News

2007年9月23日(日)

胸キュン乙女は今日も熱狂!『幕末恋華・花柳剣士伝』トークショー

 「東京ゲームショウ2007」のディースリー・パブリッシャーブースにて、幕末を舞台とした恋愛アドベンチャー『幕末恋華・花柳剣士伝』のステージイベント「こちら胸キュン乙女Vol.2 『幕末恋華・花柳剣士伝』声優トークショー」が行われた。昨日行われた「こちら胸キュン乙女Vol.1」ステージに引き続き、乙女に人気のゲームを題材としたイベントだ。

 『幕末恋華・花柳剣士伝』は、3年前に発売され人気を博した『幕末恋華・新選組』待望の続編となる。前作のキャラクターも多数登場するということで、前作ファンの乙女の注目を集めている。

 発売間近の本作の映像が上映されると、イベント開始直後からステージ周辺は大盛況! 続いて“陸奥陽之助”役の谷山紀章氏と、“三木三郎”役の吉野裕行氏が登場し、自分が演じるキャラクターについての印象を語った。谷山氏は“陸奥”を「我が強いわがままキャラ」と説明、吉野氏は「“三木”はとにかく優しい人、でも、男からすると押しが弱すぎて物足りないなぁ」とコメント。キャラクターの萌えポイントはどこですか?という質問には、「萌えポイントってどういうのかあまりわからないですけど(笑)」と苦笑しながらも、「生意気な“陸奥”がだんだんと手なずけられていくところ(谷山氏)」「母性本能をくすぐるキャラです(吉野氏)」と答えた。

 キャラクターの説明が終わると、ゲームのイベントCGが紹介された。“陸奥”が主人公に向かって自慢話を披露しているCGにちなんでされた、「2人の自慢話は何ですか?」という質問に、谷山氏が「角度が10代です!」と言うと、それに対抗してか吉野氏まで「角度が日本刀です!」と言い出す始末。一体何の話やら……集まった乙女たちはいろいろ想像を巡らせていたようだ。
 キャラクターになりきっての「オリジナルLOVEコント」も演じられた。真面目に“三木”を演じる吉野氏に対し、“陸奥”の谷山氏はアドリブで大騒ぎ! 吉野氏に「“陸奥”ってそんなキャラでしたっけ(笑)」と突っ込まれていた。

 CG紹介とコントが終わるとゲームのテーマ曲の話になり、吉野氏が歌うエンディングテーマが会場に流れると、谷山氏が「これ本当に吉野くんの声!?」と歌の上手さにびっくりしたようだった。しっとりとしたエンディングにぴったりの曲に、観客も聴き入っていた。
『幕末恋華・花柳剣士伝』トークショー

『幕末恋華・花柳剣士伝』トークショー

『幕末恋華・花柳剣士伝』トークショー
写真左が谷山紀章氏、右が吉野裕行氏。「すごい後ろまで人がいるけど、押したりして怪我しないように気をつけてね」と心配する場面も。
『幕末恋華・花柳剣士伝』トークショー
主人公の荷物を持ってあげる優しい“陸奥”……かと思いきや、実は“陸奥”が自分の荷物を持たせているシーン。「“陸奥”はこんな奴なんです」と谷山氏。


データ

▼『幕末恋華・花柳剣士伝』
■メーカー:ディースリー・パブリッシャー
■機種:PS2
■ジャンル:AVG
■発売日:2007年10月4日
■価格:7,140円(税込)

▼『幕末恋華・花柳剣士伝 雅の玉手箱(限定版)』
■メーカー:ディースリー・パブリッシャー
■機種:PS2
■ジャンル:AVG
■発売日:2007年10月4日
■価格:9,260円(税込)

■関連サイト
『幕末恋華・花柳剣士伝』公式サイト
ディースリー・パブリッシャー


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。