News

2008年6月19日(木)

【まり探】これぞ至高の迷作!? 『DS湯けむりサスペンスシリーズ』の魅力に迫る!

文:電撃オンライン

『DS湯けむりサスペンスシリーズ フリーライター橘真希「洞爺湖・七つの湯・奥湯の郷」取材手帳』の購入はこちらから

Amazon.co.jp
 「まり蔵探偵事務所」

 新作旧作問わず、さまざまな推理・ホラー・サスペンス系のアドベンチャーゲームを紹介していく「まり蔵探偵事務所」。今回取り上げる作品は、日本最大手の地図メーカー・ゼンリンから今年4月に発売された、『DS湯けむりサスペンスシリーズ フリーライター橘真希「洞爺湖・七つの湯・奥湯の郷」取材手帳(以下、DS湯けむりサスペンスシリーズ)』です。タイトル長っ!



●『DS湯けむりサスペンスシリーズ』を遊ぶためにニンテンドーDSを購入!


どもです、『ポートピア連続殺人事件』をファミコンでプレイして以来、コマンド総当たりタイプのAVGを愛してやまない、まり蔵所長です。
初めてプレイしたAVGは、ファミコンの『ミシシッピー殺人事件』でした。ナイフを避けられるようになるまで、1週間かかりました。今年で24歳の助手・ごえモンです。
ふっふっふっ、ごえモンくん! おもしろいミステリーAVGがあるんだが!
おもしろいミステリーと言われたらやらないワケにはいかないですね。ん? 湯けむりサスペンス……フリーライター……七つの湯? なんですか、このB級テイストあふれるタイトルは。
いいタイトルでしょう♪ 心躍るでしょう! 温泉ミステリーですよ!!
しかもDS……。ぶっちゃけるとですね、僕、DSを持ってないんですよ。
あぁ!? DSで大量のAVGが出ているこのご時世に!? というか、前回もDSタイトルだったはずだけど?
あの時は、りえぽん先輩からDSを借りました。なので、今回は他の機種のタイトルを……。
……買えばいい。
は?
ハードを持ってないなら、買えばいいじゃない! 今すぐDSを買ってこーい!!
『DS湯けむりサスペンスシリーズ』 『DS湯けむりサスペンスシリーズ』
『DS湯けむりサスペンスシリーズ』 『DS湯けむりサスペンスシリーズ』
『DS湯けむりサスペンスシリーズ』 『DS湯けむりサスペンスシリーズ』
▲全3話で構成される『DS湯けむりサスペンスシリーズ』。第1話はライターの“橘真希”、第2話はカメラマンの“木村聡美”、第3話はモデルの“青木友梨”をメインに、温泉街を舞台にしたサスペンスストーリーが展開します。もちろん、お色気(?)入浴シーンも!


●冒頭から驚愕必至!? 珠玉のオープニング映像に刮目せよ!!


よもや、この作品のためにDSを買うことになるとは……。しかし、本作の実写表現のおもしろさっぷりは半端ないですね。
冒頭のオープニング映像から、クオリティ高すぎだよね。ヒロインの叫び声や、おどろおどろしいBGMも秀逸で。
登場人物たちの表情がとにかく光っていました。この映像を見ちゃうと、今後の展開に期待せざるを得ない。
ごえモンくんお気に入りのキャラクターは?
そんなの、カメラマンの“聡美”に決まってるでしょう! “聡美”のかわいさは異常です。“聡美”かわいいよ“聡美”!
ですよねー。一見ダルそうに見えて仕事には熱い“聡美”は、いいキャラクターだったね。主人公“真希”に対する突っ込みもキレキレで、ふてくされた顔もかわいかったし。
そうですね! “聡美”がメインの第2話は、本当に楽しくて楽しくて。もうこのゲームは、“聡美”のためのゲームと言っても過言ではないと思います!
なんなんだ、この“聡美”至上主義は……。
『DS湯けむりサスペンスシリーズ』 『DS湯けむりサスペンスシリーズ』
▲「まり蔵探偵事務所」で最強の人気を誇る、カメラマンの“聡美”ちゃん。かわいい顔して「ウンコ」とか、平気で口にしちゃうところに惚れた!
『DS湯けむりサスペンスシリーズ』 『DS湯けむりサスペンスシリーズ』
▲“聡美”といい“真希”といい、かなりギリギリの表情を……。まり蔵的には、“友梨”の腹黒~い感じの笑顔も好きでした。
『DS湯けむりサスペンスシリーズ』 『DS湯けむりサスペンスシリーズ』
▲メイン3人を支える脇役陣も、非常に濃ゆかったです。“真希”のストーカー“ハンニバル”や、勤める先々でことごとく事件に巻き込まれる仲居“九十九里”さんなどレギュラー陣(?)をはじめ、各話のゲストもいい味出していました。


●まさにゼンリンの真骨頂! 移動マップが詳細すぎる……

このゲーム、制作がゼンリンだけあってマップのクオリティが高すぎだよね。
本編の移動マップも凝っていましたが、ゲームクリア後に追加される「真希の取材手帳」の地図は特にすごかったですね。本領発揮って感じでした。
あと、ゲーム中に登場する“ぜんりんたろう”……じゃなくて“善隣太郞(みよしりんたろう)”の、ここまで自社をアピールする姿勢は、いっそ清々しい。
“善隣太郞”の存在はアリだと思います。意外なところで物語に絡んでくるし。ただ、推理パートは……かなりぬるめでしたね。
推理パート? このゲームに推理パートってあったっけ?
1章にクイズとかあったじゃないですか!
あー、何度間違えてもOKだったけどね。一定回数間違えると、正解地点に飛ばされるし。
3章では、選択肢が出てきましたよ! 選択肢を間違えるとバッドエンドでしたよ!
あー、あれは驚いたね。怪しいなあと思う選択肢を選んだら、見事死亡しちゃって。
それでいいんですよ。AVGファンなら、怪しい選択肢を選ぶべきなんです。そして死亡するべきなんです。もちろん、直前でのセーブは忘れずに。
真理ですな。
しかし、終わってみれば、推理なんかどうでもいいくらいの名作でしたよ。

『DS湯けむりサスペンスシリーズ』 『DS湯けむりサスペンスシリーズ』
▲制作スタッフのこだわりが感じられる移動マップ。地図記号もバッチリ。また、“善隣太郞”さんの愛社精神あふれるパフォーマンスには感服しました。でも、バックのバラはいかがなものかと。
『DS湯けむりサスペンスシリーズ』 『DS湯けむりサスペンスシリーズ』
▲非常に親切な仕様の推理パート。間違えた場所を選んでも、ペナルティなんてありません。「推理が苦手な人も大丈夫!」と思っていたら、第3話では選択肢を間違えるとバッドエンドに……。


●続編は『DS湯けむりサスペンスシリーズ フリーカメラマン木村聡美』で!

『DS湯けむりサスペンスシリーズ』と銘打っているからには、第2弾、第3弾と続くわけですよね?
そうだと信じたい。次回作のタイトルは、当然『DS湯けむりサスペンスシリーズ フリーカメラマン木村聡美』!
で、第3弾が『DS湯けむりサスペンスシリーズ フリーモデル青木友梨』と。
夢は広がりますなあ。
そして、やる気があるのかわからない刑事たちに代わって、まり蔵探偵事務所の我々を起用してほしい!
そ、それは……かなり無謀なのでは……。
あ、そうだ。クリア後にギャラリーページが追加されなかったのが、非常に残念でした。
確かに! せっかくおもしろ画像が満載なのに、もったいないよね。
ゼンリンさん、次回作ではぜひギャラリーページを!
よろしくお願いします!!

『DS湯けむりサスペンスシリーズ』 『DS湯けむりサスペンスシリーズ』
▲エンドロールでは、なんと本作の撮影風景が! 全部クリアした人には、たまらんおまけです。ゼンリンさん、ぜひ続編をお願いします!

(C)2008 ZENRIN CO.,LTD.All Rights Reserved.

データ

▼『DS湯けむりサスペンスシリーズ フリーライター橘真希「洞爺湖・七つの湯・奥湯の郷」取材手帳』
■メーカー:ゼンリン
■対応機種:DS
■ジャンル:AVG
■発売日:発売中(2008年4月24日)
■価格:3,990円(税込)
 
■『DS湯けむりサスペンスシリーズ フリーライター橘真希「洞爺湖・七つの湯・奥湯の郷」取材手帳』の購入はこちら
Amazon TSUTAYA online

関連サイト


AVG紹介コーナー“まり蔵探偵事務所”

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。