News

2007年9月21日(金)

カワイイキャラたちに太鼓で指令を下す『PATAPON』で「かみさま」気分を味わおう!

 「東京ゲームショウ」のSCEブースにて、プレイアブル出展されているPSP用ソフト『PATAPON(パタポン)』のプレイレポートをお届けする。

 本作は、「コマンド カーニバル」と銘打たれたユニークなゲームだ。4種類のドラムを打ち鳴らすことで、画面上にいる「PATAPON」というキャラクターたちに指令を下し、彼らを「世界の果て」へと導いていくことがプレイヤーの目的となる。「PATAPON」たちの行く手には、壁や動物、敵対するキャラクターたちが登場するのだが、それらのシチュエーションにあわせて「攻撃」や「行進」など、適切な指令を下す必要がある。

 プレイアブルで遊べるのはステージ3まで。最初はただ「行進」の指令を鳴らすだけでいいのだが、そのうち動物たちが登場して「攻撃」命令を下せるようになるステージ2あたりから、がぜんおもしろくなってくる。ただ漫然と指令を繰り返しているだけでは「PATAPON」たちから「攻撃じゃないの?」、「すすめでしょ!」などとツッコミを食らうので注意してもらいたい。
 「あと一撃で壁が崩せるから、その次の指令は「行進」にしよう」とか、「ここの位置から敵に攻撃してもあまり効き目がなさそうだから、もう1回「行進」させてから「攻撃」を命令しよう」などと、次のことを考えながらプレイすると上手にプレイできるだろう。現在公式サイトでは紹介ムービーが公開されているので、どんなゲームなのか雰囲気を確かめておきたいという人は、チェックしておくといいかもしれない。



プレイ前に挿入されるデモ映像では、「PATAPON」たちについての造詣を深めることができるので、しっかりと見ておこう。

プレイヤーのことを「かみさま」とあがめるカワイイ「PATAPON」たち。そのカワイさとは裏腹に、少しばかりツッコミがキツイです……。

(C)Sony Computer Entertainment Inc. (C)Rolito/Interlink.
※画面は開発中のものです。

■関連サイト
『PATAPON』公式サイト
SCE「東京ゲームショウ 2007」特設サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。