News

2008年10月12日(日)

有名クリエイターの生の声をお届け! 大盛況の「クリエイターズトークショウ」

文:電撃オンライン

 「東京ゲームショウ2008」のメインステージで、著名なクリエイターが出演し、自身の体験やゲームに対する熱い想いを本音で語る「クリエイターズトークショウ」が開催された。

 「クリエイターズトークショウ」の司会は、大の『バイオハザード』好きとして知られる鈴木史朗氏、ゲームファン代表としてタレントのよゐこの有野晋哉さんが担当。ゲームクリエイターからは、KONAMIの小島秀夫氏とカプコンの辻本良三氏らが登壇した。

GC、PS2、Wiiで発売されたすべての『バイオハザード4』において、PROFESSIONALモードをクリアしている鈴木氏と、「ゲームセンターCX」でさまざまなゲームに挑戦している有野さん。鈴木氏が「これから『バイオハザード4』をプレイするなら、ナイフ攻撃が他の機種よりも0.5秒ほど早い、Wii版がオススメです」と発言し、有野さんを驚かせた。

 「ゲームを作る時に、最も大切なモノは?」という質問に対して、辻本氏は「作っているスタッフ全員がおもしろいと考える環境」と回答。おもしろい要素はどの部署から出てもいいので、それが出てくる環境をつくることが必要なのだという。そのために、会議以外にも、コミュニケーションを取ったり、飲みに行くのも大事とつけ足した。

 一方の小島氏は、「遊んで楽しかったということ以外に、その人に影響を与えるような要素を入れたい」と語った。作品にメッセージやテーマを込める小島氏らしいコメントだったが、「なかなか実際にはむずかしいですが」と続けた。

PSP史上最大のヒットを記録した『モンスターハンターポータブル 2nd G』のプロデューサー・辻本氏と、全世界が渇望していたPS3『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』を世に放った小島氏。両氏は他にも「ゲームを作る時に、ユーザーの顔を考えていますか?」や「ユーザーに言われて驚いたこと」という質問に回答した。

 また「これからクリエイターを目指す人に求められることは?」という質問には、「ゲームが好きだということですね。そして夢を持ってほしいです。そうでないとゲームは作れないと思います」と小島氏が発言すると、辻本氏は「好きなこと、そしておもしろいことに敏感で貪欲なことですね。これは、ゲームに限らずすべてにおいてそうだと思いますが。あとは分析できる人は、その分析をゲームに反映できる可能性があるので、クリエイターに向いていると思います」と発言した。

参加者からの「高校生で、ゲームクリエイターになりたいんですが、大学に行くべきか、専門学校に行ったほうがいいか?」という質問には、「広く知識が必要になるので、余裕があれば大学にいって、勉強と遊びを学んでほしい(小島氏)」、「広い視野を持つのが重要。どこにいこうが、意識次第で変わってくる(辻本氏)」と返した。

 ゲームクリエイターによる熱いトークが繰り広げられた「クリエイターズトークショウ」。次回の開催にも期待したい。

■「東京ゲームショウ2008」開催概要
【開催期間】
 ・ビジネスデイ……2008年10月9日~10日
 ・一般公開日……2008年10月11日~12日
【開催会場】幕張メッセ(千葉県)
【入場料】
 一般(中学生以上)……前売り 1,000円(税込)/当日1,200円(税込)
 小学生以下……無料
 特別割引入場券……当日券のみ 100円(税込)

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。