News

2008年7月7日(月)

『ソウルキャリバーIV』のモード&システムを大公開! 解説コミックも掲載

文:電撃オンライン

 バンダイナムコゲームスは、7月31日にPS3とXbox 360で発売予定の武器格闘アクションゲーム『ソウルキャリバーIV』の新情報を公開した。

 『ソウルキャリバーIV』は、「三すくみ」を基本とした奥深い駆け引きと、臨場感あふれるグラフィックによって、多くの格闘ゲームファンをとりこにしている武器格闘アクションゲーム『ソウルキャリバー』シリーズの最新作。全世界でシリーズ累計1000万本以上のセールスを記録するなど、日本だけでなく海外での評価も高いタイトルだ。

 今回、本作のゲームモードとシステムについての情報が公開されたので、以下でお伝えする。

●「SINGLE PLAYER MODE」

 1人用のモードで「STORY」、「TOWER OF LOST SOULS」、「ARCADE」、「TRAINING」の4種をプレイできる。

 「STORY」では、キャラクターごとに霊剣「ソウルキャリバー」と邪剣「ソウルエッジ」をめぐる物語を体験できる。アクティブマッチングバトルでは、多数の敵味方が入り乱れてのノンストップバトルが楽しめる。キャラクターによっては、途中で味方キャラクターが参入したり去っていったりするようだ。

キャラクターと一体になって冒険の世界へと足を踏み入れ、双極の剣のゆく末を見定めることができる「STORY」。ストーリーに絡む専用のキャラクターも登場し、予想を覆す結末が待っていることもあるという。

 「TOWER OF LOST SOULS」は、各フロアで待ち構える敵を倒し、塔の制覇を目指して1人でじっくりやり込んでいく。「サバイバル」&「ミッションバトル」の要素がある2種類のゲームを搭載している。攻略するにはテクニックだけではなく、キャラクタークリエイションがカギになるという。

このモードでは、「塔に登る」と「地下に降る」の2つのゲームを選択可能。フロアには宝箱があり、クリエイションのパーツやGoldなどが入っている。なお、フロアが変わっても体力ゲージは回復しないので、慎重なプレイが要求される。

 「ARCADE」では、全8ステージでCPUと対戦する。特定の攻撃や行動をするとスコアを獲得できる。このスコアはオンラインでランキング集計される。

相手への攻撃方法によっても獲得できるスコアが変わるこのモード。ステージクリア時の残り体力やタイムによって、ボーナススコアも獲得できるようだ。

 最後の「TRAINING」は、条件を細かく設定して操作の練習をすることができるモード。相手の状態や行動の設定、技再生から各ゲージやスキルの設定など、多様なメニューを搭載している。

さまざまな設定に加え、リプレイ機能も搭載されているので後から見直すことも可能。ゲームを始めたばかりの初心者からシリーズをやり尽くした上級者まで、幅広くサポートしている。

●「VS MODE」、「ネットワークモード」

 この2つのモードでは、2種類の対戦を行える。「STANDARD」もしくは「VS STANDARD」では、武器やパーツの効果を使用しない従来の対戦形式で戦うバトルを、「SPECIAL」もしくは「VS SPECIAL」では、武器やパーツ、スキルなどの効果を使用して戦うバトルを体験できる。なお、VSの文字がついているのが「ネットワークモード」における表示で、PS3版では「PLAYSTATION Network」に、Xbox 360版は「Xbox LIVE」に接続し、世界中のプレイヤーと対戦できる。

●「CHARACTER CREATION」

 キャラクター選択画面からレギュラーキャラクターのカスタマイズか、オリジナルキャラクターの作成を選択できるのがこのモード。前作にもあったこのモードだが、体格や筋肉の編集、声の音程までできるようになり、さらにキャラクターの個性をつけられるように進化している。なお、作ったキャラクターに関しては、上記のさまざまなモードでの使用が可能だ。

生み出したキャラクターに特殊な能力をつけられる「CHARACTER CREATION」。なお、ゲームをプレイしてGoldを貯めていくと、武器や防具などを購入できるようになり、さらにさまざまなバリエーションをつけられるようになる。

●「MUSEUM」

 キャラクターのイラストなどをGoldで購入したり、キャラクター同士の相関図を確認したりすることができる。キャラクター同士の関係や、プロフィール、ストーリーを鑑賞することが可能だ。

キャラクター相関図をひと目で見ることができ、イベントシーンや映像を観賞することが可能。これまでのシリーズを知らない人も安心して楽しめる。

■バトルシステム「8WAY-RUN」

 入力した方向に相手を中心として自由に移動できる、『ソウルキャリバー』シリーズ伝統の移動システム。縦斬りには強いが、横斬りには弱いという特徴もある。

■「ガードインパクト」

 「ガードインパクト」は、相手の攻撃を弾いたり、さばいたりできる。なお攻撃をさばいた場合、相手をダウンさせられる。

■「ジャストインパクト」(弾きのみ対応)

 相手の攻撃をギリギリまで引きつけてから「ガードインパクト」をすると、「ジャストインパクト」になる。この「ジャストインパクト」は、ガード不能技や、投げ技をも弾くことができ、弾いた直後のこちらの攻撃はカウンターヒット扱いになる。

■「スタン」

 特定の攻撃を当てると黄色い電流が走り、相手はしばらくの間、行動不能となる。本作では、攻撃を当てて壁に叩きつけても「スタン」になるようだ。

■「アクティブマッチングバトル」

 プレイヤー側・敵側それぞれ1人~数人がその場に同時に存在し、交代しながら連続したバトルを行うことになるのが、「アクティブマッチングバトル」。「STORY」と「TOWER OF LOST SOULS」モードはこの形式で戦うことに。交替ゲージを使うことで、戦闘中に待機中の味方キャラクターと交代ができ、コンボの途中でキャラクターを交代してさらにコンボをつなげることもできる。

■「ソウルゲージ」

 体力ゲージの横に表示されている球体のゲージ。キャラクターの優勢、劣勢の状態を色で表している。

■「アーマーインジケーター」

 防具の状態を表すもの。上段、中段、下段の3つがあり、防具が破壊された部位は黒く表示される。

■「ソウルクラッシュ」

 相手に攻撃をガードさせ続けていると、相手のソウルゲージが赤く点滅し始める。この状態で、強力な技をガードさせると相手を完全に無防備な状態にする「ソウルクラッシュ」を起こすことができる。また、ソウルクラッシュによって相手の防具を破壊することも可能だ。防具を破壊した部分に攻撃を当てると、通常よりも大きなダメージを与えることができる。

防具を破壊することで、ダメージを増やし、バトルを有利に進められる。強力な一撃を叩き込み、相手の防具を破壊しよう。

■「クリティカルフィニッシュ」

 相手が「ソウルクラッシュ」状態になった瞬間に、コマンドを入力することで発動させることができる「クリティカルフィニッシュ」。この「クリティカルフィニッシュ」が発動すると、体力ゲージに関係なく一撃で相手をK.O.することができる。

「クリティカルフィニッシュ」を発動されるには、相手の「ソウルゲージ」を赤色にしてゲージを点滅させ、強力な技をガードさせて「ソウルクラッシュ」を起こす。その瞬間にコマンドを入力。条件は厳しいが、一撃で相手を倒すだけの威力を秘めている。

◇解説コミック

 『ソウルキャリバー』の世界観や、本作のシステムなどをわかりやすく紹介した解説コミック。なお、今回は2話が公開され、後日残りが公開になるという。まだ本シリーズをプレイしたことがないという人はぜひチェックしてほしい。

(C) 1995-2008 NBGI
LucasArts, the LucasArts logo, and the STAR WARS characters, names and all related indicia are trademarks of & (C) Lucasfilm Ltd. (C) 2008 Lucasfilm Entertainment Company Ltd. or Lucasfilm Ltd. & (R) or TM as indicated. All rightsreserved. Used with permission.


データ

▼『ソウルキャリバーIV』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:PS3/Xbox 360
■ジャンル:FTG
■発売日:2008年7月31日
■価格:7,800円(税込)
 
■PS3版『ソウルキャリバーIV』の予約・購入はこちら
Amazon
 
■Xbox 360版『ソウルキャリバーIV』の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 08月27日~09月02日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。