News

2007年9月2日(日)

映画「ひぐらし」は撮影快調!竜騎士07氏も参加した「綿流し祭」撮影風景をレポート

 2008年に公開が予定されている劇場映画「ひぐらしのなく頃に」の撮影が、長野県伊那市高遠町の鉾持(ほこじ)神社で行われた。主演の前田公輝さんをはじめ、地元のエキストラも多数出演。神社で行われる「綿流し祭」のシーンが撮影された。

写真
左から飛鳥凛さん(“園崎魅音”役)、小野恵令奈さん(“北条沙都子”役)、前田公輝さん(“前原圭一”役)、あいかさん(“古手梨花”役)、松山愛里さん(“竜宮レナ”役)。


 映画「ひぐらしのなく頃に」は、同名タイトルのPC用ノベルゲーム『ひぐらしのなく頃に(以下、ひぐらし)』を実写映画化するもの。映画の内容は、PC版の第1話にあたる「鬼隠し編」をベースに、オリジナルのエピソードも若干交えたものになるという。監督を務めるのは、映画「吉祥天女」などで知られる及川中氏。池袋シネマサンシャインや渋谷Q-AXをはじめ、2008年に全国で公開予定だ。

 今回、撮影の様子を取材することができたので、写真によるレポートをお届けする。写真の中には、エキストラとしてこっそり(笑)参加している原作者・竜騎士07氏の姿も。また、及川監督と、映画に出演する前田公輝さん(“前原圭一”役)、飛鳥凛さん(“園崎魅音”役)、松山愛里さん(“竜宮レナ”役)、小野恵令奈さん(“北条沙都子”役)、あいかさん(“古手梨花”役)の6名が作品への意気込みなどを語ってくれたので、以下で紹介してゆく。


――最初に、映画への意気込みをお願いします。

及川中監督(以下、及):この企画を聞くまでは、私の世代的にも縁のないものだということもあり、『ひぐらし』の存在を知りませんでした。ですが、今回監督を務めるにあたって予想以上に「楽しみにしています」という声をかけられて、驚いております。

前田公輝さん(以下、前):『ひぐらし』はとても奥深い作品だと感じています。そうした奥深さを“圭一”の目線で演じることはとても難しいですが、“圭一”の目線になればなるほど“圭一”という人物に惹かれていくんです。“圭一”が持つ、いろいろな感情を出し切れたらいいなと思っています。

飛鳥凛さん(以下、飛):“魅音”と自分は、置かれている状況や性格が違いました。役作りも最初はうまくいかず「どうしよう」と悩んでいた時に、ネット上で応援コメントを拝見しまして。「私らしく頑張ってください」というのを見て、原作と完璧に同じでなくても、自分の中での“魅音”の部分を見つけ出して演じられればいいのでは、と考えながら頑張っています。

松山愛里さん(以下、松):私は映画初出演なのですが、“レナ”という物語において非常に重要な役どころということで、非常に難しい役ですが頑張って演じたいと思っています。

小野恵令奈さん(以下、小):今回“沙都子”は台詞よりも表情で会話をするシーンが多くて難しいなと思いました。みんなの前では明るくふるまっていても、裏ではつらいことがたくさんあるような役でもあって、監督に細かく指導してもらいながら頑張って演じています。

あいかさん(以下、あ):“梨花”は不思議な感じの役で、台詞回しなども独特で原作などを見ていろいろ研究しました。舞を踊るシーンがあるんですが、舞の動きはいままで経験したことがないので、とても難しいですね。本番の収録が今日なんですけど、いまからワクワクしながらも緊張しています(笑)。


――映画では、内容や構成は原作からどう変わるのでしょうか。

及:簡単には言えません……が(笑)。幸いにも、台本作成の段階から竜騎士07先生とコミュニケーションを取ることができましたので、内容について相談することができました。その結論として、壮大で長大な物語の「はじまり」を描くということに決めたんです。ゲームで言うと「鬼隠し編」にあたります。ただ、そのあとに続くストーリーのちょっとしたヒントとか、伏線も取り込んでいます。また、私としては、物語以上に「キャラクターをどうとらえるか」が難しかったですね。キャラクターが魅力的でない作品はありえないと思うので、ここにいる5人のキャスティングは私が自信を持って選択した面々です。今回の映画においては、キャラクターの紹介ということに力を注いでいますので、物語の複雑さとしては、映画をすべて見ただけでは物語全体がわかるはずもないのですが、必ず続きが見たくなるような終わり方にします。


――舞台を長野に選んだ理由を教えてください。

及:地域はいくつか候補がありました。その中で、神社であるとか、分校であるとか、撮影するのにふさわしいものがある程度固まって揃っていた、ということです。


――原作にはじめて触れた時の印象はいかがでしたか?

前:マンガでは、紙をめくった次のページに怖いページが見開きで「バン!」とあることが多いので、そこを飛ばせば怖いシーンは見なくて済むのですが、そこを見ないと、あとで後悔するなと思って。つい見てしまうほど引き込まれる作品ですね。特に、“レナ”の「嘘だっ!!」のシーンがカラーで、「うわ、この怖さはヤベェな」と(笑)。そのシーンで“圭一”が唖然とした顔をしているんですが、自分も同じ顔をしながら見ていました……。

飛:最初にアニメを見た時は、圭一がまともで、それ以外がズレているように見えていたんですが、内容を知るようになってからは「“魅音”が一番マトモだ!」というイメージでいます(笑)。過激なシーンも多くて、グロいのは好きなので、怖いながらも結構ワクワクしながら見ていました。

松:ホラー系は苦手で、ホラー映画も以前あまり見ることがなかったのですが、『ひぐらし』ではどんどん先が気になってしまいますね。あと、“レナ”はとてもかわいい感じで、現実にいたら友だちになりたいなと思いました(笑)。

小:個人的にも『ひぐらし』にハマってしまったので、これからも原作関連を揃えたいと思っています。

あ:私はすごく恐がりなんです。虫とかは大丈夫なんですが、オカルトっぽいものやホラーっぽいものはダメですね。この映画に出ると知った時に「呪われないかな……」とか「宿泊先で霊が出てきたらどうしよう……」とか考えちゃいます。女の子たちが“圭一”を見ている時の醒めた目が出てくるシーンは特に怖いですね。


――最後に、映画の中で見てほしいポイントをお聞かせください。

前:最初は女の子だらけで“圭一”もウキウキしているのですが、そこからどんどん“圭一”がひとりの世界に入り込んでゆくまでを、目を見開いて見ていただきたいです。

飛:最後の方の怖いシーンももちろんですが、最初のみんなで楽しく過ごしているシーンも注目してほしいです。本当に楽しんで撮影できていましたので。見ている人にも楽しい気持ちになってもらえたらうれしいですね。

松:普段は優しい“レナ”がガラリと豹変して怖くなるシーンが見どころです。

小:これから、みんなではしゃぐお祭りのシーンを撮影するのですが、今からワクワクしているんですよ。楽しさをアドリブで表現する部分もあるので、そういったところも見てもらえたらうれしいです。

あ:特殊メイクで撮影したシーンがあるんですが、それを見ていただきたいですね。また、“梨花”が踊る演舞のシーンは作品における大きな見どころだと思いますので、そこも見ていただきたいですね。




















(C)2008竜騎士07/オヤシロさまプロジェクト

データ

▼「ひぐらしのなく頃に」
【公開日】2008年予定
【スタッフ】(敬称略)
 監督:及川中

【キャスト】(敬称略)
 “前原圭一”役:前田公輝
 “園崎魅音”役:飛鳥凛
 “竜宮レナ”役:松山愛里
 “北条沙都子”役:小野恵令奈
 “古手梨花”役:あいか
 “大石蔵人”役:杉本哲太
 “鷹野三四”役:川原亜矢子
 “富竹ジロウ”役:谷口賢志
 “入江京介”役:田中幸太朗
■関連記事
2007年9月2日
雛見沢で竜騎士07氏に直撃インタビュー! 「原点に帰ることができてうれしい」
2007年9月2日
【雛見沢探訪】夏の終わり――ひぐらしのなく頃に古手神社の「綿流し祭」へ行ってきた

■関連サイト
「ひぐらしのなく頃に」実写映画化決定
オヤシロさまドットコム
07th Expansion


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。