News

2008年4月13日(日)

「アルケ祭2008」でPSP『ひぐらしデイブレイク』など新作がぞくぞくと発表!

文:電撃オンライン

 アルケミストは、4月12日に東京・新木場の「STUDIO COAST」で、同社のファン感謝イベント「アルケ祭2008」を開催した。

 「アルケ祭2008」では、PS2『恋する乙女と守護の楯(仮)』、PS2『Sugar+Spice! ~あのこのステキな何もかも~』、PSP『ひぐらしデイブレイク Portable(仮)』といった新作タイトルを含む、計6タイトルのゲーム紹介が行われた。その模様を、画像や写真とあわせて以下に紹介していく。

「アルケ祭2008」
▲1,000人以上のファンが会場に詰めかけた「アルケ祭2008」。物販にも多くの人が訪れていた。

■PS2『ARIA The ORIGINATION ~蒼い惑星のエルシエロ~』

 最初の紹介タイトルは、6月26日発売のPS2用ソフト『ARIA The ORIGINATION ~蒼い惑星のエルシエロ~(以下、蒼い惑星のエルシエロ)』。本作のプロデューサー・中川“ぷいにゅぅ”滋氏がステージに登場し、本作の説明を行った。

 『蒼い惑星のエルシエロ』は、水の惑星・アクアの観光都市であるネオ・ヴェネツィアを舞台にしたヒーリングAVG。中川氏によると、2006年9月に発売された前作『ARIA The NATURAL ~遠い記憶のミラージュ~』の舞台が夏だったのに対し、今作は冬の物語になっているという。主人公は、声優・花澤香菜さん演じる“アニー”こと“アニエス・デュマ”。プレイヤーは、「大晦日」や「カーニヴァル」、「昇級試験」など原作やアニメでお馴染みのエピソードを、“アニー”の視点で追体験していくことになる。

 なお本作は、通常版に加えて限定版「もっとでっかい詰め合わせ」も発売される予定。原作・天野こずえさんの描き下ろしイラストがパッケージとなる限定版には、2枚組の音楽CDとSDフィギュア6体セットが付属する。また予約特典は、通常版がケータイ用クリーナーで、限定版はケータイ用クリーナー&カード5枚付きのカードスタンドとのことだ。

「アルケ祭2008」
▲司会の男性が「CGを見る限りでは、大災害とかあるみたいで……」と言いかけると、中川氏が「ネタバレ禁止!」とさえぎる場面も見られた。

■PS2『恋する乙女と守護の楯(仮)』

 続いて、新作のPS2用ソフト『恋する乙女と守護の楯(仮)』が発表された。2008年秋発売予定の本作は、PCゲームブランド・AXL(アクセル)から2007年6月に発売された同名のPC用恋愛アドベンチャーゲームをPS2に移植したもの。主人公である新人エージェント“如月修史”が、護衛対象の女学生たちを守るため、女装して全寮制女子校に潜入する物語だ。“如月修史”(女装時の仮名は“山田妙子”)役は、人気声優の釘宮理恵さんが担当するという。

 トークコーナーでは、本作のヒロイン“春日崎雪乃”役・友永朱音さん、“椿原蓮”役・櫻井浩美さん、“真田設子”役・力丸乃りこさん、そして主人公の上司である課長役の矢尾一樹氏が登場。ゲームについてのトークや射撃シューティングゲーム大会などが行われた。

「アルケ祭2008」
▲主人公の“如月修史”は、小柄で女の子のようなかわいいルックスという理由で、女装をして全寮制の女子校に潜入することに。彼は5人のヒロインを無事守り通すことができるのか!?

■PS2『スカーレット ~日常の境界線~』

 2008年夏に角川書店から発売されるPS2用ソフト『スカーレット ~日常の境界線~』は、2006年5月にねこねこソフトから発売されたPC用ソフト『Scarlett』の移植作。ごく平凡な高校生の主人公“大野明人”が、高級諜報家の“別当和泉九郎スカーレット”に出会ったことから、非日常の世界へと足を踏み入れていく様を描く。

 ここでは、ラジオ大阪とラジオ日本で放送中のラジオ番組「せいやん・YURIAの美少女ゲームは嫌い」のパーソナリティである、せいやん氏とYURIAさんが登場し、『スカーレット ~日常の境界線~』に出演するやなせなつみさん、友永朱音さん、水橋かおりさんとともにラジオ風のステージトークショーを実施。ねこねこソフトのプロデューサーでもあるせいやん氏は、『スカーレット』にまつわるディープな話を披露していた。

「アルケ祭2008」

■PS2『Sugar+Spice! ~あのこのステキな何もかも~』

 次いで、2007年9月にチュアブルソフトから発売されたPC用AVG『Sugar+Spice!』のPS2版『Sugar+Spice! ~あのこのステキな何もかも~』が発表され、作品説明のためにプロデューサー・梶原諭氏が登場した。しかし、前回の「アルケ祭2007」における『Pure×Cure Re:covery』コーナー同様、今回もネタ満載のプレゼンに。「禁則事項」や「Nice boat.」といった、刺激的(?)な単語が飛び交っていた。

 しかし最後は、キュートな演出が詰まったオープニングムービーが流れ、梶原氏の「ヒロインとのラブストーリーを、『ひぐらしのなく頃に祭』のシナリオ並に用意しているので、ぜひよろしくお願いします」というマジメな挨拶で締めくくられた。発売は2008年夏を予定しているとのことだ。

「アルケ祭2008」

■DS『ひぐらしのなく頃に絆 第一巻・祟』&PSP『ひぐらしデイブレイク Portable(仮)』

 最後は、6月26日に発売するDS『ひぐらしのなく頃に絆 第一巻・祟』の紹介コーナー。中川プロデューサーが、今度は“北条沙都子”のコスプレをして再度登場し、本作の内容についての説明を行った。

 『ひぐらしのなく頃に絆』は、PC用同人ゲームとしてリリースされ話題を呼んだサスペンスノベル『ひぐらしのなく頃に』のDS移植作。DS版は全4巻構成で、原作やPS2版『ひぐらしのなく頃に祭』で登場した各話を再構成している。『第一巻・祟』では、鬼隠し編、綿流し編、祟殺し編の他、新規書き下ろしの「染伝し(そめうつし)編」が収録されている。

 中川氏によると本作のキモは、角川書店刊の漫画誌「コンプエース」で連載されていた「鬼曝し編」を原案とした「染伝し編」で、このシナリオでは音声がフルボイスになっているという。また、いとうかなこさんが歌う新しい主題歌「追想のディスペア」に加えて、新規のエピソードやCGが多数追加。これらすべてを、原作者の竜騎士07氏が完全監修するとのことだ。

「アルケ祭2008」
▲「染伝し編」は、基本的に「鬼曝し編」のストーリーをなぞっていくが、友だちや好きな人とのやりとりといった部分が細やかに描かれていくとのこと。

 また、ここでサプライズ発表が。中川氏の口から、『ひぐらしのなく頃に』を題材にした同人対戦ゲーム『ひぐらしデイブレイク』が、PSP用ソフトとして年内に発売されることが明かされた。本作は、アルケミストのPSP参入第1弾作品。お馴染みの登場キャラクターたちが3Dになって、2対2のタッグ戦を繰り広げるアクションゲームで、アドホックによる4人通信対戦も実装するとのこと。今後、徐々に詳細を発表していくとのことなので、『ひぐらしのなく頃に』のファンは続報を待とう。

「アルケ祭2008」
▲同人サークル・黄昏フロンティアと07th Expansionが共同制作を行った、3D対戦アクションゲームがPSPに登場!

 その後は、彩音さん、Kiccoさん、花澤香菜さん、諫山実生さん、桃井はるこさん、いとうかなこさんによる豪華生ライブが行われ、「アルケ祭2008」は終了した。ライブの曲目一覧は、下記を参照してほしい。

(C)2008 天野こずえ/マッグガーデン・ARIAカンパニー
(C)Alchemist
発売元:加賀クリエイト(株)
(C)2008 角川書店/ねこねこソフト/Alchemist
(C)Chuable soft/Alchemist
(C)AXL/Alchemist
(C)竜騎士07・07th Expansion/Frontier Works・Alchemist

■「アルケ祭2008」ライブコーナー曲目一覧(※歌手は敬称略)
 01.「嘆きノ森」(歌:彩音)
 02.「graceful way」(歌:Kicco)
 03.「Il Cielo」(歌:花澤香菜)
 04.「月のワルツ」(歌:諫山実生)
 05.「花ノ咲ク星」(歌:諫山実生)
 06.「R・G・B…」(歌:桃井はるこ)
 07.「LOVE.EXE」(歌:桃井はるこ)
 08.「escape」(歌:いとうかなこ)
 09.「Fine the blue」(歌:いとうかなこ)
 10.「追想のディスペア」(歌:いとうかなこ)
 11.「コンプレックス・イマージュ」(歌:彩音)※アンコール

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。