News

2008年9月26日(金)

ロボットに変形する新型ゲーム機「ROID」発表!? レベルファイブ発表会レポ

文:電撃オンライン

 レベルファイブは、本日9月26日に都内の東京国際フォーラムにおいて、プレス向け新作発表会「LEVEL5 VISION 2008」を開催した。

 レベルファイブ代表取締役社長・日野晃博氏の「今日は本当にたくさんの発表があります。あまりの驚きに、気分が悪くなられる方もいらっしゃるかもしれません」という挑発的な挨拶から始まった本日の発表会。『レイトン教授シリーズ』や『イナズマイレブン』といった同社の人気タイトルの最新情報や、2009年に発売される予定の新作ソフトラインナップ、そして新ゲームハード(!?)に関する詳細が公開された。

ROID ROID
▲レベルファイブ代表取締役社長・日野晃博氏(左写真)と、発表会の司会進行を務めたフリーアナウンサーの木佐彩子さん(右写真)。

●『レイトン教授』シリーズ

 国内出荷本数175万本を超えるDS用AVG『レイトン教授』シリーズの最新作『レイトン教授と最後の時間旅行』が、11月27日に発売されることが発表された。発表会会場の大型スクリーンでは、“レイトン教授”役の大泉洋氏、“ルーク少年”役の堀北真希さん、“青年ルーク”役の小栗旬氏、“サリアス”役の木村佳乃さん、そして“レイトン教授”の最大にして最強のライバル“ディミトリー”役の上川隆也氏のビデオメッセージが流れた。

ROID ROID
ROID ROID
ROID ROID
ROID ROID

 この他、本シリーズが本格的にモバイルで展開されることも明らかに成った。まず、10月6日にiモード向けサイト「レイトン教授 モバイル」(http://ltmb.jp/)がオープン。サイトでは、現在発売中の携帯電話「P906i」にプリインストールされているモバイル版『レイトン教授と不思議な町』が配信されるという。また、ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」において、モバイル限定の完全オリジナルアプリ『レイトン教授と死鏡の館』が10月28日より配信される。本作では、“レイトン教授”がとある館を舞台に、死者を映し出すという「大鏡」をめぐるナゾに立ち向かうとのことだ。

ROID ROID ROID
ROID ROID ROID
▲コンシューマゲームやモバイルアプリでの展開以外に、『レイトン教授』シリーズの劇場アニメーションの制作が決定したことも、日野社長の口から明かされた。

●「アタマニア」シリーズ

 DSの知育系ゲームをメインに展開する「アタマニア」シリーズが、新たに創設されると発表された。シリーズ第1弾は、1,200万部の大ベストセラー書籍をゲーム化した『多湖輝の頭の体操』。「謎解き世界旅行」、「銀河横断謎解きアドベンチャー」、「不思議城の謎解き大迷宮」、「タイムマシンの謎解き大冒険」の4つをテーマに、楽しく頭の体操が行えるとのこと。発売時期は2009年春を予定しており、価格は2,980円(税込)。

ROID ROID ROID
ROID ROID ROID
ROID

 さらに第2弾となる会話型思考パズル『スローンとマクヘールの謎の物語』の発表も。「ラテラルシンキングパズル」と銘打たれた本作は、想像し、推理して、質問しながらストーリーを作ることがコンセプトとのこと。会場では、集まった報道陣に日野社長から以下のような「ナゾ」が提示された。

男がレストランに入り、メニューから「ウミガメのスープ」を頼んだ。それをひと口食べた彼はレストランを飛び出し、崖から身を投げてしまった。なぜだろう?

 首をかしげる報道陣を前に、日野社長は「これは水平思考推理ゲームと呼ばれるもので、解答者は思いつく限り有効な質問を繰り返して、出題された状況を完全に説明できる回答を見つけ出します」とゲーム内容を説明。「思いついたことを自由に質問して、真実を解き明かしてください」と話し、この問題の答えはゲームをプレイした時のお楽しみと笑顔で語った。

ROID ROID ROID
ROID ROID ROID

●『イナズマイレブン』シリーズ

ROID

 『イナズマイレブン』に関する情報は、新作ゲーム2タイトルと、10月5日9:00よりテレビ東京他6局でスタートするTVアニメについて。今年8月に発売されたDS用サッカーRPG『イナズマイレブン』の続編が、早くも発表された。2009年発売予定のDS『イナズマイレブン2~脅威の侵略者~』では、廃部寸前の弱小チームから日本の頂点に立った雷門中イレブンが、今度は宇宙からの侵略者に対抗するため、日本中を旅しながら日本最強チームを作り上げていく。

 また、『イナズマイレブン』に新たなシステムを加えた、据え置きゲーム機用ソフト『イナズマイレブン ブレイク!』の新情報も明かされた。美しく進化したグラフィックや、タッチペンなしでの試合操作など、あらゆる点でパワーアップしているとのことだ。


ROID ROID ROID
ROID ROID ROID
ROID ROID ROID

 この他、レベルファイブとアップフロントワークスによる音楽レーベル「FRAME(フレーム)」の発足が発表された。10月29日発売の『イナズマイレブン』オリジナルサウンドトラックを皮切りに、日野氏が命名したという3人組の女性ユニット「twe’lv(トゥエルブ)」のシングルCD「青春おでん/純情青春ラブ」(10月29日発売)、アニメ「イナズマイレブン」のオープニングテーマ「立ち上がリーヨ」(11月26日発売)、『レイトン教授と不思議な町』オリジナルサウンドトラック(12月発売)など、数多くの作品をリリースしていくとのこと。

ROID ROID
▲ステージでは、twe’lvによる生ライブも! 「青春おでん」と「純情青春ラブ」をキュートに歌い上げていた。

●レベルファイブ創設10周年記念タイトル

 レベルファイブ創設10周年を記念して、2009年発売予定の新作タイトル3作品が発表された。タイトルは、DS用ファンタジーRPG『二ノ国』、PSP用プラモクラフトRPG『ダンボール戦機』、PSP用心霊ホラーRPG『うしろ』の3つ。

 DS『二ノ国』は、先ほどのニュースでもお伝えしたとおり、アニメ制作をスタジオジブリが、楽曲制作を久石譲氏が担当する壮大なスケールのファンタジーストーリー。本ソフトには、ゲーム中に登場する魔法指南書「マジックマスター」が、実際に付属品として同梱されるという。プレイヤーは、この「マジックマスター」を駆使して物語を進めていくことになる。

ROID ROID
ROID ROID
ROID ROID ROID
▲本作のテーマは、「人と人との心のつながり」。最愛の母親の死を乗り越えるため、異世界「二ノ国」を旅しながらたくさんの出会いを経験し、成長していく少年の物語だ。
ROID
▲ソフトに同梱される魔法指南書「マジックマスター」。中には、不思議な魔法の呪文や、魔除けの紋章、秘薬のレシピなどが記載されている。

 PSP『ダンボール戦機』は、強化されたダンボールの中で小型戦闘機ロボット「LBX」を戦わせて遊ぶ「プラモクラフトRPG」。模型店でパーツを購入し、自分だけの「LBX」を組み立てて、バトルを楽しむことができる。日野氏は「プラモなどが好きな男性が、どこか懐かしさを感じるゲームです。子どもたちではなく、あえて大人に楽しんでもらいたいですね」と語っていた。

ROID ROID
ROID ROID
ROID ROID ROID
ROID ROID ROID
ROID ROID ROID
▲メカやプラモが大好きな13歳の主人公“山野バン”。彼はある日、模型店で手に入れた新型LCX「アキレス」を使って、壮絶バトルを繰り広げていくことになる。

 レベルファイブ初のホラー作品となるPSP『うしろ』。命を奪う代わりに1つだけ願いを叶える死神族の使者“宇城霊一郎(うしろれいいちろう)”と、彼が乗り移る人間たちが紡ぐハートウォーミングなホラーストーリーとのこと。プレイヤーは主人公“霊一郎”となり、人間の独り言や考えていることを聞ける「死神モード」と、人間に憑依してその人の視点から物事を見る「憑依モード」を使い分けながら、物語を進めていくことになる。

ROID ROID ROID
ROID ROID ROID
ROID ROID ROID
ROID ROID ROID
▲自分の思いとは裏腹に、憑いた人を救ってしまう“霊一郎”。そんな彼を中心とした、ハートフルなホラーストーリーが繰り広げられる。

●新プロジェクト「ROID」

 発表会の最後は、新プロジェクト「ROID」の構想が明かされた。ROIDは、新たなゲームの楽しみ方を提供することを目的に作られたゲームポータルサイト。ROIDに登録するとネット上で「仮装ゲーム機」を手に入れることができ、さらにROIDから「仮想ゲームソフト」を購入することで、PCやケータイからそのゲームを楽しめるようになる。

 サービス開始時期は2009年4月を予定。第1弾のコンテンツはPSP『ダンボール戦機』で、『レイトン教授』シリーズのROID限定オリジナルストーリーなども配信される予定とのことだ。なお、本日よりROIDの準備サイトがオープンしている。コンセプトサイトは10月28日にオープンするとのことのなので、楽しみにしていよう。

ROID ROID
▲「新ゲームハード「ROID」を発表します!」と力強く宣言する日野社長。驚く報道陣を前に、ROIDの詳細なスペックなどをひと通り披露。その後、「これ以上言うとシャレにならなくなるんで。冗談もほどほどにしないとね」と茶目っ気たっぷりにコメントしていた。
ROID ROID
▲仮想ゲーム機「ROID」。本体は、ナビゲーションロボットに変形する。このロボットは、ポータルサイト・ROIDにおいて、さまざまな場面でナビゲーションしてくれるとのことだ。

(C)LEVEL-5 Inc.


関連サイト

関連記事

Facebookコメント

注目記事

週間アクセスランキング

[集計期間2014年 09月24日~09月30日]

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。