News

2007年9月20日(木)

お笑いvsミュージシャン・俳優連合!?『Halo3』スペシャルステージをレポート

 本日9月20日、「東京ゲームショウ2007」のマイクロソフトブースにて、Xbox360用ソフト『Halo 3』のスペシャルステージイベントが開催された。

 このイベントでは、多数の芸能人が参加して『Halo 3』のマルチプレイモードをプレイ。「お笑いゲー人」チームと「ミュージシャン&俳優」チームに分かれてのチーム戦を行った。

 ルールはワンフラッグ戦で、攻撃側が防御側のフラッグ(旗)を奪って自陣に持ち帰ることができれば勝利。逆に、4分間フラッグを守ることができれば防御側の勝利となる。攻撃側と防御側を1回ずつ行うことで1回戦とし、全2回戦を行うことになった。

 「お笑いゲー人」チームは、浅草キッドを筆頭に、アメリカザリガニの平井善之さんや5番6番などが参加。「ミュージシャン&俳優」チームは、スチャダラパーのBOSEさんをはじめ、松田龍平さんや市川洋介さん、喜屋武ちあきさんなどが名を連ねた。浅草キッドの玉袋さんが「売れてない芸人はたっぷり時間がある。俳優なんかに絶対負けられない」と話すと、BOSEさんは「たまには勝てるチームでやりたいなということで(集めたメンバー)」と余裕の構え。

 ところが1回戦を始めようとした直前、水道橋博士さんが「よゐこの濱口がいる!」と観客席を指さす。こうして「ビジネスデイなのにビジネス抜きで来ました」と言い、明らかにプライベートでやってきたと思われる濱口さんも、急きょ「お笑いゲー人」チームとして参加することに。このサプライズに、会場は大いに盛り上がった。

 1回戦は、「お笑いゲー人」チームの先攻。ルールをいまいち把握しきれていない「お笑いゲー人」チームの面々は、棒立ちになっていたり、操作方法を説明しあっていたりと散々。何回かフラッグを取るところまでいったものの、自陣に持ち帰ることはできず。続いて攻守が入れ替わり、「お笑いゲー人」チームもじょじょに動きがよくなってくる。フラッグを奪ったBOSEさんを仕留めるも、密かにフラッグを持ち去った松田龍平さんが独走。「ミュージシャン&俳優」チームが勝利した。

 続いて、メンバーを入れ替えての2回戦。互いに乗り物に乗って相手をひくシーンが目立つようになる。「お笑いゲー人」チームの攻撃時は残り30秒でフラッグを奪う壮絶な戦いが繰り広げられるも、結局フラッグを自陣に置くことはできずじまい。攻守が入れ替わった「ミュージシャン&俳優」チームの攻撃時は、やはり壮絶な撃ち合い、倒し合いとなるも、残り1分で旗を自陣に置くことに成功し、再び「ミュージシャン&俳優」チームの勝利となった。

 熱く盛り上がったバトルに、玉袋さんは「野球中継見てるより断然おもしれー!」と連発。プレイした面々も、みな一様に『Halo 3』のプレイを楽しんでいた。

 最後にマイクロソフトの巽重夫さんが挨拶し、「『Halo 3』が来週発売ということで、あと1週間の我慢です。オンラインでみんな待っています」と語り、イベントは盛況のうちに終了した。





お笑いタレント(左写真)とミュージシャン&俳優(右写真)の意地をかけたバトルが勃発!? BOSEさんは「ホントはお笑い寄りですよね、オレ」と言って会場を笑わせた。





対戦は4対4で行われた。中央のモニターには、8人のうち1人のプレイが大きく映し出されていた。





フラッグの取り合いで両軍とも壮絶なバトルを展開。フラッグの周囲は死屍累々に……。

(C)2007 Microsoft Corporation. All rights reserved

データ

▼『Halo 3』
■メーカー:マイクロソフト
■対応機種:Xbox 360
■ジャンル:STG
■発売日:2007年9月27日
■価格:7,140円(税込)
※初回出荷限定版『Halo 3 リミテッド エディション』には、「リファレンスブック」と「メイキングDVD」が付属する。

■『Halo 3』の予約・購入はこちら
セガダイレクト
Amazon
TSUTAYA online
Glep Shopping

■関連サイト
『Halo 3』公式サイト
Xbox.com


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。