News

2007年9月21日(金)

ちょっと切ないリオンの物語が堪能できる!『TODディレクターズカット』

 バンダイナムコゲームスより2008年初頭発売予定のPS2用ソフト『テイルズ オブ デスティニー ディレクターズカット』。本作の体験版がTGSのバンダイナムコゲームスに出展されていた。体験版では、本作の大きな魅力の1つである“リオン・マグナス(CV.緑川光)”の物語がプレイ可能に!

 ゲーム開始時には「リオン サイド」と、メインの物語「スタン サイド」を選択するシステムになっているので、シリーズファンは「リオン サイド」、本作が初めてという人は「スタン サイド」を選ぶといいだろう。「リオン サイド」は、彼のモノローグからスタート。続いて彼は、近くの村で見つかった盗掘屋・ルーティを逮捕する任務へ1人で赴くことになる。しかし残念ながら、筆者の場合は町を出るのに手間取ってしまい、目的地の村へ着く前に制限時間が来てしまった。ゲームになれたシリーズファンなら、この先の展開を見ることができるかも?
 なお、セレクトボタンでスタートする「チャットモード」では、“リオン”のソーディアンである“シャルティエ”との掛け合いが楽しめる。

 『テイルズ オブ デスティニー』の物語をもう1つの側面からプレイできる本作の「リオン サイド」、ぜひ会場でチェックしてほしい!

試遊コーナーは、会場入り口から向かってブース奥の左側。時間は限られているものの、これまで描かれなかった物語の冒頭部分が楽しめる。

(C)2007 NBGI
(C)いのまたむつみ

■関連サイト
バンダイナムコゲームス


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。