News

2008年9月23日(火)

小西克幸氏、檜山修之氏も登場!? 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」レポ

文:電撃オンライン

 バンダイナムコゲームスは本日9月23日、都内の文京シビックホールにて「テイルズ オブ フェスティバル 2008(以下、TOF 2008)」を開催した。

 『テイルズ オブ』シリーズ初の単独イベントとなる「TOF 2008」は、出演声優らによるスキット、10月からスタートするTVアニメ「テイルズ オブ ジ アビス(以下、TOA)」の第1話先行上映、DS『テイルズ オブ ハーツ(以下、TOH)』の新情報などのコンテンツが事前に公開されていたこともあり、会場にはチケットを手にした多くのファンが駆けつけた。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
写真は開場30分前ほどの様子。開場の収容人数はおよそ1,800人とのことで、全席指定ではあったものの、早めに来たファンたちが長蛇の列を成していた。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
ロビーでは、コトブキヤより本日発売された“リオン・マグナス”(『テイルズ オブ デスティニー』)のフィギュアをはじめ、CDやTシャツなど、さまざまなグッズの販売や予約が行われていた。

 なお、本日の出演者として予定されていた声優は、以下の11人。その他、極秘ゲストとして“ロイド・アーヴィング”(『テイルズ オブ シンフォニア』)役の小西克幸氏が出演し、さらには“ヴェイグ・リュングベル”(『テイルズ オブ リバース』)役の檜山修之氏もプライベートで訪れていた。

【出演声優陣(※敬称略)】
 小野坂昌也(“ゼロス・ワイルダー”役/『テイルズ オブ シンフォニア』)
 鈴木千尋(“ルーク・フォン・ファブレ”役/『テイルズ オブ ジ アビス』)
 下野紘(“エミル・キャスタニエ”役/『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』)
 鳥海浩輔(“ユーリ・ローウェル”役/『テイルズ オブ ヴェスペリア』)
 伊藤健太郎(“チェスター・バークライト”役/『テイルズ オブ ファンタジア』)
 かないみか(“アーチェ・クライン”役/『テイルズ オブ ファンタジア』)
 平松晶子(“ハロルド・ベルセリオス”役/『テイルズ オブ デスティニー2』)
 渡辺明乃(“マオ”役/『テイルズ オブ リバース』)
 水橋かおり(“ノーマ・ビアッティ”役/『テイルズ オブ レジェンディア』)
 松風雅也(“ヒスイ・ハーツ”役/『テイルズ オブ ハーツ』)
 井上麻里奈(“コハク・ハーツ”役/『テイルズ オブ ハーツ』)
 小西克幸(“ロイド・アーヴィング”役/『テイルズ オブ シンフォニア』)

■「いいっすよ!」の一言で出演決定した小西氏と「シンフォニア」の新展開

 小野坂氏の司会で進行した本日のイベント。『TOH』の2人と『テイルズ オブ ファンタジア』の2人を除いた、上記声優陣による生アフレコでの「スキット」が最初に披露され、ファンの心を鷲づかみにしていた。なお、「スキット」のストーリーは、本日の先行上映が予定されていたアニメ版「TOA」第1話のテープが盗まれてしまい、次から次に現れたキャラクターたちで、その犯人を突き止めるべく推理を行っていくという展開であった。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
「TOA」第1話のテープが盗まれて困り果てる“ルーク”。しかしそこへ、“ハロルド”と“マオ”、2つの頭脳が作品を超えて登場。2つの頭脳は犯人の推理よりも、出会いがしらに魔術を放つなど“ルーク”をイジメることに発揮されてしまう。犯行が密室で行われたという展開になると、「犯人はドアの隙間もすり抜けられる2Dキャラクターである!」という珍推理を“ハロルド”が見せる。しかし、探偵役の“ハロルド”と“マオ”は、ともに2Dキャラクターであり、推理自体は怪しい展開に……。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
髪が長いせいで“ルーク”に女と間違われた“ゼロス”、ネットオークションで転売を行う“ノーマ”、弁当を盗んだ“エミル”、それを捕まえた“ユーリ”と、つぎつぎ仲間(容疑者?)が加わるも、犯人はいっこうに見つかる気配なし。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
弁当泥棒ということで、実際に盗みを働いていた“エミル”は、「ラタトスクがマザーシップタイトルに認定されなかったのを逆恨みしてるんだろ!」と“ルーク”に罵られる。それを聞いた周囲が一斉に彼を非難すると、会場のファンと一緒に「オレは悪くねー!」と名セリフを披露。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
すべての容疑者が犯人ではない……とわかったその時、極秘ゲストの小西克幸氏演じる“ロイド”が登場! 「OVA「テイルズ オブ シンフォニア ジ アニメーション(以下、TOS ジ アニメーション)」は4巻まで出ています。でもこの続きのテセアラ編が作られないと、“コレット”はが心を取り戻さないままだ!」と熱弁する“ロイド”は、「TOS ジ アニメーション」がこのまま忘れられてしまうと、“コレット”を救えないからテープを盗んだのだと語る。“コレット”を想う“ロイド”の気持ちに打たれたキャラクターたちは、会場に「シンフォニア」コールを呼びかける。そして、“ロイド”とファンの思いが通じたのか、「TOS ジ アニメーション」にさらなる新展開が!

 「テセアラ編が出なければ、永遠に“コレット”は心を取り戻せない」という“ロイド”の言葉にもあるように、「TOS ジ アニメーション」は未完の作品となっている。そして本日、この発売中の4巻までに描かれたシルヴァラント編に続く「テセアラ編」の制作決定が明らかにされた。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
「(テセアラ編が)やることは、完璧に決定しています!」と断言する小野坂氏。テセアラ編より登場する“ゼロス”の活躍が、どう描かれるのかにも期待しよう! ちなみに極秘ゲスト扱いとなった小西氏は、本日のスケジュールが空いたのでプロデューサーに出演したい意向をメールしたところ、「いいっすよ!」と快諾されて出演に至ったそうだ。

 さらに、「TOS ジ アニメーション」のDVD版が本日より1年間の限定再販されること、Blu-ray Disc(BD)版が9月26日に発売されることも発表された。ちなみにBD版には、特典映像として、“ロイド”と“ゼロス”の掛け合いが見られる「帰ってきたクラトス先生のプライベートレッスン」が収録されるという。

【おまけ「スキット」】

 イベントの幕間には、“アーチェ”と“チェスター”による「夫婦漫才(めおとまんざい)」も披露された。いいムードになると、互いに意地を張ってしまう2人の微妙な関係に、会場のファンも微笑をもらしたり、やきもきしたりしていた。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
実は『テイルズ オブ ファンタジア』は、デビューした年の作品であるという伊藤氏。「じゃあ、私が始めての相手役よね?」と言うかないさんに、「そうです。初めての人です」と答えると、観客から大爆笑が起こっていた。

■第6話には「例のアイツ」が登場! 「テイルズ オブ ジ アビス」先行上映

 アニメ版「TOA」第1話のテープを盗んだ犯人が“ロイド”であることが判明すると、第1話の先行上映は無事に実施された。実際の内容については、以下の各局放送日時を確認してTVでご覧になってほしい。

【各局放送日時】
毎日放送(MBS)……10月4日より毎週土曜日25:55~26:25
※初回のみ第1話&2話連続の1時間放送。

中部日本放送(CBC)……10月4日より毎週土曜日26:40~27:10
TOKYO MX……10月3日より毎週金曜日21:00~21:30
BS11デジタル……10月31日より毎週金曜日23:00~23:00

 また上映後に行われた、“ルーク”役の鈴木氏とゲーム版のプロデューサー・樋口義人氏を招いてのトークでは、イベントの翌日に行う第6話のアフレコでは「例のアイツ」が登場することも語られた。なお樋口氏によれば、アニメ版のストーリーラインはゲーム版を基にしながらも、ゲームでは描ききれなかったエピソードが収録されるとのことだ。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
第1話を見た小野坂氏は、「まさかあんなに(デキが)いいとは思わなかった……ショック」と、OVAに負けないクオリティで毎週1話放送されるアニメ版「TOA」を非常にうらやましがっていた。

■『テイルズ オブ ハーツ』の発売は12月11日! そして主題歌が……!

 『TOH』のコーナーには、松風氏と井上さんが登場。そこに『テイルズ オブ』ブランドマネージャーの馬場英雄氏が加わって、CGムービーエディションとアニメムービーエディションの2作品同時発売が報じられている本作の紹介を行った。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
兄妹なかよく手を繋いで登場した2人。メインキャラクターたちのキャスティングも発表になった。新キャラクターの“ベリル”は千葉紗子さんが、同じくシンキャラクターの“クンツァイト”は郷田ほづみ氏が演じる。

 本作の開発にあたり馬場氏は、「PS2やゲームキューブで発売されたようなクオリティの『テイルズ オブ』作品を、そのままDSで作ろうと考えた」という。収録ボイスも多く、システムやムービーも充実しているということで、現在もっとも大容量な2ギガビットROMをもってしても、データが入りきらないボリュームになってしまっているそうだ。

 また、CGムービーエディションを制作したことについては、「アニメ路線のものは当然続けていくべきだが、新たな演出にチャレンジする必要を感じた」と語った。そのうえで、2つのエディションの差は、あくまで映像表現の違いであり、内容が変わるものではないとも話している。さらに「ズバリ現在の開発状況は?」と尋ねられた馬場氏は、「12月11日に発売できるよう頑張ります」と答えるも、小野坂氏と松風氏より「そんな精神論は聞いてない!」と強く言われて、「12月11日に発売します!」と断言していた。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
会場では、主人公“シング”を演じる柿原徹也氏からのビデオレターも上映された。しかし、行動や発言の1つ1つを小野坂氏と松風氏から激しく突っ込まれ、会場のファンは2人のツッコミに夢中に。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
最後には、「でも、オレはバカだからさ。命をかけるしか信用してもらう方法が思いつかないんだ」というセリフを披露するも、「たったあれだけの文、紙を見ないで覚えてほしいですよね!?」と井上さんから鋭いツッコミを受け、柿原氏は散々な立場に。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
2ギガビットROMをしても容量が厳しい状況にあるという本作。うっかり「このセリフを削ろうかな~と考えた」と口にしてしまった馬場氏は、松風氏と井上さんより強烈なブーイングを浴びてしまう。左の馬場氏の発言を受けて、「セリフを削るならカッキーのを!」と主張する松風氏と井上さん。ビデオレターの上映からいじられっぱなしの柿原氏ではあったが、「ハーツの主人公には“シング”がピッタリなんですよ(松風氏)」と、しっかり立ててもらってもいた。

 ゲームの紹介が終わると、本作の主題歌「永遠の明日」を歌うDEENがステージに登場。会場に集う観客のほぼ全員がファンだという「夢であるように」に始まり、「ひとりじゃない」、「眠ったままの情熱」、「このまま君を奪い去りたい」を熱唱した。さらに、まだフルサイズのレコーディングは完了していないという「永遠の明日」のゲームサイズバージョンが披露された。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
「夢であるように」と「永遠の明日」では、それぞれの作品のムービーも上映されてのライブとなった。観客の全員立ち上がっての大熱狂に、会場はたちまちホールからライブハウスへと変わっていていた。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
「会場の9割が、実際に歌っている自分たちを見たことないのには一瞬たじろいだ」と内心を暴露したボーカルの池森秀一氏。しかし、熱のこもった演奏と歌の果てに、秋を感じさせない熱気に包まれた会場を見ると、「ありがとうございます。今日の様子を見たら、皆さん、僕らのツアー(コンサート)に参加していただいても充分楽しんでいただけると思いました。今度はツアーで会いましょう!」とうれしげな笑みを浮かべていた。

 演出盛りだくさんのイベントに、ファンの喝采と拍手が終始やまなかった本日のイベント。最後には、「TOF 2008出演者全員のサインが入った色紙」や「『テイルズ オブ イノセンス』キャスト全員のサインが入った台本」など、豪華賞品の用意されたプレゼント抽選会が催されて、ファンと出演者が一体となったイベントの幕が閉じた。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
2人1組のチームに分かれ、出されたクイズに正解するとチームの担当する列の観客がプレゼント抽選に参加できるというゲーム形式の抽選会。相当な『テイルズ オブ』ファンでも答えられないような難問に、各チームは自分の担当する列の観客と一緒になって答えを考えていた。

「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 「テイルズ オブ フェスティバル 2008」
さらにイベント終了間際には、開演時から客席にいたという檜山氏もステージに。最後は全員集合して、ファンに挨拶を行った。

(C)NBGI

■「テイルズ オブ フェスティバル 2008」概要(※終了)
【日時】2008年9月23日 14:00開場、15:00開演
【開場】文京シビックホール 大ホール
【出演者】(※敬称略)
 小野坂昌也
 鈴木千尋
 下野紘
 鳥海浩輔
 伊藤健太郎
 かないみか
 平松晶子
 渡辺明乃
 水橋かおり
 松風雅也
 井上麻里奈
 小西克幸

関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 09月25日~10月01日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。