News

2008年4月14日(月)

福山氏、遊佐氏、諏訪部氏が「パンツ一丁」を連呼!?アニメ「あまつき」試写会レポ

 4月5日、東京・吉祥寺の前進座劇場において、TVアニメ「あまつき」の完成披露試写会が行われた。

 「あまつき」は、「月刊コミックゼロサム」(一迅社刊)で連載されている同名ファンタジー漫画を原作としたTVアニメーション。4月4日からKBS京都で放送が開始したのを皮切りに、テレビ神奈川、テレビ埼玉、チバテレビ、サンテレビ、名古屋テレビで放映されている。また、AT-Xでも5月9日より放送がスタートする予定だ。


 この日に行われた完成披露試写会では、放送に先がけてアニメの第1話を上映。また、主人公“六合鴇時(りくごう ときどき)”役・福山潤氏、“篠ノ女紺(しののめ こん)”役・遊佐浩二氏、“梵天(ぼんてん)”役・諏訪部順一氏によるトークショーや、アーティスト・カンノユウキさんによるオープニングテーマ「Casting Dice」の生ライブなどが行われた。その模様を写真とともにお届けする。

 イベントは、福山氏、遊佐氏、諏訪部氏の3名が生で注意事項を読み上げるナレーションからスタート。マイペースな“鴇”とひょうひょうとした“梵天”に、“紺”が突っ込みまくるという内容で、客席から歓声や笑いがあがっていた。次いでアニメ第1話の試写会へ。1話では、江戸時代風の異世界「雨夜之月(あまつき)」に迷い込んでしまった“鴇時”が、前の世界で同級生だった“紺”や女剣士の“朽葉(くちは)”と出会うまでを描いていた。

▲左から“梵天”役・諏訪部順一氏、“鴇”役・福山潤氏、“紺”役・遊佐浩二氏。

 上映後、諏訪部氏の司会により、福山氏と遊佐氏を交えてのトークコーナーがスタート。ドラマCDのキャストがそのままアニメに採用されたとのことで、気心が知れているためか、和気あいあいとした雰囲気のトークショーとなった。福山氏が、「ドラマCDはコミカルなエピソードが多かったので、アニメのアフレコをやって、改めて「あまつき」はシリアスだったんだーと思いました」と話すと、それを受けて「CDでドタバタコメディばかりやっていたから、アニメでは原作通りにやっているにもかかわらず、うかつにも「あまつき」らしくないなぁと思ってしまいました(遊佐氏)」、「僕もスタッフから、「仲よくなりすぎです。もっと冷たい感じにしてください」って言われてしまいまして(諏訪部氏)」と明かし、観客を笑わせていた。

▲福山氏は、“朽葉”が自分の髪の毛をマフラーのように巻くシーンついて言及。「あれ、髪の毛だったんですね! ずっと本当のマフラーを巻いていると思い込んでいました。原作読んでいるのに、気づきませんでしたよ~」とコメントしていた。

 続いて、“朽葉”役・朴ろ美さん(「ろ」は王へんに「路」)、“平八(へいはち)”役の野島健児氏、“露草(つゆくさ)”役の森久保祥太郎氏のビデオメッセージが上映された。朴さんからの「いい声で、とにかく素晴らしくいい声でトークを繰り広げてください。相手を口説く感じで、時には耳元でささやく感じで!」というメッセージを受け、3人が口説き文句を言う展開に。照れてなかなか言おうとしない福山氏を尻目に、諏訪部氏はとびっきりの美声で「僕のパンツ一丁姿は君だけのものだよ……」となぜか「パンツ一丁」を盛り込んだ口説き文句を披露。次いで、遊佐氏も「パンツ一丁」をネタに甘い言葉をささやき、会場の女性から黄色い声援を受けていた。最後、観客の大きな「ジュンジュン」コールの中、福山氏が上着を脱ぎつついい声で「僕は、パンツ一丁だよ……」と言うが、会場からはなぜか失笑が……。これらの模様は6月25日発売の「あまつき」DVD豪華版第1巻に収録されるとのことなので、気になる人はぜひDVDを購入してチェックしよう。

 その後、カンノユウキさんが登場し、オープニングテーマ「Casting Dice」を熱唱。最後は、福山氏、遊佐氏、諏訪部氏が「あまつき」関連商品の告知を行った後、3人で青春スポ根風のコントをしながらお別れの挨拶をして、完成披露試写会は幕を下ろした。

 なお、TVアニメ「あまつき」のDVD全6巻が6月~11月にかけて発売される。また、カンノさんが歌うオープニングテーマ「Casting Dice」が5月21日に、引田香織さんが歌うエンディングテーマ「名まえのない道」が6月18日にリリース予定。さらに、遊佐氏と諏訪部氏がパーソナリティを務める「あまつき」のWebラジオ「あまつき やみつき ラジオ」の放送が、アニメイトTVでスタートしている。現在は第1回放送分が公開されており、第2回は4月15日に配信されるとのこと。「あまつき」および声優陣のファンは、こちらのWebラジオもチェックしておこう。







▲お別れの挨拶で熱く叫ぶ遊佐氏と、身体全体で表現する諏訪部氏、そしてそれを遠くから眺める福山氏。三者三様のリアクションに、観客は大爆笑していた。




▲最後は、カンノユウキさんも登場。カンノさんはWebラジオ「あまつき やみつき ラジオ」について、「韻を踏んで「あまつき やみつき ラジつき」にしたらどうでしょう?」と提案していた。


(C)2008 高山しのぶ・一迅社/千歳コーポレーション

データ

■TVアニメ「あまつき」概要
【放送開始日】
 KBS京都……2008年4月4日26:30~
 テレビ神奈川……2008年4月5日25:30~
 テレビ埼玉……2008年4月7日25:30~
 チバテレビ……2008年4月7日26:10~
 サンテレビ……2008年4月7日26:10~
 名古屋テレビ……2008年4月11日27:20~
 AT-X……2008年5月9日9:00~

【スタッフ】(※敬称略)
 原作:高山しのぶ(一迅社「月刊コミックゼロサム」連載中)
 監督:古橋一浩
 シリーズ構成・脚本:古橋一浩、鈴木知恵子
 キャラクターデザイン:田頭しのぶ
 総作画監督:番由紀子
 美術監督:小山俊久
 色彩設計:北爪英子
 音響監督:飯田里樹
 音楽:福原まり
 音楽制作:フロンティアワークス
 アニメーション制作:スタジオディーン
 製作:千歳コーポレーション
 他

【キャスト】(※敬称略)
 “六合鴇時”役:福山潤
 “篠ノ女紺”役:遊佐浩二
 “朽葉”役:朴ろ美(「ろ」は王へんに「路」)
 “梵天”役:諏訪部順一
 “沙門”役:中田譲治
 “平八”役:野島健児
 “露草”役:森久保祥太郎
 “空五倍子”役:小杉十郎太
 “銀朱”役:鈴村健一
 “真朱”役:松岡由貴
 “佐々木只二郎”役:大川透
 他

■関連サイト
「あまつき」公式サイト


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。