News

2008年10月7日(火)

TGSに『ファンタシースターZERO』が出展! ゲーム紹介も掲載

文:電撃オンライン

 セガは、12月25日にDS用ソフト『ファンタシースターZERO』を発売する。価格は5,040円(税込)。


 本作は、RPG『ファンタシースター』シリーズの最新作。Wi-Fiを使い最大4人での冒険が楽しめることに加えて、ロビーやフィールドでDSのタッチスクリーンを利用した「ビジュアルチャット」が行える。キャラクター監修は『アイドルマスター』シリーズなどで知られる窪岡俊之氏、メインシナリオ原案は富士見ミステリー文庫で活躍する師走トオル氏・新井輝氏、プロデューサーは『ファンタシースターオンライン』を手掛けた酒井智史氏がそれぞれ担当する。

 以下に、本作のゲーム画像を掲載する。

左から、フォマール、ヒューマー、レイキャスト、ヒューマール。ヒューマールは新たに追加されたもの。左から、ヒューキャシール、レイマー、フォニュエール、ハニュームで、最後のハニュームは、これまでのシリーズには登場していない。
冒険の拠点となる「ダイロンシティ」では、アイテムや武器などを購入できそうだ。荒野「グラーシア渓谷」、湿原「オゼット湿地帯」、雪原「リオウ雪原」には、クエストで何度も足を運ぶことになるだろう。舞台はこれまでのシリーズで描かれた、アルゴル?ラグオル?グラール?それとも新たな舞台なのか!?
バトル中には、チャットを使って楽しいコミュニケーションができそうだ。画面に「Chain」という表示があるが、これは一体? そして、本作にもラッピーは登場するようだ。
空からドラゴンが出現。友だちや全国の仲間と協力して、巨大なエネミーを倒すことができるか?

 なお、「東京ゲームショウ2008」のセガブースでは、『ファンタシースターZERO』の体験版が出展される。体験版では、4人でクエストに挑戦するモードを体験できる。なおプレイした人には、肩につけることのできる「ラッピーバルーン」がプレゼントされるとのこと。

試遊台では、「ダイロンシティ」のクエストカウンター前からスタート。その後、「グラーシア渓谷」を冒険して、巨大ドラゴン・レイバーンとの戦闘までを体験できる。
会場でプレイした人には、肩に付けられる「ラッピーバルーン」をプレゼント。

(C)SEGA
ゲーム画面は、開発中のもの。

■「東京ゲームショウ2008」開催概要
【開催期間】
 ・ビジネスデイ……2008年10月9日~10日
 ・一般公開日……2008年10月11日~12日
【開催会場】幕張メッセ(千葉県)
【入場料】
 一般(中学生以上)……前売り 1,000円(税込)/当日1,200円(税込)
 小学生以下……無料
 特別割引入場券……当日券のみ 100円(税込)

データ

▼『ファンタシースターZERO』
■メーカー:セガ
■対応機種:DS
■ジャンル:RPG
■発売日:2008年12月25日
■価格:5,040円(税込)
 
■『ファンタシースターZERO』の予約・購入はこちら
Amazon

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。