News

2007年9月21日(金)

体を動かして奥義発動!Wii『NARUTO激闘忍者大戦』最新作の試遊レポだってばよ!!

 集英社の週刊少年ジャンプに連載されていることでおなじみの「NARUTO-ナルト-」。その対戦格闘ゲームの最新作『NARUTO-ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX2』を、タカラトミーブースで体験プレイしてきた。

 Wiiリモコンを振って攻撃したり、ワンボタンで必殺技を発動したりと、簡単な操作で本格的かつ派手な忍術対戦が楽しめる体感アクションゲーム。前作『NARUTO -ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX』では登場しなかった“サスケ”が新キャラとして登場しているのも見逃せない。

 キャラの動きにあわせて体を動かし、キャラになりきることのおもしろさもプラスされている。奥義を発動している時に、キャラの動きに合わせてコントローラーとヌンチャクを動かすと奥義の威力が上昇。“ナルト”の「大玉螺旋玉」なら、螺旋玉を作り出す時に左右の手をグルグル回し、続いて左右の手を交互に振ったら、右手を押し出して突き飛ばすといった感じ。まさしく、キャラになりきって戦える。

 その他、リモコンで「印」を結ぶアクションもある。ヌンチャク側のボタンを押しながらリモコンを動かすと、キャラが印を結びだす。プレイしてみた感じでは、うまくリモコンを動かして印を結びきれば、キャラの攻撃力がアップするなど、さまざまな効果が現れるようだ。もちろん、リモコンの動かし方を間違えると、画面にいるキャラも印を結ぶことができずに失敗する。
 ちなみに、“ナルト”や“サスケ”、“カカシ”などは、特殊な印を結ぶことができ、成功するとキャラの状態が変化する。例えば“ナルト”であれば「九尾のチャクラ」をまとうなど、原作と同じようなパワーアップが見受けられた。

 試遊機は、「なりきることの楽しさ」が十分伝わるものになっている。特に、「NARUTO-ナルト-」は迷わず体験してほしい。簡単な操作で遊べるので、「対戦ゲームは苦手」という人にもオススメできる。

おなじみの“ナルト”や“さくら”のほか、新キャラも多数登場。総勢30人ものキャラが、得意の忍術で戦うという。

(C)岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ
(C)2007 TOMY

データ

▼『NARUTO-ナルト- 疾風伝 激闘忍者大戦!EX2』
■メーカー:タカラトミー
■ジャンル:FTG
■対応機種:Wii
■発売日:2007年11月29日
■価格:未定

■関連サイト
タカラトミー


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。