News

2008年9月8日(月)

【今週の1本】DSのスペックをフル活用! DS用ソフト『クイズマジックアカデミー』

文:電撃オンライン

 大概「僕○○に詳しい(強い)ですよ」という奴は、そんなに詳しくないし、強くないものです。これは世界の法則。さて、かくいう俺もクイズには少々自信があったのですが、9月12日発売のDS用ソフト『クイズマジックアカデミーDS』をプレイして、自分が何も知らないことに気がつきました。「無知の知」ってやつです。さて、ここで問題。「「無知の知」というのは誰の言葉でしょう」。正解はこのプレイレポートの最後で。

■最初は鼻歌歌ってたんですよ

 『クイズマジックアカデミー』というゲーム自体は、アミューズメント施設に登場した時期にちょっとはプレイしましたし、クイズには多少自信もあったので、軽い気持ちでプレイし始めました。電源を入れると、最初にプレイするゲームモードを聞かれたので、とりあえず「アカデミーモード」を選択してみました。自分の名前を入力すると、いよいよゲームがスタート。「アカデミーモード」では、「マジックアカデミー」という学校の生徒となって学園生活を送ることになります。最初は「修練生」というランクから始まり、クイズを解いてランクを上げていき、最終的に「賢者」を目指すとかなんとか、ゲームの説明が入ります。まあ、ここら辺はアーケードと同じ。DS版オリジナルの新要素として、学園内を移動してキャラクターとの会話イベントなどが楽しめるようになっています。本作のキャラクターにハマった人にとっては、見逃せないところでしょう。

 脳内クイズ王の俺様としては、早く腕試ししたくてウズウズしています。なので、キャラクターとの会話もそこそこに、教室に行ってクイズをしてみました。さすがに序盤だけあって、出題形式は「○×問題」と「4択問題」ばかり、出てくる問題も難易度の低いものばかりです。昔、クイズが得意という部下を袋叩きにして以来、遊んでもらえなくなった俺としては、100点満点中98点を叩き出し、鼻歌を歌いながらプレイしてました。ですが、ランクが「修練生」から「魔術士」に移行したとたん、問題の難易度が一気に上昇。タッチパネルから文字を選び解答をつくる「タイピングクイズ」、ランダムに配置された文字パネルを移動させて解答をつくる「並べ替えクイズ」、多面体に文字が書かれていて、回転するそれを見ながら解答する「キューブクイズ」など、単純な選択式ではない出題方式が登場して大混乱です。さらに、「~と言えば……○○ですが」など、引っかけ出題まである始末。もう、余裕こいてられない。ヤバい……本気を出してきやがった。

【今週の1本】DSのスペックをフル活用! DS用ソフト『クイズマジックアカデミーDS』 【今週の1本】DSのスペックをフル活用! DS用ソフト『クイズマジックアカデミーDS』 【今週の1本】DSのスペックをフル活用! DS用ソフト『クイズマジックアカデミーDS』
「魔術士」になると、「並べ替えクイズ」(画像左)や「エフェクトクイズ」(画像中央)といった問題も登場。たまに引っかけ問題(画像右)が出題されるので、かなり意地悪いです。あせらず落ち着いて解答しましょう。また、出題はランダムなので、まれに、前に出た問題に絡んだものが出題されたりもします。あきらめない心が大事。

■テクニックの話をすると……

 教室でクイズに参加すると、その成績に応じて魔法石がもらえ、その魔法石の数で、級が上がります。10級からスタートして、1級になると昇進試験を受けることができ、合格するとランクが上昇。これを繰り返して「賢者」を目指すのですが……。これがなかなか大変。「修練生」のうちは余裕でも、第2段階の「魔術士」あたりから不得意ジャンルは1つも答えられなくなったりします。なんだか、学生時代に苦手科目について先生に怒られた苦い記憶が思い起こされます。というか俺、「スポーツ」弱すぎ。他はそこそこ答えられますが、「スポーツ」だけはからっきし。人気サッカーゲームシリーズ『ウイニングイレブン』を発売しているKONAMIだけあって、サッカー問題も多く出題されるのですが、俺、球蹴りに興味ないんだってばよ!

 ちなみにクイズは、最初8人で対戦し、2人ずつ脱落、4人で決勝戦を戦うというシステム。つまり、3回戦あるのですが、1回戦が一番難しい。なぜか? それは、1回戦は出題傾向が選べないから。2回戦は、ジャンルの選択はできませんが、出題形式を選べますし、決勝戦は参加者が好きなジャンルと出題形式を選べますから、実は、どんどん楽になっていくんですね。対CPU戦の場合、出題形式が変わっても解答率はそんなに変動がないので、恥も外聞をも捨てて、ひたすら答えやすそうなものばかりを選択。間違っても「タイピング」なんか選ばない。決勝戦は、ジャンル「雑学」の「○×問題」1択! ええい、笑わば笑え。

【今週の1本】DSのスペックをフル活用! DS用ソフト『クイズマジックアカデミーDS』 【今週の1本】DSのスペックをフル活用! DS用ソフト『クイズマジックアカデミーDS』
苦手ジャンル(俺の場合、「スポーツ」)のさらにタイピング問題なんか出ると、お通夜ムードになってしまいます……。出題が終わると成績発表。案外1問正解しただけでも次に進めたります。苦手ジャンルでもあきらめてはいけません。

■協力プレイもあるよ

 Wi-Fiやワイヤレス機能を使って対戦ができるのは、DS本体の機能とクイズゲームという性質を考えれば当たり前ですが、対戦だけでなく協力プレイもできます。これは、モンスターに対してクイズで戦うというもので、クイズの成績が攻撃力と体力になります。つまり、解答率が低いと攻撃力も体力も低くなってしまうということです。村田(仮)と協力プレイをしましたが、あまりの使えなさに、俺が解答を読み上げながら戦うハメになりました。敵に回しても恐ろしくないが、味方にするとなんて恐ろしい男なんだ。

【今週の1本】DSのスペックをフル活用! DS用ソフト『クイズマジックアカデミーDS』 【今週の1本】DSのスペックをフル活用! DS用ソフト『クイズマジックアカデミーDS』
対戦するモンスターの選択画面。相手モンスターだけでなく、参加解答者の正解率によって難易度が天と地ほど変わります。とはいえ、友達集めてワイワイやる分にはそう気になりませんが。協力プレイに登場するモンスターは体力が高いため、少人数でプレイすると長期戦になりやすいです。ですが、協力プレイはWi-Fi通信を利用するため、時間帯を選べば人数に困ることはないかと思います。

■脳トレの要素もあったりします

 収録問題数は7万問以上と、驚くべきクイズ問題収録数を誇ってますが、さらにダウンロードもできるようです。ちなみに7万問の問題を誇っても、プレイしてれば問題が重なることもたまにはあるわけで、解答を覚えていれば、次は正解できるってもんです。最初は答えられなくても、繰り返し遊んでいれば、だんだん問題も答えも覚えられ、気がつけばかなり知識も深まります。ただ1つ問題があって、本作ではCPU戦にしても対人戦にしても、誰かが正解しないと答えがわからない仕組みなんです。誰も答えられなかった場合はあきらめてください。

 アミューズメント施設で稼働中の『クイズマジックアカデミー5』との連動ができるモードもあるそうですし、ネットを介して全国の猛者どもと闘えば、あなたも立派な「賢者」改め、クイズ王!

 おっと、忘れるところでしたが、最初の問題の答えは、「ソクラテス」です。みなさんお分かりになりました? (弩左右衛門)

(C)2008 Konami Digital Entertainment

データ

▼『クイズマジックアカデミーDS』
■メーカー:KONAMI
■対応機種:DS
■ジャンル:ETC
■発売日:2008年9月12日
■価格:5,250円(税込)
 
■『クイズマジックアカデミーDS』の予約・購入はこちら
Amazon TSUTAYA online コナミスタイル

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。