News

2007年9月20日(木)

SCEブースに展示されている最新PS3用ACT『RISEFROMLAIR』に触ってみた!

 SCEブースでは、さまざまなタイトルの試遊台が設置されているが、そのうちの1つ、10月11日発売予定のPS3用ACT『RISE FROM LAIR(ライズフロムレア)』のプレイレポートをお届けする。

 中世ヨーロッパを思わせる世界を舞台にした本作では、「アシリア帝国」と「モーカイ族」という2勢力の戦いが描かれていく。プレイヤーは、「アシリア帝国」に属する騎士として、空飛ぶドラゴンを操り戦うことになる。

 「TGS2007」の試遊台にてプレイできるのは5ステージ。「ドラゴン」の操作方法は、SIXAXIS機能で進行方向を決定し、ボタン入力で加速やホバリングなどを行っていくというスタイルだ。実際にプレイしてみたところ、SIXAXIS機能によって操作はかなり柔軟なものとなっており、上昇、下降、旋回など一通りのアクションをこなせるようになっている。ただ、自在にドラゴンを操るためにはかなり慣れが必要になるだろう。
 プレイアブルで触ったステージは、ミッションをこなしていくことで進行するタイプのものでプレイ時間は約10~15分程度となっていた。アクション作品に興味があるという人は、チェックしてみては?
『RISE FROM LAIR』

『RISE FROM LAIR』

『RISE FROM LAIR』
ドラゴンの主な攻撃方法は炎のブレス。地上に降下した際には、翼をはためかせて一定範囲内の敵にダメージを与えることもできる。
『RISE FROM LAIR』
R3ボタンを押し込むことでいつでもミッションの内容を確認できるようになっている。次にするべき行動がわからなくなったら、ボタンを押すか隣のお姉さんに聞くといいだろう。


■関連サイト
『RISE FROM LAIR』公式サイト
PlayStation.com
SCE


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。