News

2008年6月25日(水)

ギャグあり、お色気あり、ホロリあり!? TVアニメ「恋姫†無双」アフレコレポ!

文:電撃オンライン

 7月より放送がスタートするTVアニメ「恋姫†無双」。第2話のアフレコが、都内のスタジオで行われた。

 「恋姫†無双」は、美少女ゲームブランド・BaseSonからリリースされているPC用AVGをアニメ化した作品。中国の伝記「三国志」に登場する武将が、すべてかわいい女の子になっているのが特徴だ。TVアニメはゲームとは異なるストーリーが展開するそうなので、原作をプレイ済みの人も楽しみにしていよう。

 本編第2話のアフレコ終了後、本作に参加するキャスト陣にインタビューを行った。インタビューに答えてくださったのは、“関羽”(真名は“愛紗”)役の黒河奈美さん、“張飛”(真名は“鈴々”)役の西沢広香さん、“趙雲”(真名は“星”)役の本井えみさん、“公孫賛”役の河原木志穂さんの4人。以下に、その模様を掲載するのでご覧いただきたい。

「恋姫†無双」

――まず最初に、ご自身の演じられるキャラクターについて教えてください。

黒河さん:“愛紗”はとてもまっすぐで、強い女の子です。黒髪のポニーテールがチャームポイントですね。後に“張飛”という女の子と出会って、武者修行に出ます。

西沢さん:“関羽”と姉妹の契りを交わした妹分です。子どもっぽく無邪気なんですが、とっても大きな「蛇矛」という武器を振り回す、強いコです。

本井さん:真に仕えるべき主を探す途中で、“関羽”たちと出会って一緒に旅をすることになります。

河原木さん:ひと言で言うとちょっと残念なコでした。やる気満々なのに空まわりしてしまい、結局なんの役にも立たないという……。

――現場の雰囲気はどのような感じでしょうか? 2話目のアフレコを終えての感想などもお願いします。

黒河さん:初回は第1回目ということもあって、皆大人しかったかなと思います。2話は、女の子が増えてキャッキャと明るく楽しい雰囲気になってきました。次回は倍以上の女の子が出てくるらしいので、楽しみです。

西沢さん:第1話は、“鈴々”の生い立ちが描かれていて、台本をいただいた時に切ないものを感じてはらはら涙してしまいました。それからは、“鈴々”は元気元気に楽しくやっています。賊の人たちもおもしろいですね。

本井さん:2話からの参加だったので、皆さん元気ですねという感じでした(笑)。生き生きとしていていいなと思いました。“愛紗”と戦うシーンがあってうれしかったです。

河原木さん:私も今日から参加したんですが、初めてきても入りやすい、いい現場でした。あと、難しい漢字が多いですね。昨日何時間もかけて調べたのに、間違っちゃったり。“公孫賛”とか、ちゃんと言えてても間違っているような気になってしまいました。

――本作をひと言で表すとどんな感じになりますか?

黒河さん:中国の史実「三国志」に登場する武将が、全員女の子になって登場する作品です。ギャグあり、お色気あり、ホロリとするところもあり。

河原木さん:ポロリじゃなくて?(一同笑)

黒河さん:ポロリもあるかもしれませんけど(笑)、ホロリとするところもある一大エンターテイメントアニメです。

西沢さん:やっぱり「三国志の勇猛果敢な武将がすべて女の子に!」というのが1番わかりやすいんじゃないでしょうか。

本井さん:いろんな女の子が暴れ回っている、パワーのある作品です。

河原木さん:おもしろい作品です。

――この作品の見どころ、魅力について教えていただけますか?

黒河さん:では“関羽”的に見て、見どころを。さっき持ち武器があるという話があったんですが、“関羽”は大きい刀「青龍偃月刀」を持ってるんです。それを、いつも肌身離さず敵を切り倒していきます。“関羽”は、小さい頃に親が死んでしまい、その上一緒に住んでいた兄も殺されているので、その「悪」、乱世に立ち向かう使命があります。なので、ここは許せない、ここは悪だと判断したものに対しては、「青龍偃月刀」を振りかざして立ち向かっていきます。

西沢さん:“鈴々”は、寂しい気持ちを抱えながら腕っぷしだけで生きていたんですが、やっと姉の“愛紗”と出会うことができて、つき従って世直しの旅に出ます。きっと“鈴々”は今、楽しくやっていると思います。甘えん坊なところと、「蛇矛」を振り回して戦う勇猛果敢なところを楽しんでもらえたらと思います。

本井さん:華奢でかわいい女の子たちが、大きな武器を振り回して大きな敵をバッサバッサと倒していく、爽快なところや痛快なところが見どころだと思います。

河原木さん:ほとんど出つくしているかと思うんですが(笑)。ギャグですかね。泣かせるところも、笑わせるところもあって。それぞれのキャラクターの立ち位置がその都度変わっていくのもおもしろいですね。あと個人的には、第3話の予告を聞いてほしいです(笑)。

――女の子同士の「友情」と「愛情」でしたら、どちらのウェイトが大きいでしょうか?

黒河さん:友情か愛情ですか。うーん……「忠義」。本来だと“劉備”がいての“関羽”なんですが、ここは悪に対する正義への忠義心、でいかがでしょうか。

西沢さん:“鈴々”から見ると、完全に愛なのではないかと(笑)。母のように、姉のように、恋人のように“関羽”を慕って無邪気にくっついている愛だと思います。一生懸命に愛したくて愛されたくて……みたいな感じですね。

本井さん:“星”はあまり嫉妬心がないので、友情を大事にしているような気がしました。

河原木さん:客観的に他のキャラクターを見ていると友情の方が強そうなんですが、個人的には愛情に行ってほしいなと思っています。私のキャラクター的には、友情も愛情もなく、「やる気」みたいな感じでした(笑)。

――「三国志」の中で、好きなキャラクター(武将)を教えてください。

黒河さん:私は今まで夏侯惇と答えていたんですが、最近ちょっと知った郭嘉が気になっています。とても頭の切れる人なんです。

西沢さん:私はちょっと気になるキャラクターがいて。曹操が女の子になったらどんな人になるんだろうという興味があります(笑)。

本井さん:(「恋姫†無双」では)“孔明”が、一般的なイメージとのギャップが大きくて(笑)。でもちゃんと頭がよくて、やることはやるんですよね。

河原木さん:「三国志」の登場人物の中だと賈ク文和ですね。どういう感じに描かれるのか、描かれることはないのか、気になっています(笑)。

――最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

黒河さん:初回からとても勢いのある作品に仕上がっていると思います。出演者の熱も日に日に増しています。これからどんどんかわいいキャラクターが出てくるんですが、それぞれのキャラクターに過去があることを頭のどこかに置いて見てもらえると、考えさせられるセリフなども出てくると思います。ぜひそのあたりも楽しんでほしいです。

西沢さん:とっても楽しくて、パワーと元気に満ち溢れた作品になっていると思います。そして今後もそうしたいと思っていますので、よろしくお願いします。たくさんの武将が出てきますので、すっごいツボにハマるキャラクターがいるんじゃないでしょうか!

本井さん:“張雲”は、物事を斜めに見ておもしろがっているようなところがあるんですけど、私自身も楽しんで、盛り上げていけたらと思います。

河原木さん:それぞれの役にこだわった演出がついているんです。声優側も濃いキャラクターが出てくると思いますし、絵もかわいくキャラがたっていますので、そういうところも注目してほしいですね。

――ありがとうございました。

 なお、7月26日には「恋姫†無双」のコミック第2話が掲載された「電撃G’s Festival! COMIC Vol.3」も発売される。こちらもあわせてチェックしてほしい。

(C)BaseSon・恋姫無双製作委員会 2008

■TVアニメ「恋姫†無双」
【放送局】TOKYO MX、テレ玉、チバテレビ、テレビ愛知、KBS京都
【放送開始日】
 TOKYO MX……7月8日より毎週火曜 26:00~
 テレ玉……7月14日より毎週月曜 25:00~
 チバテレビ……7月8日より毎週火曜 26:15~
 テレビ愛知……7月10日より毎週木曜 26:28~
 KBS京都……7月10日より毎週木曜 26:00~
※放送日時は変更になる場合がある。

【スタッフ】(※敬称略)
 監督:中西伸彰
 シリーズ構成・脚本:雑破業
 メインキャラクターデザイン・総作画監督:大島美和
 キャラクターデザイン・総作画監督:平塚知哉
 制作:動画工房
 他
 
【キャスト】(※敬称略)
 “関羽”役:黒河奈美
 “張飛”役:西沢広香
 “諸葛亮”役:鳴海エリカ
 “趙雲”役:本井えみ
 “馬超”役:小林眞紀
 “黄忠”役:雨宮侑布
 “曹操”役:前田ゆきえ
 “夏侯惇”役:浅井晴美
 “夏侯淵”役:吉田愛理
 “荀彧”役:壱智村小真
 “許緒”役:澄田まりや
 “孫権”役:櫻井浩美
 “孫尚香”役:ひと美
 “甘寧”役:田中涼子
 “陸遜”役:やなせなつみ
 “周喩”役:瑞沢渓
 “大喬”・“小喬”役:結本ミチル
 “董卓”役:いのくちゆか
 “呂布”役:萩原えみこ
 “賈駆”役:友永朱音
 “華雄”役:西沢広香
 “袁紹”役:加藤雅美
 “文醜”役:神崎ちろ
 “顔良”役:羽月理恵
 他

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。