News

2008年6月23日(月)

攻略のカギは目玉おやじの茶碗風呂!? 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』7.10発売

文:電撃オンライン

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』

 バンダイナムコゲームスは、7月10日にDS用ソフト『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』を発売する。価格は5,040円(税込)。

 本作は、“鬼太郎”を操ってさまざまな妖怪に立ち向かうアクションゲーム。プレイヤーは、原作コミックやアニメでお馴染みの「鬼太郎アクション」を駆使しながら、「ある妖怪」の企みによって引き起こされた大事件を解決することになる。

 ここでは、本作のストーリーやメインキャラクター、敵キャラクターの紹介に加えて、多彩な「鬼太郎アクション」をはじめとする各種ゲームシステムを紹介する。

■ ストーリー ■

 ある日“鬼太郎”は、“目玉おやじ”の入浴剤の素材を探すために、ゲゲゲの森へ入った。彼はそこで、森の奥に捕らえられていたはずの凶暴な妖怪“邪魅(じゃみ)”に出くわす。“邪魅”が地上に出る前に何とか倒した“鬼太郎”だったが、それから彼の周辺でつぎつぎと異変が起こる。妖怪横丁から姿を消した仲間たち、そして続々と復活する凶悪な妖怪たち……背後にうごめく黒幕とは?


■ メインキャラクター ■

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【鬼太郎&目玉おやじ】ゆうれい族の生き残りである“目玉おやじ”と“鬼太郎”。妖怪横丁に住む仲間と、事件解決を目指す。【ネコ娘】興奮すると化けネコの顔になる女の子の妖怪。アルバイトをしながら、“鬼太郎”のために情報を集めている。【ねずみ男】人と妖怪の間に生まれた半妖怪。“鬼太郎”や“目玉おやじ”をトラブルに巻き込んでしまうことが多い。
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【砂かけばばあ】たくさんの砂を使い分ける妖怪。砂を使った占いや妖術が得意で、何度も“鬼太郎”たちを助ける。【子泣きじじい&一反もめん】“子泣きじじい”は、赤ん坊の声で泣きながら身体を石化する妖怪。“一反もめん”は、一反ほどの長さの白い木綿の姿をした妖怪だ。【ぬりかべ】“鬼太郎”たちを守るためのカベになったり、身体の大きさと重さを生かして、敵を押しつぶたりできる妖怪。

■ 敵キャラクター ■

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【ぬらりひょん】多くの妖怪を手下として使い、“鬼太郎”に何度も戦いを挑む日本妖怪の親玉。さまざまな策略で“鬼太郎”を苦しめる。【朱の盆(しゅのぼん)】一本角が生えた大きな赤い顔と、耳まで裂けている口を持つ妖怪。“ぬらりひょん”の子分として数々の悪事を働く。【がしゃどくろ】亡者が集合して生まれた、大きなガイコツの姿の妖怪。人間を誘い出して食べるという。弱点は顔で、特に目が弱い。
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【牛鬼(ぎゅうき)】牛の頭とクモの身体を持つ妖怪。自分を退治した者に取り憑く能力を持っている。【大百足(おおむかで)】大きなムカデの妖怪。「謎の妖怪」が合体した姿で、夜にしか行動できない。頭を踏みつけられるのに弱いらしい。
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【バックベアード】西洋妖怪をまとめるボス。目から出す光線で相手をほん弄するやっかいな相手だが、同時に目が弱点でもある。【水虎(すいこ)】カッパと似た姿をしているが、カッパより大きく凶暴な妖怪。人間を水中に引き込み、霊魂を食べてしまう。

■ 鬼太郎アクション ■

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【髪の毛針】攻撃力は弱いが連射ができ、移動、ジャンプ、しゃがみながらでも使用可能。ただし敵を貫通しないので、敵1体に対してのみ有効だ。
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【リモコン下駄】攻撃力が高く、敵を貫通するので複数の敵を一度に攻撃可能。真上や斜め上などにも撃てるので、空中に浮遊する敵を狙い撃ちすることもできる。また岩などを砕くこともできるが、発射すると戻ってくるまで使用できない。
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【チャンチャンコ】高いところから飛び降りたりジャンプしたりながらチャンチャンコを開けば、長距離の空中移動や通常ジャンプでは飛び移れない場所への移動が可能。また、飛びながら毛針やゲタで攻撃できる。空中で狙いを定めて急降下すれば、着地と同時に敵を踏みつけて倒すこともできる。また地上では防御アイテムとしても使える。タイミングよく防御すれば、攻撃を跳ね返して敵に当てて倒すことも可能だ。
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【体内電気】ステージ内にある「霊玉(れいぎょく)」を100個集めると体内電気が使えるようになる。体内電気の発動中は無敵となり、敵に触れただけで倒すことが可能。敵の攻撃が当たっても、トゲトゲの床の上でもダメージを受けない。毛針や下駄などの攻撃もパワーアップする。ただし電気を使う敵には効かないので注意が必要だ。

■ おやじ風呂 ■

 ステージ内にある「入浴用素材」を入手すれば、“目玉のおやじ”を「茶碗風呂」に入れてあげることが可能。“目玉のおやじ”を風呂に入れると、“鬼太郎”がパワーアップする。パワーアップする要素は、HP、無敵状態、毛針、リモコン下駄の中からどれか1~2つ。その効果は、入浴素材と“目玉のおやじ”のお湯の気に入り具合によって上下するとのこと。新しいステージに進む前や激戦が予想される場合には、必ず“目玉のおやじ”を「茶碗風呂」に入れておこう!

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
▲「茶碗風呂」シーンは、なんとフルアニメーション&フルボイス! お風呂の出来次第で、“目玉おやじ”の表情やコメントも変化する。
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
▲2種類の素材をまぜることもできる。さらなる効果アップを目指して、「アールグレイ」と「オレンジジュース」をミックスさせるなどして、オリジナルのお湯を探してみよう。

■ ボス戦 ■

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【邪魅(じゃみ)戦】長い舌を伸ばしたり、巨大な拳を振り下ろしたりしながら攻撃してくる“邪魅”。ジャンプやチャンチャンコで攻撃をよけながら、髪の毛針やリモコン下駄でダメージを与えることによって、倒すことができる。
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【大百足(おおむかで)戦】“大百足”は、地面にいると尻尾でも攻撃を仕掛けてくる。頭を倒しながら倒れこんでくるので、その時を狙ってチャンチャンコから急降下して頭を踏みつけよう。
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【牛鬼(ぎゅうき)戦】“牛鬼”は、クモの糸を口から吐いて攻撃してくることに加え、石化して上空から岩を落としてくる。それらを避けつつ攻撃し、最後は“鬼太郎”に取り憑くために追いかけてくる「霊体」を箱まで誘導して、封印しよう。
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』 『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
【がしゃどくろ戦】地面から、いくつもガイコツの手を出して“鬼太郎”に襲いかかってくる“がしゃどくろ”。常にジャンプで移動しながら、向かって左にある建物の上まで登り、そこからパラシュートで降りつつ、顔や目を狙って攻撃を繰り返そう。

■ 予約特典アイテム ■

 本作の予約特典は、“鬼太郎”が着ているチャンチャンコと同じ柄の「チャンチャンコ柄ポーチ」。“目玉おやじ”が横になっている、キュートなデザインとなっている。なお、アイテムの数には限りがあるとのことだ。

『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)2008 NBGI

データ

▼『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:DS
■ジャンル:ACT
■発売日:2008年7月10日
■価格:5,040円(税込)
 
■『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦』の予約・購入はこちら
Amazon TSUTAYA online

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。