News

2007年9月20日(木)

「TGSフォーラム2007」基調講演でSCE社長・平井氏がPSファミリーの未来を語る

 「東京ゲームショウ2007(以下、TGS2007)」の業界関係者向けカンファレンス「TGSフォーラム2007」において、本日9月20日、SCEの代表取締役社長兼グループCEO・平井一夫氏が基調講演を行った。

 講演テーマは、PS3やPSPなど「プレイステーション・ワールド」の次なる事業戦略について。SCEがどのようにビジネスを成長させていくかのビジョンを、社長の平井氏自らが語った。
 冒頭で平井氏は、PSシリーズのプラットフォームが120カ国に行き渡り、約2兆円規模の事業になっていることを説明。平井氏は「海外で培った経験とノウハウをいかして事業をすすめていきたい」と意気込んだ。

 続けて、PS2が未だ堅調であること、PSPもミリオンセラーのソフトが登場しているなど好調であることを述べ、本日9月20日に発売となった新型PSPに期待を寄せた。特に、スクウェア・エニックスの『クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-』と新型PSPをセットにした同梱パックが、発売から数時間で完売したと発表。さらに平井氏は、PSP用カメラやGPS、新型PSP用のワンセグチューナーなど、周辺機器も充実していくと話した。

 ここで、PSPのリモートプレイについて説明がなされた。リモートプレイはPSPからPS3に入っている動画やゲームにアクセスし、それをPSP上でプレイしたり、鑑賞したりできる機能。説明の際、壇上に商品企画部の松井氏が登場し、PS3のダウンロードコンテンツ『まいにちいっしょ』を用いてリモートプレイの実演も行われた。平井氏は、この機能を「場所やメディアからの解放」と説明し、大いに期待していることを明かした。

 この後、話題はPS3に移る。「PS3をゲーム機としてユーザーに楽しんでもらえるよう充実させることが直近の戦略」と語る平井氏。直後、それを証明するかのように、今後発売されるPS3用新作のラッシュ映像が公開された。映像の中には、話題作の『グランツーリスモ5 プロローグ』や『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』、『ラチェット&クランク FUTURE』の他、SCEの『echochlome 無限回廊(仮)』をはじめとする「従来のPS3ソフトの路線とは異なる」タイトルも含まれていた。

 続けて平井氏は、PS3の今後の課題として「パートナーメーカーとの対話」、「タイトルの内部制作強化」、「コストダウンの実現」、「VOC(Voice Of Customer)」という4つのポイントを掲げた。
 「タイトルの内部制作強化」面で、『WRC』シリーズやPS3『モーターストーム』を制作したevolutionと、PSP『PURSUIT FORCE』を作ったBigBig StudioをSCEが買収したことを発表。また、「VOC」によりユーザーの声を聞いた成果の1つとして、既報でもお伝えした通り、振動機能付き「DUAL SHOCK 3」を発売すると述べた。新しい「DUAL SHOCK 3」に対応するタイトルは、『真・三國無双5』や『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』、『忌火起草』など。TGS2007のKONAMIブースでは、『メタルギア オンライン』の対戦用試遊機に新コントローラーが設置されているという。また、既存のタイトルについてもオンラインアップデートにより順次対応していく予定とのことだ。

 さらに、話は「Playstation Network」にもおよぶ。まず平井氏は、既報の通り、『グランツーリスモ5 プロローグ』が12月13日に、ディスクメディアとダウンロードコンテンツでそれぞれ発売されることを発表。また、PS3のオンラインユーザーコミュニティサービス「Home」が2008年春にサービスインする予定だと明らかにした。平井氏はサービス開始が遅れていることについて「ユーザーの方々には申し訳ないが、しばらくお待ちいただきたい」と語った。
 そして講演の最後に、平井氏はPS3の将来について改めて説明。PS3の性能をいかして「新しいエンタテインメントの世界を提供する」とした。

 基調講演後には、平井氏と日経BPのITPro発行人・浅見直樹氏のトークが行われた。PS3の本体販売台数が伸び悩んでいるのでは、との浅見氏の質問に、平井氏は「(ソフトの)タイトルには非常に恵まれている。自信を持ってパワフルに(販売を)進めていきたい」と熱く語っていた。
「TGSフォーラム2007」基調講演

「TGSフォーラム2007」基調講演

「TGSフォーラム2007」基調講演

「TGSフォーラム2007」基調講演

「TGSフォーラム2007」基調講演
堂々と、そして理路整然とPSシリーズの未来について語った平井氏。「インタラクティブエンタテインメントなものはゲーム」という持論のもと、地に足の着いた発言を行っていた。
「TGSフォーラム2007」基調講演

「TGSフォーラム2007」基調講演
PSPのリモートプレイ実演では、SCE商品企画部の松井氏が登場。実際にPSPを操作してPS3の電源を切ったり、ゲームをしたりしてみせた。
「TGSフォーラム2007」基調講演
「Playstation Home」の説明中に表示された「dress」の文字。どうやらファッション系のコンテンツが用意されるようだ。
「TGSフォーラム2007」基調講演

「TGSフォーラム2007」基調講演
ITPro・浅見氏とのトークセッション。平井氏は、浅見氏から飛び出す辛口の質問にわかりやすい説明で1つ1つ答えていた。


■関連サイト
PlayStation.com
SCE


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。