News

2007年9月22日(土)

ある乙女ライターの一人称視点TGSレポート!レイトン教授の箱、に入るのに90分

 私欲しか満たしてないTGSレポート2回目です。1日目、10時の開場とともに『FFXI』の限定キーホルダーを求めて奔走、無事に購入しひとまず自分の中で最初のグランドフィナーレを迎えました。そしてスクウェア・エニックスのブースに戻って『FFXI アルタナの神兵』のトレイラームービーを見ようかな、とオープンメガシアターの前で待機していたんです。そしたらふと目が右後方に向いてしまい……。

 しまった―――――レベルファイブブースでは『レイトン教授と悪魔の箱』の限定版ソフトを配ってるんだった! 開場前までは覚えてたのに、キーホルダーを探すのに夢中でマジ忘れしてました。あわててレベルファイブのブースに向かった私が見たものは……開場から30分足らずとは思えない、長蛇の列でした。もうダメだ。

 案内の札を見ると、現在10時半の時点ですでに90分待ちです。他のブースを見ずに12時までひたすらここに居続けるのは、そうとう精神レベルが上がりますな~。と一瞬ひるんだものの、このあと90分どころじゃなくなるかもしれないしそうじゃないかもしれない、予測がつくはずもなく、何も考えずに列に飛び込みました。『レイトン教授』の限定版ソフトをもらうのは、『FFXI』のキーホルダーを買うに次ぐ目的だったので、もうこれで1日が終わるのでもいいや……と本気で思いました。並び始めて数秒で、『FFXI アルタナの神兵』ムービーのことは忘れてしまう許容量の少ない思考力です。文字通り私利私欲でしか動けません。

 このレベルファイブのイベント、1回が観客入れ替えの時間込みで30分くらいです。並ぶタイミングのコツとしては、入れ替え時間に様子を見に行き、列の動きや並んでいる総人数を確認して、あとは覚悟を決めて並んでしまうことかしら。土日はたぶん90分待ちどころじゃないと思いますが、待ち時間でひるまずに、並んでしまうことが一番重要だと思います。私のように物欲にかられ、レイトン教授のために幕張に来た! という方だったら、腹を決めるのがよいです。

 ウワサでは、昨晩から徹夜で並んでる方がいらっしゃるようで(この原稿執筆時は22日朝です)……暑いうえに他では動き回ることになるので、体調には十分に気をつけてください。お腹が空いたら編集長もご推薦? なのかな? の、ゲームショウラーメンで塩分を取るがよいでしょう。4日目くらいにここでレポートしますが、ゲームショウ2007ラーメン私ランキング調査では、東京ラーメンが1番人気らしいです。海苔入ってます。

 渋めのピンクが味わい深い公式ガイドブックにチェックを入れたり、ブースの上方に設置されたモニタでムービーやインタビューを見たり(何度見ても、大沢たかおさんのインタビューはなかった……)しながら、待つこともう本当に90分。時は12時。いよいよ入場の時間です。私がんばった、一人はさみしかったよ教授。

 中に入ると、前方左手に試遊台スペース、右手がイベントステージです。あれ、試遊台があったの? ととまどったのも一瞬、迷わずステージ前の座席に向かって前から2列目のセンターを尻でゲット! なんかツイてる! 待望の瞬間に、まんじりとイベントスタートを待ちます。試遊台も気になるけど、もう気にしない!

 イベント概要ですが、まずブース入場時にスタッフに紙と鉛筆をもらいます。その紙が限定版ソフトの引換券となっており、それをもらった時点でレイトン教授は手に入れたも同然です。そしてその紙には、3つの回答欄が用意されています。イベント中に出題される3問の謎を解き、全問正解すると、同じくレベルファイブの注目タイトル『イナズマ☆イレブン』のストラップがもらえるというシステムです。なお引換券は紛失するともうもらえないみたいなので、はしゃいでなくさないようにしましょう。

 ステージが始まると、2人のお姉さんが登場、司会進行をしてくれます。まず『レイトン教授と悪魔の箱』のプロモーションムービーが流れました。これは公式サイトで観られ、ブース外の上部のモニタでも上映されているものと同じ内容です。気になる方は公式サイトをチェック! そして、1つ目の謎が出題されます。内容は見てのお楽しみ★ そして引き続いて『イナズマ☆イレブン』のプロモーションムービーが同じく流れ、そのムービーの中にヒントが隠されているという2問の謎というかクイズが出題されました。90分、ブースの外でムービーを見続けた私にはカンタンな問題です。

 というわけで、あっという間の15分間でした。もし試遊台を楽しみたい時は、ステージ前に座らず最初から試遊台を目指すのがオススメ。試遊プレイしながらもステージのイベントは耳に入るので、クイズの画面や司会のお姉さんは見られませんが、私の1,5回分は楽しめると思います。

 ちなみにこの試遊台、限定版ソフトとはちがう内容らしいです。2日目、もう一度並んで確かめようと思ったのですが、ラーメン食べてたら受付時間が終わってました……。ゲームショウをすべて満喫しようと思ったら、時間と私が足りません。

 さらにちなみに、限定版ソフトは、『レイトン教授と悪魔の箱』の体験版ではなく、『不思議な街』から『悪魔の箱』につながるサイド的な内容になっていました。もちろん謎解きもアリ! そして『イナズマ☆イレブン』の操作感やストーリーのさわりと思われる内容が楽しめました。これが無料なんてびっくりです。並んだかいはあったよ教授!!

 さて、本日から一般の方向けのゲームショウが始まります。転んだり食べ過ぎたりしないように気をつけて、楽しんでください!!



(C)LEVEL-5 Inc.

■関連サイト
『レイトン教授と悪魔の箱』公式サイト
レベルファイブ


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。