News

2008年5月30日(金)

「狼と香辛料」トークイベント開催! 合言葉「○○がもげるぞ」で会場は大興奮!!

文:電撃オンライン

 5月24日、東京都・墨田区にあるKFCホールにて、トークイベント「ほろろん祭り」が開催された。

 このイベントは、TVアニメ「狼と香辛料」のDVD第1、2巻を購入し、応募した人の中から抽選で250名を招待して行われたイベントで、ニッポン放送アナウンサー・吉田尚記を司会に、“ホロ”役の小清水亜美さんと“ロレンス”役の福山潤氏によるトークが繰り広げられた。以下に、その模様をレポート形式でお伝えしていく。なお、このイベントは後々DVDなどに特典として収録される予定はないとのこと。そういった経緯もあって、開幕後3分で下ネタが飛び出すなど、イベントでは出演陣による非常にフリーダムな発言が目白押しとなっていた。諸事情によってありのままお伝えすることは残念ながらできないが、行けなかったという人は、この記事で雰囲気だけでも味わっていただきたい。

 DVD購入者特典向けのイベントだったので、会場には1人で訪れた人がほとんど。そのせいか観客は緊張気味だったが、小清水さんと福山氏が登場するとワッと盛り上がった。ステージは、小清水さんと福山氏のコントのようなトークで幕開け。放送終了して2カ月が経つ「狼と香辛料」だが、福山氏によるとアフレコは2月の上旬には終わっていたのだとか。しかしその話を受けて、小清水さんは「そんなに早く終わってない!」と主張。結局、ドラマCDなどの収録もあったので、2月の中旬まで収録をしていたという話に落ち着いた。

「ほろろん祭り」
写真は福山氏(写真左)と小清水さん(写真右)のもの。このイベントには抽選で250名が招待されたが、1000名近い応募があったとのこと。北は北海道から南は鹿児島まで、全国の「狼と香辛料」ファンが集まった。

■クイズコーナー■

 一通りトークが終わると、出演者のサイン入り台本がもらえるクイズコーナーに移った。このコーナーは、キャラクターのセリフが一部隠された「狼と香辛料」本編の映像を見て、その隠された部分を来場者が答えるといったもの。第1問は“ロレンス”と“ホロ”の出会いのシーンから、“ホロ”のセリフを答える問題だった。アニメをしっかり見ていないと難しい問題だったが、ファンたちには簡単な問題らしくたくさんの手が上がっていた。指名されたファンは見事正解し、続いて第2問がスクリーンに映し出された。

 第2問は、本編第2話の“ホロ”のセリフがお題。「旦那様の○○が太くなりますように」と、出題者の意図が透けて見える問題が飛び出し、客席からは盛大な拍手が起こった。ボケるべきか否か困惑するファンたちだったが、小清水さんが「せっかくだから女性に答えてもらいましょう」と話し、手を上げていた女性が回答することに。当てられた女性は無事(?)に「キモ」と答え、会場はうれしいような悲しいような、不思議な雰囲気に包まれた。

 一息ついた後は、第3話でオトリになろうとする“ホロ”が、“ロレンス”に告げた「孤独は○○○○○病じゃ」を答える問題。正解は「死にいたる」で、観客も難なく答えていた。このまま終わるかと思いきや、再び「わっちに触れれば○○がもげるぞ」という実に答えにくい問題が登場。正解の「ナニ(がもげるぞ)」を来場者が答え、そのまま第5問に移る予定だったが、来場者が答えたがっている空気を察し(?)、吉田アナから「じゃあ全員で答えましょうか」という提案が持ち上がった。出演者はもちろん、観客たちもノリノリ。小清水さんの「わっちに触ると」に続けて、ファンたちは一斉に「ナニがもげるぞ!」と答えるのだった。

 アフレコの際、小清水さんは「ナニがもげるぞ」の意味がわからず誰かに説明を受けたそうだが、誰から説明してもらったかは覚えていないらしい。「少なくとも僕ではないですね」と強調する福山氏だったが、真相は語られずに終わってしまった……。

 盛り上がったクイズもいよいよ最終問題。第8話の“ノーラ”の第一声を答える問題に、これまで順調に答えてきた観客たちが初めて難色を示す。挙がっていた手もぐっと少なくなった。緊張感漂う中、当てられたファンが「よろこんで」と回答。しかし正解かどうかは出演者にもわからない……。そこで、“ノーラ”をもっともよく知る声優、“ノーラ”役の中原麻衣さんが「正解で~す!」の声とともにステージに登場した。

 ステージに現れるやいなや、「麻衣ちゃんもあのセリフ言ってみたかった?」と問いかけてきた小清水さんの言葉を受けて、「……なんか、先輩があんな感じだと後輩もこうなるんですね~」と同じ事務所に所属する福山氏と小清水さんをまとめて一刀両断! 会場を大いに沸かせていた。そんな中原さんの切れ味鋭いツッコミに、司会の吉田アナは「よかった! ツッコミ役が来た!!」と安堵していた。

 クイズになっていた第8話の「よろこんで」の部分について福山氏は「僕たち2人がすごいしゃべっていたのに(中原さんは)、「よろこんで~おつかれさまでした」だけだったよね(笑)」とコメント。続けて福山氏は「狼と香辛料」の収録で、必ず行われるある「セレモニー」の話へ。この「セレモニー」とは、台本に書いてある読み方の難しい漢字を収録前に皆で確認しておくといったものらしく、福山氏の意味ありげな視線を受けた小清水さんは「あの漢字検定は、わたしに振られているんじゃないよ!」と弁明した。小清水さんによるとセレモニーは“ゼーレン”役の浪川大輔氏のために行われていたようで、中原さんと小清水さんは「鍾乳洞のことを「れんにゅうどう」って言ってました」と浪川氏の代表的な読み違いを紹介。すると福山氏は「そう言っている小清水は昔、横暴のことを「よこぼう」って読んでたよね」と暴露し、笑いを誘っていた。

 そして話題は、本作の収録についてシフト。キャラクター同士の会話が中心に描かれていく本作について、吉田アナが「収録現場もキャストが少なかったようですが、どんな雰囲気でした? 関係が密になったりしたんでしょうか?」など収録の模様について訪ねた。すると中原さんは「もっぱらチョコレートを食べてました」と、一見意味の通らない返事を返し、福山氏は「関係は密になりましたか? もっぱらチョコレートを食べてました……その答えはどうなんだ!?」と会場の総意を伝える形でツッコむと、中原さんは「福山さんは言葉のウラを読もうとしないね」と切り返し、チョコレートを通じて小清水さんと中原さんが友情を育んでいたエピソードを披露した。しかし、小清水さんと中原さんは以心伝心だったものの、福山氏と吉田アナをはじめ会場の人たちをおいてけぼりになっていた。「わからんわ!」と言う福山さんに小清水さん&中原さんは「わたしたちAB型なんで」と謎の開き直り。即座に福山氏から「全国のAB型に謝んなさい!(笑)」とおしかりのツッコミを受けるハメに。

 そんなバツグンのコンビネーションを見せる小清水さんと中原さんは、小清水さんの家で一緒に遊ぶくらいの仲良しなのだとか。最近も仕事終わりに朝の4:00までおしゃべりしていたようだ。

■どっちがタイプ? “ホロ”VS“ノーラ”!■

 こちらのコーナーでは、「お嫁さんにするなら“ホロ”と“ノーラ”のどっちを選ぶか?」をテーマに、小清水さんと中原さんにそれぞれのキャラクターをアピールしてもらい、会場のお客さんにどちらかを選んでもらうことに。

「ほろろん祭り」
コーナー冒頭で「ちなみに」と切り出した中原さん(写真右)は、福山氏にどちらがタイプかを訪ねたが、福山氏は「“クロエ”です!」と余裕のリアクションを見せていた。

 最初はトークでお互いのセールスポイントをアピールしていたが、決着がつきそうにないので用意していた問題に答えていくことで、それぞれの魅力を伝えていくことに。最初の質問は「初デートで行くならどこ?」。中原さんは迷いながら「彼の部屋かな?」と回答。また“ノーラ”だったら「ドッグランドに行きたいと思うかもしれませんね」と答えていた。“ノーラ”&中原さん的には「ドッグ可の家じゃない人とは彼氏彼女にならない」らしく、そのことについて訪ねられた福山氏は「“ロレンス”的には馬がアリですからねえ(笑)。犬も可ですよ」とのこと。

 次に小清水さんは「トイレのあるとこですかねえ」と、会場中を「?」マークと笑いで埋めさせるような珍回答をお見舞いした。福山氏が「トイレのないとこってどこだよ!」と聞くと、小清水さんは「いきなりハイキングとかで山とか行くのは困りますね」と答えていた。また“ホロ”的には果樹園がオススメらしいが「わっち……、ごはんを食べに行ければそれでいいんじゃが」と、食いしん坊な“ホロ”らしいセリフで回答した。

「ほろろん祭り」
食事発言に「“ホロ”は金がかかりそうだね」と意見の一致をみた福山氏と中原さん。そんな2人に対して、気まぐれな小清水“ホロ”は「あ、わっち、アメ横に行きたい!」とかなりカオスな発言で会場に笑いを振りまいていた。写真の右に写っているのは、司会を担当した吉田アナ。

 第2問目は「初めてのキスのシチュエーションは?」。今度は小清水“ホロ”から答えることになり「“ホロ”だったら映画「わんわん物語」みたいに、何かを食べている時にチュってしちゃうかもしれないけど、どうでもいいやって感じになるかも(笑)」と、あまりロマンチックじゃない答え。中原さんは「カワイイ!……でも人間でやると王様ゲームみたいになるかもね」と返していた。そんなコメントで会場を現実に引き戻したところで、中原さんは「“ノーラ”なら“エネク(“ノーラ”が従えている牧羊犬)”と間接キス!」と、結構ハードルの高いシチュエーションをチョイス。「あっ……今のって間接キスですか……」と純情な“ノーラ”のセリフで再現したが、福山氏は「めんどくせー女だなぁ(笑)」とバッサリ。中原さん自身の答えは「わたしなら葛西臨海公園の観覧車のてっぺんでチューしたい!」というものだった。

 「観覧車のてっぺんでキス」――このシチュエーションに中原さんは強いこだわりがあるようで「観覧車の一番上って、一瞬だけ死角になるじゃないですか。そこを逃さずキスできる男の人だったら付き合ってもいいですね!」と力説した。会場の男性ファンにはピンと来ないようだったが、女性ファンの中には、中原さんの意見に大きくうなずく人も。

 ここでいよいよどちらをお嫁さんにするか拍手で決定することに。会場の拍手は“ホロ”7割“ノーラ”3割くらいだったが、悪ノリした中原さんが「じゃあ福山君と結婚したい人は?」と訪ねると、会場からは割れんばかりの拍手が! 想定外の反応に「なんで!? なんで!?」戸惑う小清水さんと中原さんだったが、そんな2人を尻目に福山氏は堂々と手を挙げて勝利(?)の余韻に浸っていた。

「ほろろん祭り」
見事勝利をもぎ取った福山氏。大きな歓声に応えて「ひとつ言っておく! ……俺の唇は柔らかいぞ!!」とノリノリの様子でコメントすると、ひときわ大きな歓声と拍手が。

 ここで、いったんトークは終了となり、DVD第3巻に収録されるTV未放送の第7話「狼と」を上映することに。上映後、再びステージ上に小清水さんが登場し、本作の収録で苦労した点などを語ってくれた。「狼と香辛料」の収録は、「役者としてやりがいのある仕事でしたが、とにかく自分との戦いでした」と語る小清水さん。収録の時間が経つにつれて「言いたいことややりたいことはいろいろあったんですが、だんだんと口がついていかなくなっちゃう」のだとか。逆によかった点を吉田アナに訪ねられると「「くりゃれ!」が言えるようになったこと」とうれしそうに教えてくれた。実際に吉田アナも「くりゃれ」と口にしていたが、大きい声で言おうとすればするほど、難しいようだった。

 収録に関するの話の後、小清水さんがDS用ソフト『狼と香辛料 ボクとホロの一年』の主題歌である「隣にいるよ」を歌うことに。「景気づけがほしいですね」と言う小清水さんは、「わっちに触れれば」で観客にコール&レスポンスを要求。すると観客もノリノリで「ナニがもげるぞ~!!」と応えていた。そんなコール&レスポンスに反して、歌自体はゆったりとした優しい曲調で、小清水さんは「曲とコールのテンションが全然あいませんでしたね(笑)。でも心はラクでした!」と苦笑。

「ほろろん祭り」
歌い終わった小清水さんは、DS用ソフトの初回限定版特典となる「ホロのわっちボイス入り巾着」の説明をしてくれた。この巾着にはなんと70パターン以上の“ホロ”の声が収録されており、ランダムで再生されるようになっている。カワイイ“ホロ”の声を楽しみたい人は、初回限定版を購入するといいだろう。

 イベントの最後に、出演者の3人はそれぞれ「「狼と香辛料」のゲームも6月に出ます。今日歌った歌に加えてもう1曲歌っているので、そちらもよろしくお願いします。土曜日は、文化放送で「A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン」もやってますのでヨロシク!!(小清水さん)」「こんな雰囲気でアニメもラジオも楽しくやらせていただきました。原作はまだまだ続いていますし“ロレンス”も馬でパッパカやってるから(笑)、どうぞ応援してやってください。そしたらまたどこかで会えるかもしれませんので(福山氏)」「今日は、本当に楽しかったです。皆さん、気をつけて帰ってくださいね。ありがとうございました!(中原さん)」と挨拶。そして1時間近く予定をオーバーして盛り上がったこのイベントは、出演者の「わっちに触れると」に対して観客が「ナニがもげるぞー!!」と大合唱して締めくくられた。

(C)支倉凍砂・メディアワークス/「狼と香辛料」製作委員会

データ

▼「狼と香辛料 DVD第3巻」
■発売元:ポニーキャニオン
■品番:限定パック PCBG-51161/通常版 PCBG-51178
■発売日:発売中(2008年5月30日)
■価格:限定パック 5,775円(税込)/通常版 4,935円(税込)
 
▼「狼と香辛料 DVD第3巻<限定パック>」の購入はこちら
Amazon
 
▼「狼と香辛料 DVD第3巻 通常版」の購入はこちら
Amazon
▼「狼と香辛料 DVD第2巻」
■発売元:ポニーキャニオン
■品番:限定パック PCBG-51160/通常版 PCBG-51177
■発売日:発売中(2008年4月25日)
■価格:限定パック 5,775円(税込)/通常版 4,935円(税込)
 
▼「狼と香辛料 DVD第2巻<限定パック>」の購入はこちら
Amazon
 
▼「狼と香辛料 DVD第2巻 通常版」の購入はこちら
Amazon
▼「狼と香辛料 DVD第1巻」
■販売:ポニーキャニオン
■発売日:発売中(2008年4月2日)
■価格:通常版6,500円(税込)/限定パック7,140円(税込)
 
▼「狼と香辛料 DVD第1巻<限定パック>」の購入はこちら
Amazon
 
▼「狼と香辛料 DVD第1巻 通常版」の購入はこちら
Amazon
▼『狼と香辛料 ボクとホロの一年』
■メーカー:アスキー・メディアワークス
■ジャンル:SLG
■対応機種:DS
■発売日:2008年6月26日
■価格:初回限定版 7,770円(税込)/通常版:5,040円(税込)
 
▼『狼と香辛料 ボクとホロの一年』初回限定版の予約・購入はこちら
Amazon
 
▼『狼と香辛料 ボクとホロの一年』通常版の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。