News

2007年9月22日(土)

コーエーブースでは『真・三國無双5』に熱視線!オンラインブースも充実の内容

 9月20日~23日にかけた開催される「東京ゲームショウ2007(以下、TGS2007)」のコーエーブースは、ほとんどのタイトルがプレイアブル出展されていた。

 出展タイトルのなかでも最大の行列ができたのは、PS3/Xbox 360用ソフト『真・三國無双5』。キャラクターのグラフィックやモーションが一新されているということで、多くの注目が集まったようだ。その他、試遊台が用意されていたのはWii『オプーナ』、Wii『戦国無双KATANA』、PS3/Xbox 360『ブレイドストーム』、DS『三國志DS 2』など。

 なおコーエーブースでは、プレイアブル出展されたタイトルを3つプレイした人を対象に、『真・三國無双5』が抽選で50名に当たる特製ポストカードをプレゼントしている。また、オンラインゲームコーナーに出展された『信長の野望 Online』、『大航海時代 Online』、『三國志 Online』、『真・三國無双BB』では、これらのタイトルをプレイすると、特製DVDがプレゼントされる企画もあわせて実施中だ。

 早速筆者も体験プレイを行ってきたので、簡単ではあるがプレイレポートをお届けする。

・Wii『オプーナ』
 かわいらしいキャラクターが目を引く、Wii初の本格RPG。試遊台に参加していたのは、やはり女性がほとんどだった。

 今回用意されていたデータは、最初からゲームを始める「ニューゲーム」をはじめ、主人公の“オプーナ”が不時着した惑星「ランドロール」の街の中にいるもの、ある程度レベル“オプーナ”のレベルが上がっており、兄弟3人でパーティを組んでいるものの3種類があった。自分が気になっていたのは「エネルギーボンボン」を使った戦闘システムだったので、3つめのデータをプレイさせてもらった。
 本作の攻撃の操作は、Wiiヌンチャクのスティックを下に入れてパワーを貯め、スティックを離して「エネルギーボンボン」を敵にぶつけるというもの。パワーを貯めたあとにスティックを左右に倒せば、「エネルギーボンボン」の軌道をカーブさせることも可能だ。敵によっては「エネルギーボンボン」をキャッチしてしまうものもいるので、カーブでこの敵を避けつつ攻撃するというような、戦略性に富んだ戦闘が楽しめた。

 ほのぼのとした世界観、かわいいキャラクター、そしてハートフルなストーリーが展開する『オプーナ』。女性のみならず、幅広い層のプレイヤーの支持を集めるだろうと感じた。

・PC『真・三国無双BB』
 説明不要の人気シリーズ『真・三國無双』をオンラインゲーム化した本作。以前は特定のプロバイダに加入している人しかプレイできなかったが、先日、すべてのプロバイダで楽しめるようになったことで、新規プレイヤーの敷居がぐっと低くなった。

 筆者はこのシリーズのファンなので、基本的な操作はマスターずみ。“趙雲”が使用している槍を武器に選択し、いざ戦場へ! プレイ感覚はほとんどコンシューマ版と同じで、相変わらずの一騎当千の爽快感が体感できる。唯一気になったのは、カメラの挙動が若干カクついたこと。マシンスペックのせいかもしれないし、プレイに支障をきたすわけでもないほどの違和感ではあったが。
 説明してくれたスタッフによると、最初はザコ兵士を倒して武将をある程度強化し、それから敵の拠点を落としにいったり、対人戦を挑むのがセオリーだという。そこで、アドバイス通りに攻撃、防御、体力を強化。ゲーム開始時はチャージ攻撃を繰り出さないとザコ兵士を倒せなかったが、すぐに通常攻撃1~2撃で倒せるようになった。サクサク育って気持ちいい! しかし、いい気分でザコ退治に専念していると、制限時間が残りわずかに。対人戦を体験しなくては! とあわてて敵PCのもとにむかうが、無情のタイムアップ……。

 このように、1ステージのボリュームがほどほどにおさえられているので、MMORPGのようにまとまったプレイ時間がとれない人でも十分楽しめる、という印象の本作。『無双』シリーズファンには文句なくオススメできるタイトルだ。

<番外編> PC/PS2『信長の野望 Online』
 おっす、おらカゲロー。野望渦巻く戦国の世界が体感できるMMORPG『信長の野望 Online』では、「TGS2007」専用に用意されたキャラクターに触れることができるということなので、仕事抜きで楽しんできた。

 その専用キャラクターとは、通常キャラの倍近いサイズを誇る男性侍だった。そのでかさをたとえると、“大豪院邪鬼”、“山のフドウ”、ビグザムという感じで、とにかくでかい! 筆者が保有しているキャラクターのなかには身長が最大のものもいるのだが、それでもまったく普段と視界が違うので、見慣れた城下町も新鮮に感じられた。

 ちなみにこの専用キャラクターが装備している団扇は、「TGS2007」限定アイテム。ゲームにログインしているキャラクターに使用することで配布できるとのことだったので、道行く人に手当たり次第に配ってみた。受け取ってくれた人は、倉庫のジャマになる! なんて言わずに、大事にしていただければと! 偶然遭遇した知人には、速攻で捨てられたので……。
コーエーブース

コーエーブース

コーエーブース

コーエーブース
プレイアブル出展されたタイトルの数々。一番人気はやはり『真・三國無双5』だった。
『オプーナ』試遊台
『オプーナ』の、「エネルギーボンボン」を使った操作を体験。ヌンチャクリモコンを使った、片手だけでプレイできるお手軽感が好印象!
コーエーブース

コーエーブース
『信長の野望 Online』の、会場専用特別キャラクター。勝利画面では、背が高すぎて顔が表示しきれていない……。


データ

▼『オプーナ』
■メーカー:コーエー
■対応機種:Wii
■ジャンル:RPG
■発売日:2007年11月1日
■価格:7,140円(税込)

■関連サイト
GAMECITY
コーエー


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。