News

2008年4月9日(水)

【TAF2008】12人の豪華声優が集結!「GONZOFESTA2008SPRING」レポ

 3月30日、「東京国際アニメフェア2008」において「GONZO FESTA 2008 SPRING」が行われた。

 「GONZO FESTA 2008 SPRING」では、この4月より始まったGONZO制作のTVアニメ「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」、「S・A~スペシャル・エー~」、「ブラスレイター」のキャスト陣が出演して、作品紹介&トークショーが行われた。「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」からはKENN氏、折笠富美子さん、「S・A~スペシャル・エー~」からは後藤邑子さん、福山潤氏、生天目仁美さん、下野紘氏、高垣彩陽さん、代永翼氏、堀江一眞氏、「ブラスレイター」からは松風雅也氏、伊藤静さん、三宅健太氏の総勢12名が出演。お笑い芸人「はりけ~んず」の前田登さんの司会で、イベントは進行した。

 まずは、「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」で主人公“ジル”を演じるKENN氏と、ヒロイン“カーヤ”役を演じる折笠富美子さんが登場。1984年にバンダイナムコゲームス(当時ナムコ)より発売された『ドルアーガの塔』から、80年後を舞台にしたこの作品では、“ジル”は“ギルガメス”にあこがれる少年として登場するという。一方の“カーヤ”は、巫女として魔法を使い、電波系で天然なキャラクターになるとのこと。

 本作の見どころを聞かれたKENN氏は、「今まではゲームでしたが、アニメになって表現がまた違ったものになると思います。新たな原作を作るという意気込みで制作されているので、その熱が伝わるとうれしいですね。あと、オンラインゲームと連動もしているので、そちらも見どころになります」と答えていた。またKENN氏は、エンディングテーマ「塔頂者たち」も歌っているので、こちらにも注目しよう。

「本当にすごいスタッフさんや、大先輩の声優さんと一緒にお仕事できるのがうれしいです」とコメントするKENN氏。彼が演じる“ジル”は、発展途上の少年で、最初は空回りばかりしているという。

最後に2人は、「歌を歌わせていただき、原作ゲームのファンでもあるので、今回アニメに携わることができて感動です。皆さん、楽しんでいただきたいと思います(KENN氏)」、「いろいろなところで展開していくので、皆さんついてきてください(折笠さん)」とコメントしていた。

 続いては、「S・A~スペシャル・エー~」のメインキャラクター7人を演じる、“華園光”役・後藤邑子さん、“滝島彗”役・福山潤氏、“東堂明”役・生天目仁美さん、“狩野宙”役・下野紘氏、“山本芽”役・高垣彩陽さん、“山本純”役・代永翼氏、“辻竜”役・堀江一眞氏らが登場した。


 この作品は、「花とゆめ」(白泉社刊)で連載中の同名コミックをアニメ化した作品で、超エリートのお金持ちたちが通う「私立白選館学園高校」を舞台に繰り広げられる学園ラブコメディ。7名のキャストが演じるキャラクターは、白選館学園高校でもっとも優秀なクラス「S・A(スペシャルエー)」に所属しており、物語はこの7人を中心に展開するとのことだ。


 トークショーでは、高校が舞台ということで、前田さんから「この中で一番成績が悪いのは?」という質問が。すると下野氏と代永氏の2名が手をあげるも、下野氏は「アメリカ合衆国の首都は?」の問いに「ワシントンD.C.」と答え、成績の悪さを披露(?)することに失敗。続いて円周率を聞かれた代永氏は、「4.5……」と見事なボケを披露していた。

 また本作では、オープニングテーマを後藤さん、生天目さん、高垣さんの女性陣が歌い、エンディングテーマを福山氏、下野氏、代永氏、堀江氏ら男性陣が歌っているという。

「作品の見どころは?」という質問に、生天目さんは「“光”と“彗”の関係も見どころですが、他のキャラクターたちの関係も見ていただきたいです」と答えていた。

最後は、7人が息を合わせて「「S・A」は4月6日25:30より(女性陣)」、「千葉テレビ他で放送開始(男性陣)」と言った後に、全員で声を合わせて手を突き出すパフォーマンス。会場から大きな拍手があがっていた。

 最後は「ブラスレイター」のコーナーだったが、前田さんが飛行機の時間が迫っているために退場。前田さんから段取りにない振りをされ、代わりの司会を福山氏が務めた。

台本にない事態でも見事司会を務めた福山氏。しかし、進行しつつも「こんなんでいいんすか?」とちょっぴり不安も見せていた。

 このコーナーに登場したのは、“ジョセフ・ジョブスン”役・松風雅也氏、“アマンダ・ウェルナー”役・伊藤静さん、“ヘルマン・ザルツァ”役・三宅健太氏の3名。男性2人がTシャツ1枚で登場したことから、「俺と三宅さんは、販売コーナーのお兄さんみたいな格好してますけど、(「ブラスレイター」は)全然違う、骨太な男の物語です」と話した松風氏だが、「作品はどのような内容ですか?」と尋ねられると、「作品がどういう感じかですか。わかりました、三宅さん」と見事にスルーパス。カンペを手にした三宅氏は、ナレーション風の演技で「ブラスレイター」を紹介した。


 三宅氏によると、「ブラスレイター」は、「近未来のドイツを舞台に、悪魔の姿に化ける力を持つ者たちが、ある者は己の欲望のため、ある者は復讐のために、戦い続ける新時代のヒーローアクション」であるとのことだ。

各キャストが演じるキャラクターについて尋ねられると、ここでも松風氏は三宅氏に華麗なスルーパス。しかし、三宅氏は“ジョセフ”に関するカンペを持っておらず、ここでは松風氏が役の説明を行った。ちなみに松風氏によれば、主人公の“ジョセフ”には多くの謎が隠されており、その全貌は未だ秘密らしい。

 また、この作品では監督を板野一郎氏が務めることから、通称「板野サーカス」と呼ばれるハイスピードアクションが展開。人気特撮番組「仮面ライダー電王」の小林靖子さんが手掛ける脚本とあわせ、作品の大きな見どころになるとのことだ。


 この後は、本日のイベントの出演者全員がステージに集合。会場からの大きな拍手でイベントは閉幕となった。




データ

■TVアニメ「ドルアーガの塔~the Aegis of URUK~」
【スタッフ】(※敬称略)
 原作:バンダイナムコゲームス「ドルアーガの塔」
 監督:千明孝一
 スーパーバイザー:遠藤雅伸
 シリーズ構成・脚本:賀東招二
 キャラクター原案:白亜右月
 メインキャラクターデザイン:高岡じゅんいち
 キャラクターデザイン:山形厚史
 モンスターデザイン:丹澤学
 ドルアーガデザイン:草彅琢仁
 プロダクションデザイン:小林誠
 音楽:﨑元仁
 アニメーション制作:GONZO
 他

【キャスト】(※敬称略)
 “ジル”役:KENN
 “カーヤ”役:折笠富美子
 “ニーバ”役:櫻井孝宏
 “ファティナ”役:堀江由衣
 “アーメイ”役:早水リサ
 “メルト”役:郷田ほづみ
 “クーパ”役:茅原実里
 “カリー”役:石田彰
 “ウトゥ”役:安元洋貴
 “ギルガメス”役:土師孝也
 “カイ”役:矢島晶子
 “サキュバス”役:ゆかな
 “ケルブ”役:てらそままさき
 “エタナ”役:水野理紗
 他

■TVアニメ「S・A~スペシャル・エー~」
【スタッフ】(※敬称略)
 原作:南マキ(「S・A~スペシャル・エー~」)
 監督:宮尾佳和
 シリーズ構成・脚本:花田十輝
 キャラクターデザイン:中原清隆
 色彩設定:松山愛子
 美術監督:杉本あゆみ
 音響監督:飯田里樹
 音響制作:ダックス プロダクション
 音楽制作:ポニーキャニオン
 音楽:海田庄吾、光永利恵
 アニメーション制作:GONZO×AIC

【キャスト】(※敬称略)
 “華園光”:後藤邑子
 “滝島彗”:福山潤
 “山本純”:代永翼
 “山本芽”:高垣彩陽
 “狩野宙”:下野紘
 “東堂明”:生天目仁美
 “辻竜”:堀江一眞
 他

■TVアニメ「ブラスレイター」
【スタッフ】(※敬称略)
 原作:GONZO×ニトロプラス
 監督:板野一郎(D.A.S.T)
 シリーズ構成:虚淵玄、板野一郎(D.A.S.T)
 キャラクター&メカデザイン:Niθ
 アニメキャラクターデザイン:恩田尚之
 チーフライター:小林靖子
 アニメーション制作:GONZO
 他

【キャスト】(※敬称略)
 “ジョセフ・ジョブスン”役:松風雅也
 “アマンダ・ウェルナー”役:伊藤静
 “ヘルマン・ザルツァ”役:三宅健太
 “メイフォン”役:遠藤綾
 “アル”役:檜山修之
 “ブラッド”役:中村悠一
 “ベアトリス”役:大原さやか
 他
■関連記事
2008年3月18日
目指したのは、骨太な男のドラマ――「ブラスレイター」キャストコメントをお届け
2008年3月14日
KENN氏も美声を披露した「ドルアーガの塔」スペシャルイベントの模様をチェック!
2008年1月28日
GONZO×ニトロプラスが魅せるダークヒーローアクション「ブラスレイター」制作決定
2008年12月21日
超エリート高校で繰り広げられるラブコメディ TVアニメ「S・A」2008年春スタート!

■関連サイト
GONZO


注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。