News

2008年9月1日(月)

Xbox 360が最安19,800円に! そして新作も続々!! MS発表会の詳報をお届け

文:電撃オンライン

 マイクロソフトは、本日9月1日にプレス向けの発表会「Xbox 360 Media Briefing 2008」を開催。Xbox 360の年末商戦に向けた施策を明らかにした。

「Xbox 360 Media Briefing 2008」

 先ほどの速報記事でも記載した通り、Xbox 360本体のラインナップ追加や値下げなどの発表が行われた。ここからは、発表会の模様を時系列にしたがって紹介する。Xbox 360プレイヤーも、これから購入しようとしている方も、ぜひチェックしていただきたい。

 まず最初に、マイクロソフトのホーム&エンターテイメント事業本部長・泉水敬氏が登壇。今年の年末商戦について「これまで(の年)にはない何かが動き出している」と自信をのぞかせた。その理由として6月に開催した「Xbox 360 RPG Premiere 2008」以来、本体の販売台数が伸びていることを挙げた。

 先日バンダイナムコゲームスから発売されたRPG『テイルズ オブ ヴェスペリア』が、本体販売を大きくけん引。その影響もあり、本体が全国的に品薄になったことを述べた泉水氏は、「販売店やユーザーにご迷惑をおかけした」と謝罪していた。

「Xbox 360 Media Briefing 2008」
▲Xbox 360本体の販売台数がここのところ増えてきていることもあり、今年の年末商戦について自信をのぞかせた泉水氏。

 ここからは、Xbox 360用ソフトのラインナップ紹介に移る。9月11日に発売されるスクウェア・エニックスの『インフィニット アンディスカバリー』に始まり、さまざまなタイトルが、ムービーや実機デモをはさみながら紹介された。ユービーアイソフトから今冬発売予定の『H.A.W.X』と年内発売予定の『Far Cry 2』がXbox 360先行でリリースされることも明らかに。

「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」
▲ゼニマックス・アジアのゼネラルマネージャー・高橋徹氏は『Fallout 3』を実機でプレイしながら紹介。日本での発売日は12月4日に確定した。
「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」
▲「C3×HOBBY 2008」でお披露目されたばかりの『ガンダム無双2』の実機映像が早くも披露された。バンダイナムコゲームスの後藤能孝氏とコーエーの鯉沼久史氏が概要を説明。

 ここで、フロム・ソフトウェアの『NINJA BLADE』が2009年初頭に発売されることが明らかになった。制作陣は非常に豪華で、主人公のキャラデザはカプコンで『ロストプラネット』シリーズを手掛けた中岡恵司氏が担当。音楽は『メタルギアソリッド3』などを手掛けた日比野則彦氏が、イベントアニメーション演出はProduction I.Gの川崎逸朗氏が協力している。会場では本作のプレイ映像も上映され、すでに完成に近づいていることを伺わせていた。

「Xbox 360 Media Briefing 2008」


■『NINJA BLADE』

「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」
「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」
▲東京の街を舞台に、超高層ビル群をダイナミックに駆け抜ける、爽快感満点のアクションゲーム。襲いかかってくるモンスターを多彩な武器でなぎ倒していく。

 続いて、カプコンの常務執行役員・稲船敬二氏が登壇。同社のワールドワイド戦略についての考えや、今後のXbox 360用ソフトのラインナップについて説明した。

「Xbox 360 Media Briefing 2008」
▲泉水氏と笑顔で握手を交わす稲船氏(写真右)。
「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」
「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」
▲『グランド・セフト・オートIV』、『バイオニックコマンドー』、『ストリートファイターIV』、『バイオハザード5』と、年末年始にかけて人気タイトルを多数用意。発売日未定の『バイオニックコマンドー』や『ストリートファイターIV』についても「近いうちに発売できそう(稲船氏)」と、発売日が間もないことを匂わせていた。
「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」
▲『バイオハザード5』は、プロデューサーの竹内潤氏(カプコン)が概要を説明(左写真)。プロデューサーの川田将央氏とディレクターの安保康弘氏(右写真)が協力プレイのデモを披露し、竹内氏がそれを解説していた。

 人気タイトルを低価格で再発売する「Xbox 360 プラチナコレクション」は、6タイトルが10月23日~11月6日に新登場。これにより、プラチナコレクションのラインナップは既存のものを含めて40タイトルとなる。新タイトルのラインナップは以下の表を参照のこと。

発売日
タイトル
メーカー
価格(税込)
10月23日
『ガンダム無双 インターナショナル
(Xbox 360 プラチナコレクション)』
バンダイナムコゲームス
3,800円
11月6日
『ACE COMBAT 6 解放への戦火
(Xbox 360 プラチナコレクション)』
バンダイナムコゲームス
3,800円
『ビューティフル塊魂(Xbox 360 プラチナコレクション)』
バンダイナムコゲームス
2,940円
『ロストオデッセイ(Xbox 360 プラチナコレクション)』
マイクロソフト
2,940円
『PGR 4 -プロジェクト ゴッサム レーシング 4 -
(Xbox 360 プラチナコレクション)』
マイクロソフト
2,940円
『アサシン クリード(Xbox 360 プラチナコレクション)』
ユービーアイソフト
2,940円


 話は、プラットフォームの詳細に移る。7月に北米で発表された本体機能のアップデート「NEW XBOX EXPERIENCE」について、全世界同時に提供されることが明らかに。これで、日本でもタイムラグなくアップデートが実施されることが確定した。時期は2008年内を予定しており、ユーザーインターフェースの刷新や、アバター機能の追加、メディアインストールの実装など、便利な機能が多数用意される。

 そして、今回の目玉ともいえる発表が、Xbox 360本体の「60GB HDDモデルの追加」と「既存モデルの値下げ」だ。9月11日からは、これまで20GB HDDだったスタンダードモデルが「60GB HDDモデル」に替わり、29,800円(税込)で登場。そして同日より、本体や周辺機器の価格が以下のように変わる。特に「Xbox 360 アーケード」の価格が2万円を切る点は大きく、お値打ち感がより一層高まった。

製品名
改定前価格(税込)
改定後価格(税込)
「Xbox 360 エリート」
47,800円
39,800円
「Xbox 360(60GBモデル)」
29,800円
「Xbox 360(20GBモデル)」
34,800円
オープン
「Xbox 360 アーケード」
27,800円
19,800円
「Xbox 360 ハードディスク(120GB)」
18,900円
15,750円
「Xbox 360 ハードディスク(20GB)」
9,975円
オープン
「Xbox 360 メモリー ユニット(512MB)」
5,775円
5,250円
「Xbox 360 メモリー ユニット(64MB)」
3,360円
オープン

※改訂後価格がオープンになっている製品は、在庫終了次第で販売終了となる。


「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」
▲Xbox 360本体のラインナップを刷新して価格を改定。価格を下げたことで「1人でも多くの方にXbox 360を体験していただける(泉水氏)」とアピール。8月から続いていた本体の品薄も、これで解消されそうだ。

 この他、9月11日からはXbox 360本体購入者に先着で『インフィニット アンディスカバリー』の特製フェイスプレートを店頭でプレゼントするキャンペーンが行われる。キャンペーンを実施しない店舗もあるとのことなので、欲しい人はあらかじめショップに確認しておくといいだろう。

 最後の挨拶で泉水氏は、「より楽しく、より使いやすく、よりお求めやすく、を武器に、Xbox 360は日本のゲームシーンをワクワクさせて行きたい」と抱負を述べた。泉水氏の言葉通り、ソフトのラインナップも充実し、本体価格も下がり、非常に「ゲームファンが手に取りやすく」なったXbox 360。マイクロソフトの今年の年末商戦は、例年よりもさらに盛り上がりそうだ。

「Xbox 360 Media Briefing 2008」 「Xbox 360 Media Briefing 2008」
▲泉水氏は「一部のアナリストはXbox 360の次の世代に期待なんて言っていますが、そんなことはない。日本ゲーム市場の「台風の目」を目指す」と、会場を笑わせながらも強く意気込んだ。▲「Xbox 360」の新モデル。Xbox 360本体、60GBのハードディスク、ワイヤレスコントローラ(1個)、メディアリモコン、D端子 HD AVケーブル、LANケーブル、ACアダプターが入っている。
「Xbox 360 Media Briefing 2008」
▲会場に展示されていた「60GB HDD」版のモデル。実際に60GBのハードディスクが搭載されている(らしい)のだが、パッと見ただけでは違いが見受けられず……。

Fallout 3 (C) 2008 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media company. Bethesda Softworks, Bethesda Game Studios, ZeniMax and related logos are registered trademarks or trademarks of ZeniMax Media Inc. in the U.S. and/or other countries. Fallout and related logos are trademarks or registered trademarks of Bethesda Softworks LLC in the U.S. and/or other countries.
(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・毎日放送
(C)2008 FromSoftware, Inc. All rights reserved.
(C)2006-2008 Rockstar Games, Inc. Rockstar Games, Rockstar North, the Rockstar Games R* logo, the Rockstar North R* logo, Grand Theft Auto and the Grand Theft Auto logo are trademarks and/or registered trademarks of Take-Two Interactive Software. All other marks and trademarks are properties of their respective owners. All rights reserved. The content of this videogame is purely fictional, and is not intended to represent or depict any actual event, person, or entity. Any similarity between any depiction in this game and any actual event, person, or entity is purely coincidental. The makers and publishers of this videogame do not in any way endorse, condone or encourage engaging in any conduct depicted in this videogame.
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM U.S.A, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2008 Microsoft Corporation. All Rights Reserved

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 09月23日~09月29日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。