News

2008年2月21日(木)

ボクの魔法でお仕置きだよ♪「H2O」スピンオフ作品「魔法少女マジカルおとは」上映

 TVアニメ「H2O」のイベント「「魔法少女マジカルおとは」ってなンだ!」が、2月17日に東京・秋葉原のアソビットゲームシティで行われた。

 このイベントは、「H2O」からスピンオフしたキャラクター“魔法少女マジカルおとは”が登場するTVアニメの第8刻「音羽」を上映するというもの。謎に包まれていた“マジカルおとは”の全貌が、今回のイベントで明らかになった。

 イベントは、“音羽”役の成瀬未亜さんと、“はやみ”役の櫻井浩美さんが登壇しスタート。第8刻の上映前に「マジカルおとは」の見どころについて、「必殺技や変身シーンに気合が入っています(成瀬さん)」、「いつもとキャラクターの設定が違うところを楽しんでほしいです(櫻井さん)」とそれぞれコメント。また、第7話の後に放送される第8話の予告についても、「いつもウソ予告だけどやっと本当の予告ができました。でもウソっぽいんですよね(笑)」と顔を見合わせて笑っていた。

 そしていよいよ、第8刻「音羽」が上映。「いつもとキャラクターの設定が違う」という櫻井さんのコメント通り、斬新な設定でシナリオが突き進む。“琢磨”がツッコミを入れるたびに、会場にファンからはどっと笑いが起こっていた。中盤には「魔法少女マジカルおとは」のオープニング映像も挿入され、もはややりたい放題。そんなギャグ満載の軽いノリで進む第8刻だったが、終盤は雰囲気が一転。物語は予期せぬラストを迎えるのだった。

 その後は、成瀬さんと櫻井さんが再び登場し、第8話についてのトークを繰り広げた。成瀬さんは、本編では“琢磨”以外のキャラクターからは見えない“音羽”が、第8話では見える設定になっていたため、普段話せないキャラクターと掛け合いができて楽しかったと話していた。また櫻井さんは、“はやみ”がカップ麺の弁当(?)を手作りと言い張るシーンがお気に入りとのことだ。「魔法少女マジカルおとは」のオープニング映像とともに流れた挿入歌について、この挿入歌を歌い上げた成瀬さんは、「血管が切れるくらい楽しかったです(笑)」と興奮気味に話していた。なおこの曲は、3月21日に発売予定のサウンドトラックに収録されるとのことだ。

 最後は来場者からの質問に成瀬さんらが回答し、ファンへのメッセージで締めくくった。成瀬さんは「8話で○○してしまった“音羽”が、今後どうなるのか見届けてほしいです」、櫻井さんは「8話は泣けるエピソードです。家で台本を読んでいた時、弟に「何で泣いてんの?」って驚かれました(笑)」とそれぞれ語り、イベントは幕引きとなった。

 なお、この“魔法少女マジカルおとは”が登場するTVアニメの第8刻「音羽」は、地方でも上映会が行われる。詳しい情報は、「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」公式サイトを参照してほしい。

第8話について語る成瀬さん(左)と櫻井さん(右)。アフレコ模様について成瀬さんは「みんなテンションが高かった」、櫻井さんは「キャラクターが普段と違う設定なので(演技が)難しかった」と話していた。



「(男性キャラクターの)“琢磨”や“はまじ”と友だちになれたらどうしますか?」という質問には、櫻井さんが“琢磨”はいいですよね。優良物件ですよ(笑)」と回答。だが成瀬さんが「おじさん(“穂積”)がいい!」と言うと、「おじさんがありだったら私もおじさんがいいよ!」とおじさん人気が垣間見れる一幕も。



(C)2008 『H2O』製作委員会

データ

■TVアニメ「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」
【スタッフ】(敬称略)
 原作:枕(『H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-』)
 監督:橘秀樹
 シリーズ構成:花田十輝
 キャラクターデザイン:奥田淳
 美術監督:高橋和博(じゃっく)
 色彩設計:上谷秀夫
 音響監督:高寺たけし
 編集:田熊純(アクタス編集室)
 音響制作:HALF H・P STUDIO
 アニメーション制作:ZEXCS

【キャスト】(敬称略)
 “弘瀬琢磨”役:小清水亜美
 “小日向はやみ”役:櫻井浩美
 “神楽ひなた”役:田中涼子
 “音羽”役:成瀬未亜
 “八雲はまじ”役:榊原ゆい
 “田端ゆい”役:安田未央

■関連サイト
「H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。