News

2008年8月21日(木)

『ソウルイーター』シュタインやシドなど、お馴染みのボスキャラクターたちを公開

文:電撃オンライン

 バンダイナムコゲームスは、10月23日に発売するDS用ソフト『ソウルイーター メデューサの陰謀』の新情報を公開した。

 『ソウルイーター メデューサの陰謀』は、「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)やTVアニメで展開中の「ソウルイーター」をゲーム化した作品。プレイヤーは十字キーとタッチペンで職人と武器を操り、ステージをクリアしていく。

 今回明らかになったのは、“シュタイン”や“シド”といった原作でお馴染みのキャラクターの情報や、“マカ”や“ブラック☆スター”たちを使い分けながら戦える「キャラチェンジ」システムについて。以下に写真とともに紹介する。

『ソウルイーター メデューサの陰謀』 『ソウルイーター メデューサの陰謀』 『ソウルイーター メデューサの陰謀』
「俺はそういう男だった」が口癖のナイフ職人“シド”。墓標を使った必殺の一撃「リビング・エンド」を“マカ”が間一髪で避けるなど、原作のシチュエーションを再現することも可能だ。
『ソウルイーター メデューサの陰謀』 『ソウルイーター メデューサの陰謀』 『ソウルイーター メデューサの陰謀』
死武戦の卒業生で、“マカ”の父親の元パートナーでもある職人“シュタイン”。「へらへら」笑いながらいろいろなものを解体しようとするサディストだ。
『ソウルイーター メデューサの陰謀』 『ソウルイーター メデューサの陰謀』 『ソウルイーター メデューサの陰謀』
左下に見える、キャラクターの顔が描かれたボタンをタッチすれば、操作するキャラクターを入れ替えられる。“キッド”のスケボーで対岸に渡るなど、要所でキャラクターを使い分けていこう。
『ソウルイーター メデューサの陰謀』 『ソウルイーター メデューサの陰謀』 『ソウルイーター メデューサの陰謀』
プレイヤーは、“死神様”から下される「メインミッション」と、死武専の職員たちから受けられる「サブミッション」、掲示板で受けられる「フリーミッション」の計3種類のミッションをクリアしながら進んでいく。
『ソウルイーター メデューサの陰謀』 『ソウルイーター メデューサの陰謀』 『ソウルイーター メデューサの陰謀』
アドベンチャーパートでは、キャラクターの感情がカットインで表示される。アニメを見ているような気分でゲームが楽しめる。

(C)大久保篤/スクウェアエニックス・テレビ東京・メディアファクトリー・ボンズ・電通 2008 (C)2008 NBGI

データ

▼『ソウルイーター メデューサの陰謀』
■メーカー:バンダイナムコゲームス
■対応機種:DS
■ジャンル:ACT
■発売日:2008年10月23日
■価格:5,040円(税込)
 
■『ソウルイーター メデューサの陰謀』の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

[集計期間2014年 07月23日~07月29日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。