News

2008年7月12日(土)

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」開幕! 各ブースの模様をお届け!!

文:電撃オンライン

 日本最大級のキッズ向けゲーム&ホビーイベント「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」の東京大会が、本日7月12日~13日に千葉の幕張メッセにて行われている。

 このイベントには、任天堂やSCE、バンダイナムコゲームス、KONAMI、カプコン、ハドソン、レベルファイブ、ディズニー・インタラクティブ・スタジオなど多くのゲームメーカーが参加。ブースイベントや、新作ソフトの体験会などが催されている。

 以下で、イベントの模様をブースごとに紹介する。東京大会は明日13日まで行われているので、気になるブースがあったら足を運んでみるといいだろう。

■ 任天堂 ■

 Wii用ソフト『ワリオランドシェイク』や、Wii用ソフト『スーパーマリオスタジアム ファミリーベースボール』などをはじめ、最新ソフトのステージイベントが目白押し。イベントは、ソフトの紹介の後、観客から参加者を募り実際にゲームを体験してもらう構成になっており、プレイしたことのない初心者の人も気軽に挑戦していた。

 プレイアブル出展されていたのは、前述のタイトルにWii用ソフト『マリオカートWii』とDS用ソフト『伝説のスタフィー たいけつ! ダイール海賊団』を加えた4タイトル。DS用ソフト『ぼくらはカセキホリダー』の「ナゾのタマゴ」データの配信も行われていた。

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」

■ SCE ■

 SCEブースの目玉は、PSP『クランク&ラチェット マル秘ミッションイグニッション!(以下、クランク&ラチェット)』と、PS3『リトルビッグプラネット』の試遊台。『クランク&ラチェット』は、ブース内に設置されたクローズドスペースの中でゲームの説明を受けてから、ゲームをプレイするという流れ。子どもたちは、紙で作られたお揃いの帽子をかぶりながら、持参のPSPに『クランク&ラチェット』をダウンロードして楽しそうにプレイしていた。

 一方の『リトルビッグプラネット』コーナーでは、イベントステージを囲むように6台の大型モニターが設置され、各モニターにつき4人の合計24人が同時プレイを楽しんでいた。両タイトルとも、正午の時点で待ち時間は約30分ほど。この他、PS3『AFRIKA』の世界を体験しながら動物たちと記念写真が撮れるコーナーや、お好みのイラストをプリントしたTシャツやトートバッグが購入できる「プリントステーション」のコーナーなども用意されている。

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」

■ KONAMI ■

 DS用ソフト『なぞなぞ&クイズ 一答入魂 Qメイト!(以下、Qメイト)』と、Wii用ソフト『サバイバルキッズWii』の体験会を実施。『Qメイト』の体験コーナーでは、集まった来場者がクイズ番組風に並べられた席に座り、熱いクイズバトルを繰り広げていた。問題は、なぞなぞや算数のクイズといったさまざまな種類が用意されており、中にはゲームに関するクイズなども。プレイした人には、無料で本作の体験版が配布されていた。『サバイバルキッズWii』は、無人島の密林をイメージしたブースでゲームをプレイできた。ブース内のステージでは、ゲーム内容を紹介するイベントも行われていた。

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」

■ バンダイナムコゲームス ■

 バンダイ&ナムコゲームスでは、Wii用ソフト『ファミリートレーナー』と、Wii用ソフト『ハッピーダンスコレクション』のブース内イベントが、1時間おきに交代で行われていた。両ソフトは試遊台も設置。特に『ハッピーダンスコレクション』は、初の出展ということもあり、訪れた女の子たちは興味津々だった様子だ。

 また、DS用ソフト『カスタムビートバトル ドラグレイド2』のブースでは対戦会を実施。DS本体とソフトを持っていけばいつでも誰でも参加できるので、本作をプレイしている人はまだ見ぬライバルを求めてぜひ挑戦してみるといいだろう。レアバレット「メテオダイバー」の配信も行われていた。

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」

■ バンダイ ■

 業務用カードゲーム『大怪獣バトルNEO』が、稼働に先駆けプレイアブル出展されていた。「小学生以下」、「中学生以上」、「ペア(対戦)」の3コースが用意され、来場者たちは各々のスタイルで新作ゲームを楽しんでいた。プレイした人には、特製カードも配布。100分待ちの列ができるほど盛況だった。ブースの隣では、Wii用ソフト『大怪獣バトルウルトラコロシアム』もプレイ可能で、こちらも盛り上がっていた様子。また、「磁幽霊探知機トレジャーガウスト」や「たまごっち」といったトイも多数出展されていた。

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」

■ カプコン ■

 DS用ソフト『流星のロックマン2』のチャレンジイベントや全国大会が開催された。DS用ソフト『流星のロックマン3』のブース内イベントでは、本作の最新情報なども公開され、集まったファンたちはDSを手に『流星のロックマン』シリーズを存分に楽しんでいた。

 9月に配信されるWiiウェア『ロックマン9 野望の復活』もプレイアブル出展されており、かつて『ロックマン』シリーズを遊んでいたと思われるファンたちが列を作っていた。出展されていた『ロックマン9 野望の復活』は、2つ用意されていたうち1つのステージが遊べるという内容。どちらのステージもボスの部屋にたどり着けばクリアだったのだが、ステージのトラップが実に巧妙に作られており、プレイした人たちは頭を抱えていた様子。この他、業務用ゲーム『ワンタメ ミュージックチャンネル』のコーナーも用意されていた。

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」

■ レベルファイブ ■

 8月22日に発売される、DS用超次元サッカーRPG『イナズマイレブン』のコンテンツが盛りだくさんだったレベルファイブブース。試遊コーナーは、「RPG・試合パート」と「通信対戦」の2つに分かれており、どちらも長い列ができていた。

 またステージでは、『イナズマイレブン』の主人公“円堂守”とサッカーで対戦できるイベント「円堂くんとPK対決」をはじめ、「超次元リアル人形劇」や「DSゲーム対戦ステージ」を開催。各イベントは1日に6回ずつ、計18回行われる。ブースを訪れた人は、ぜひ見どころ満点のステージイベントを楽しんでいただきたい。

 なお、ブースを訪れた人には、もれなく「イナズマイレブン 熱血下敷き」がプレゼントされ、さらにステージイベントに参加した人には「伝説のシール」や「勝利のステッカー」が景品として贈られていた。

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」

■ ハドソン ■

 ハドソンブースでは、7月24日に発売されるWii用ソフト『めざせ!!釣りマスター 世界にチャレンジ!編』の試遊機に人気が集中。70分待ちとなっていた体験コーナーでは、幅広い年齢層の男女がWiiリモコンとヌンチャクを手に、釣りを楽しんでいた。

 また、9月25日発売のWii『ボンバーマン』の試遊台も設置され、多くの子どもたちがゲームを体験。試遊した人には、『めざせ!!釣りマスター 世界にチャレンジ!編』のタオルや、『ボンバーマン』の消しゴムといったオリジナルグッズが贈られていた。

 ステージでは、『めざせ!!釣りマスター 世界にチャレンジ!編』の釣り大会や「釣りマスターチャレンジステージ」、そして『ボンバーマン』のバトル大会が開催。イベント参加者たちは、ステージ上で白熱した戦いを繰り広げていた。

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」

■ ディズニー・インタラクティブ・スタジオ ■

 2008年冬発売予定のDS用ソフト『ディズニー新作RPG SPECTROBES(仮題)(以下、スペクトロブス)』の、映像と試遊台を出展していたディズニー・インタラクティブ・スタジオブース。『スペクトロブス』は、最大4人でバトルロワイヤルなどの熱い対戦が楽しめるアクションRPG。映像コーナーでは、本作の美麗なプロモーションムービーを大画面で見ることができ、試遊コーナーでは、『スペクトロブス』のリアルタイムバトルを、いち早く体験可能だった。またブースを訪れた人には、スクラッチくじ付きステッカーが配布され、当たりを出した人にはプレゼントが贈られていた。

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」 「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」

■ 次世代スーパーステージ ■

 メインステージでは、「絶対可憐チルドレン」をはじめ、「おはスタ」と「きらりん☆レボリューション」のスペシャルステージが行われた。開場直後の「絶対可憐チルドレン」スペシャルステージでは、メインキャストが勢揃い。“皆本光一”役・中村悠一氏、“明石薫”役・平野綾さん、“野上葵”役・白石涼子さん、“三宮紫穂”役・戸松遥さんの4名が、アフレコ収録時のエピソードや裏話、キャラクターに対する思いなど、さまざまなトークを展開した。

 なお明日は、「週刊少年サンデー」(小学館刊)で人気連載中の野球漫画「MAJOR」、人気TV番組「ポケモンサンデー」、バンダイの「超ウルトラ8兄弟」、そして「おはスタ」のスペシャルステージが開催される。イベント会場に足を運ぶ人は、こちらのステージイベントを覗いてみてはいかがだろうか。

「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
「絶対可憐チルドレン」スペシャルステージにプレゼントされた特製下敷き。ここでしか手に入らないお宝アイテムだ!
■「次世代ワールドホビーフェア’08Summer」
・東京大会
【開催日】2008年7月12日~13日
【開催時間】9:00~16:00
【開催場所】幕張メッセ
【入場料】無料

・札幌大会
【開催日】2008年7月21日
【開催時間】9:00~16:00
【開催場所】札幌ドーム
【入場料】無料

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。