News

2008年1月30日(水)

【今週の1本】お色気×骨太アクション!『お姉チャンバラRevolution』第1回“彩”編

 「半裸」とか「水着」って言葉だけでご飯3杯はいけますよね!?
 導入というには、あまりにもあんまりな導入ですみません。心はいつでも男子中学生な村田(仮)です。こんにちは。そんなわけで今回は、2月7日発売予定のWii用ソフト『お姉チャンバラ Revolution』のプレイレポートを紹介していきたいと思います。
 本来なら『お姉チャンバラ Revolution』というタイトルで1本の記事にまとめるところですが、今回は少し趣向を変えて各キャラクターごとに4回に分けてお届けしていきたいと思います。ぶっちゃけ自分の趣味でやりたい放題ですが何か? というわけで初回となる今回は、シリーズを通しての主人公といえる“彩(あや)”を紹介です!

■「半裸の美女」×「返り血」=男の子まっしぐら

 初回なので、とりあえず「ストーリーモード」を選択。モノローグ的な導入の後、いよいよゲームがスタートします。ステージ1の序盤は、練習も兼ねているのか、ゾンビの数が控えめで攻撃も散漫なので、基本的な操作を一通り確認できます。といっても注意するところといったら、通常攻撃は「Wiiリモコン」を縦に振るので、横に振っても攻撃してくれないということくらいでしょうか。ちなみに、「狂乱艶舞刀」などの特殊攻撃の中には、横に振るものもあります。
 “彩”の基本的な攻撃スタイルである一刀流は、連続攻撃が出しやすく、攻撃の間隔も短いので、かなり使いやすいです。難易度にもよりますが、ぶっちゃけ適当に振っているだけでも進められます。コントローラーも「Wiiリモコン」に変わったということで、まずは一刀流で基本的な攻撃に慣れておくのもいいでしょう。

■正直、二刀流の爽快感はヤバイですよ?

 本作では、最初から一刀流と二刀流の切り替えが可能になっているので、早速二刀流を使ってみました。攻撃の方法ですが、二刀流の時には「Wiiリモコン」と「ヌンチャク」を交互に振ることになります。一刀流に比べて連続攻撃のタイミングが速いのですが、慣れてくるとムチャクチャ気持ちいい! 攻撃のスピード速いし範囲も広いので、大量のゾンビに囲まれていてもアッサリ殲滅できます。ゾンビが大量に出現すると、それだけでうれしくなってくるほどです。操作に慣れないうちは、敵が少ない時は一刀流、多かったらとりあえず二刀流といった具合に使い分けるといいかもしれません。村田(仮)は、ついつい二刀流ばかり使いがちですがね。

■「COOLコンビネーション」の練習をするはずが……

 ステージを進めていくと、ただ攻撃するだけでは倒せないゾンビも登場してきます。通常の連続攻撃よりタイミングがシビアな代わり、ダメージが大きくなる「COOLコンビネーション」でないと倒せない「血煙ゾンビ」などが、その代表でしょうか。ちなみに今回プレイした範囲では、「血煙ゾンビ」を倒さなくても先に進められたので、「アクションはちょっと苦手」という人でも大丈夫でしょう。
 とはいうものの倒せないままというのは悔しいので、「プラクティスモード」で「COOLコンビネーション」の練習です。「プラクティスモード」では、連続攻撃のタイミングを表示してくれる「タイミングバー」を表示させることができるため、「練習しようにも、そもそもコンボのタイミングがわからない!」ということもありません。さらに出現するゾンビの種類や数、状態(移動しないとか攻撃もしてくるとか)などの設定も可能なため、棒立ちのゾンビの100体くらい出して、バッサバッサと斬りまくれるわけです。二刀流だと、何も考えずただコントローラーを振っているだけでも、面白いように倒していけますよ! ……えっと、何の練習をするんでしたっけ?

■「半裸」って言葉だけに反応するんじゃないよ!

 今回プレイした“彩”は、初心者にも優しいオーソドックスな一刀流、攻撃のタイミングが難しいけど殲滅速度の速い二刀流と、バランスのいいキャラクターとなっています。「COOLコンビネーション」ではなく通常の連続攻撃だけもそこそこ進められるので、最初に使うには最適ではないでしょうか。
 『お姉チャンバラ』シリーズというと半裸の女性にばかり目が行きがちですが(健全な青少年的には、それはそれで見逃せない要素ですけどね)、かなり骨太のアクションも楽しめます。難易度を下げればアクションが苦手な人でもサクサク進められますし、ある程度練習しておかないと倒せない「血煙ゾンビ」といったやりこみ要素もあるなど、初心者からヘビーユーザーまで幅広い層にオススメできると思います。(村田(仮))
『お姉チャンバラ Revolution』
キャラクター選択画面では、各キャラクターを好きな角度から見ることができる。さらに、キャラクターの衣装を変えることができるとのこと。画面を見ている限り、用意された衣装は全部で4種類?
『お姉チャンバラ Revolution』

『お姉チャンバラ Revolution』
男性的には衣装に目が行きがちな“彩”さんですが、アクションシーンもステキです。「振ってるだけでも進められる」と言っておいてなんですが、かっこよく連続攻撃を決めたくなります。この辺は、ぜひ公開中の動画で確認してみてください。
『お姉チャンバラ Revolution』

『お姉チャンバラ Revolution』

『お姉チャンバラ Revolution』
ゾンビの返り血を一定以上浴びると発動する「暴走」。能力が上昇する代わりに体力が減少していきます。マップに設置されている「女神像」に触るか、アイテム「女神像の破片」を使うまで解除されないので、返り血の量をコントロールするという戦略的な要素もあります。
『お姉チャンバラ Revolution』

『お姉チャンバラ Revolution』
攻撃速度の速い二刀流。大量の敵をサクサク倒していく爽快感は、病み付きになりそうです。連続攻撃のタイミングがやや早めなのですが、必要がなくても使いたくなるので、「タイミングをつかむために練習をしなくちゃいけない」という感じはありませんでした。
『お姉チャンバラ Revolution』

『お姉チャンバラ Revolution』
わりとどうでもいい話ですが、ゾンビなので首が飛ぼうが上半身が千切れようが平気(?)です。……どうやってコチラの位置を把握しているんでしょうね?
『お姉チャンバラ Revolution』

『お姉チャンバラ Revolution』

『お姉チャンバラ Revolution』
「プラクティスモード」では、ひたすらゾンビを斬り倒していくことも! ゾンビもこれだけ大量に並んでいると、ある意味壮観です。

(C)2008 TAMSOFT (C)2008 D3 PUBLISHER

データ

▼『お姉チャンバラ Revolution』
■メーカー:ディースリー・パブリッシャー
■機種:Wii
■ジャンル:ACT
■発売日:2008年2月7日
■価格:6,090円(税込)

■関連サイト
『お姉チャンバラ Revolution』公式サイト
『お姉チャンバラ Revolution』特設ページ
お姉チャンバラ.com
ディースリー・パブリッシャー


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。