006 ミス・ユニバース」世界第2位に輝いた知花くららさんの司会のもとに催されたセレモニーには、日本の各コンテンツを代表するそうそうたる顔ぶれのクリエイターやアーティストが集合した。

 まずゲーム部門からは、『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親である堀井雄二氏が参加。この他、アニメ部門からは「ガンダム」シリーズを手掛けた富野由悠季氏、マンガ部門からは「バガボンド」(講談社刊)を連載中の井上雄彦氏、キャラクター部門からは『ポケットモンスター』シリーズに携わった石原恒和氏、TVプログラム部門からは「北の国から」シリーズの演出を担当した杉田成道氏、音楽部門からは日本だけでなく海外にも活動の場を広げた「PUFFY」の大貫亜美さんと吉村由美さん、映画部門からは『男はつらいよ』シリーズなどのメガホンを取った山田洋次氏がそれぞれ参加した。

 さらに本イベントのイメージキャラクターに任命された役所広司氏と、イベントのシンボルマークを制作した佐藤可士和氏、そして「コ・フェスタ」のテーマ曲「Links」を手掛けた久石譲氏が登壇し、本日「コ・フェスタ」がオープニングを迎えたことについて、それぞれの言葉で祝辞を贈っていた。
 挨拶が終わった後は、「コ・フェスタ」開催記念ライブと称した久石譲氏のライブがスタート。久石氏の指揮のもと、「Links」や映画「風の谷のナウシカ」のメインテーマアレンジ・バージョン、映画「ハウルの動く城」のテーマ曲「人生のメリーゴーラウンド」など5曲が演奏され、セレモニーは幕を閉じた。

 「コ・フェスタ」のオフィシャルイベントとして組み込まれているイベントについては、公式サイトを参照のこと。ゲームやコミックには興味があるけれど、映画やドラマはちょっと……という人も、「コ・フェスタ」をキッカケに国内発のさまざまなコンテンツに触れてみてはいかがだろうか?





セレモニーのオープニングを飾ったのは、和太鼓によるド迫力の演奏。海外から出席した人の中には、間近で聞く和太鼓の力強い響きに驚いていた人も。






こちらが本日出席した司会者の2人と、各分野を代表するクリエイターやアーティストたち。左から順に司会を務めた知花さんと草野氏。続いて堀井氏、井上氏、杉田氏、山田氏、久石氏、経済産業大臣の甘利明氏、内閣府特命担当大臣の岸田文雄氏、役所氏、佐藤氏、「PUFFY」、石原氏と“ピカチュウ”、富野氏となっている。


























■関連記事
2007年6月12日
日本のコンテンツを総動員! 「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」9月19日より開始

■関連サイト
「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。