News

2008年4月21日(月)

新たな魔女容疑者はメイドさんとメガネっ娘 『どき魔女2』新情報をお届け♪

文:電撃オンライン

 SNKプレイモアは、7月31日発売予定のDS用ソフト『どきどき魔女神判2』の最新情報を公開した。

 本作は、ちょいワル気取りの主人公“西村アクジ”が究極の善人にするぞと天使界から脅されて、悪魔“クロ”と一緒に魔女探しをしていく、ちょっぴりエッチなアドベンチャー。シリーズ2作目となる本作では、タッチリアクションやサブイベントの密度はそのままに、メッセージをもとにアイテムを穴にはめたり、先に進むために仲間の魔女に協力してもらったりするなど、アドベンチャーゲームとしての要素が強化されている。

 今回明らかになったのは、魔女容疑者として登場する2人のキャラクターと、おまけ要素となる“逆パンダ”&“うさ丸”について。あわせて、魔法バトルのスクリーンショットもお届けするので、興味がある悪い人はチェックしてほしい。

■新たな魔女容疑者たち■

『どきどき魔女神判2』
 動植物の世話をはじめ、学園の雑務全般を任されているメイドさん。非常におっとりした性格で、誰に対しても優しく接する。大変な読書家らしく、学園の中庭で動物たちと一緒に本を読んでいる姿がよく目撃されている。  とてもおとなしい性格の少女。あまりに目立たないため、クラスメートからは無趣味、無個性だと思われている。クラスでも特に親しい友だちはおらず、必要以上に人目を避けて過ごしている印象を受ける。
「まぁ? また、いつもの魔女探しですのね。わたくしにも何か手伝えることが、あればいいのですが……」 「え……あの……魔女ですか? ……それよりもあなた、忍者とかに興味は……いえっ、なんでもないんですっ!」

■“逆パンダ”&“うさ丸”■

『どきどき魔女神判2』
前作にも登場した“逆パンダ”は、捕獲数に応じて「フリー魔女チェック」やエクストラエピソードなどのおまけ要素が楽しめる隠しキャラクターだった。今作では、そんな“逆パンダ”に加えてさらに発見が難しい“うさ丸”が登場する。もちろん今作でも“逆パンダ”や“うさ丸”を捕獲すると、その数に応じて隠し要素が開放されていくようだ。

■魔法バトル■

『どきどき魔女神判2』
こちらは魔法バトルのスクリーンショット。今作のバトルでは、タイミングよく攻撃するとMPが回復するなどの仕掛けが施されているようだ。また、エフェクト面もパワーアップしているとのこと。

(C)SNK PLAYMORE

データ

▼『どきどき魔女神判2』
■メーカー:SNKプレイモア
■対応機種:DS
■ジャンル:AVG
■発売日:2008年7月31日
■価格:初回限定スペシャルBOX 9,240円(税込)/通常版 5,040円(税込)
 
▼『どきどき魔女神判2』の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/17~04/23)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】驚愕!アップデートで有料ダウンロードコンテンツがサイレント修正「乱れ桜は春爛漫」の詳細【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】アステラ祭No.1の神クエスト!HR、痕跡、装飾品、竜玉、紅玉、宝玉が同時に収集できる「丘の上の雪見桜」【モンハンワールド】

  7. 7

    【MHW】大幅下方修正!最強のコンテスト大剣「竜熱機関式【鋼翼】改」がサイレント調整、影響は少なそう?【モンハンワールド】

  8. 8

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】マルチ!最強の鑑定武器狙いで「マム・タロト」をしばくモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  10. 10

    【MHW】発掘武器復活か?「鑑定武器」やマム・タロトの武器や防具、重ね着が生産可能に【モンハンワールド】