News

2008年6月13日(金)

乙女ゲー『ブラザーズ』ドラマCD第1弾に出演するお兄ちゃんたちの声をお届け♪

文:電撃オンライン

 女性向けCDレーベル・Luv Recordsより6月25日に発売される、ドラマCD「ブラザーズ ~Always With Me!~ Vol.1」。本作のメインキャスト陣に、インタビューを行った。

 このCDは、PCゲームブランド・ティアラモードが制作した乙女ゲーム『ブラザーズ~恋するお兄さま~』をドラマCD化したもの。元使用人の“影山”が、春日家の長男として家族に受け入れられていく過程を描いた、音声ドラマ「お兄ちゃんルール」が楽しめる。

 主要キャストには、一条和矢氏(“影山聡史”役)、壬生浪士氏(“春日総一郎”役)、鷹取玲氏(“春日雪斗”役)、谷山紀章氏(“春日昴”役)、川田紳司氏(“春日由鷹”役)など豪華声優陣が起用されている。今回、この5名にお話を伺ったので、以下に掲載する。

「ブラザーズ ~Always With Me!~ Vol.1」

――収録中に印象に残ったことや、現場でおもしろかったエピソードを教えてください。

一条氏:『ブラザーズ』出演者が一同に会したのは初なので、どうなるかと思いましたが、何てコトはない、皆一様にキャラ作りバッチリ! さすがです。あ、おもしろいこと? 谷山と川田が関東地図を広げてチャリンコツーリング談義してるのが……(笑)。

壬生氏:収録がとてもスムーズで、気持ちがよかったです。

鷹取氏:本番中、台本6ページ目が行方不明になりました。出番がそこからだったのに、収録止めちまいました。

谷山氏:自分がこんなにも地図フェチだとは思いませんでした。休憩中に23区の地図ばかり見ていました。

川田氏:スタジオまで自転車で来ました。道に迷いました。間に合いました。

――本作のキャラクターを演じる際に、注意していることを教えてください。

一条氏:他のキャラクターが個性的なので、自分はゲームでの“影山”調を貫きました。そのぶん、抑えた口調が苦しかった。特に「“雪斗”様(せつとさま)」が言い難いったら(笑)。

壬生氏:1mmの感情の揺れ。

鷹取氏:のらりくらり、テンションを上げない。

谷山氏:なんかボソボソと……。

川田氏:元気に! 若く!

――ある日突然妹ができたとしたら、どんな風に呼ばれたいですか?

一条氏:「どっから声出しとんねん」みたいな高い声で、お兄様。

壬生氏:お兄ちゃん。

鷹取氏:名前呼び捨て。

谷山氏:お兄様。

川田氏:しんじたん。

――ファンの皆さんの「お兄ちゃん」になったつもりで、メッセージをお願いします。

一条氏:お待たせ、やっとできたよ、『ブラザーズ』のCD。楽しみにしてね。

壬生氏:どこ行く? 好きなとこ連れてってやるぞ♪

鷹取氏:お兄ちゃんたちを堪能するんだよ♪

谷山氏:お兄ちゃん頑張ってっからさ、よかったらオマエも聴いてくれよなっ!

川田氏:お前とデートしていいのは、お兄ちゃんだけだからな!

(C)Tiaramode/eants Inc.

データ

▼「ブラザーズ ~Always With Me!~ Vol.1」
■発売元:Luv Records
■販売元:ビートニクス
■品番:BNLV-1009
■発売日:2008年6月25日
■価格:3,000円(税込)
 
■「ブラザーズ ~Always With Me!~ Vol.1」の予約・購入はこちら
Amazon
▼「ブラザーズ ~Always With Me!~ Vol.2」
■発売元:Luv Records
■販売元:ビートニクス
■品番:BNLV-1010
■発売日:2008年8月27日
■価格:3,000円(税込)

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。