News

2008年10月11日(土)

美麗な和の世界で壮大なアクションを体験! Wiiの新作『朧村正』体験レポート

文:電撃オンライン

 「東京ゲームショウ2008」のマーベラスエンターテイメントブースに出展されている、Wii用A・RPG『朧村正』を実際にさわってきたので、その模様をお届けする。


 『朧村正』は、日本の美しいグラフィックを背景に、忍者による爽快なアクションを楽しめる、和のテイストあふれるアクションRPGだ。開発は、PS2『グリムグリモア』や『オーディンスフィア』を制作したヴァニラウェアが担当している。

 今回は、2人のキャラクターのうち、女性のキャラクター“百姫(モモヒメ)”を使ってみた。しばらく進んでいくと、敵が登場。bボタンを押すと攻撃が発生するので、ズバズバと敵を斬ってみた。……たったこれだけのことだが、敵の体力がなくなるとバッサリ斬り裂くエフェクトが出るので、何も考えずに斬ることができ、非常に楽しい。なおyボタンを押すと、刀の耐久力と引換に、奥義を放てる。

 またbボタンを長押しした後に方向キーを入力することで、ダッシュできる。敵を倒せるころにため始め、倒すと同時に移動して次の敵を斬れる点が、とても気持ちよかった。敵を連続で斬った数がカウントされ、ダッシュをうまく使えばカウントを伸ばすことができそうだ。

登場する敵は、妖怪のようなデザインの敵や忍者が多い。敵の倒し方によって、ステージクリア後のポイントが変化するようだ。

 体験版ということで詳細はわからなかったが、剣には耐久力が存在するようで、耐久力がなくなると攻撃に支障が生じる。こうなってしまったらLボタンで剣を交換したほうがいいだろう。また条件はわからなかったが、剣を交換した時に、全体に効果がある抜刀術のようなものが発生することもあった。こちらについても、今後の情報を楽しみにしておこう。

敵の中には大きなものも存在し、少しの攻撃ではひるまないため、攻撃をダッシュで避けてからの連続攻撃や抜刀術で大ダメージを狙おう。試遊台では純粋にアクションだけを楽しめたが、個人的にはストーリーが気になった。

 忍者ならではのアクションを駆使して敵を倒していく『朧村正』。発売前にアクション部分をさわっておきたい人は、ぜひ会場でチェックしておこう。

(C)2008 Marvelous Entertainment Inc.

■「東京ゲームショウ2008」開催概要
【開催期間】
 ・ビジネスデイ……2008年10月9日~10日
 ・一般公開日……2008年10月11日~12日
【開催会場】幕張メッセ(千葉県)
【入場料】
 一般(中学生以上)……前売り 1,000円(税込)/当日1,200円(税込)
 小学生以下……無料
 特別割引入場券……当日券のみ 100円(税込)

データ

▼『朧村正』
■メーカー:マーベラスエンターテイメント
■対応機種:Wii
■ジャンル:A・RPG
■発売日:2009年予定
■価格:未定

関連サイト

関連記事

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。